無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 3日(月)もオープン、薪割りも(笑い)  古書店兼図書室「霧降文庫」 | トップページ | 無呼吸のまま潜水を続けられる思考の体力  『哲学の使い方』(鷲田清一) »

2014年11月 3日 (月)

冬支度、まじめにやってゆかないとー 我が家の薪づくりは「中盤戦」?へ

1dscn3709 きょうは「霧降文庫」の日だが、お客さんの波?が去った午後3時半から1時間、ぎっちりと、薪づくりへ。「ともだち」のNさんに声を掛けられ、2人で庭に投げてある丸太を次々とベランダに運び入れていたので、今度は丸ノコと電動チェーンソーで。その数、20数本かー。


1dscn3711
 切断すれば、そのまま使える薪が大半だったが、中には斧で「エイヤー!」と、やらないといけない。それらはベランダの脇の「薪づくり現場」へ放り投げた。10数本だったか~。これは近日中に切断作業へ(助っ人が来るかもしれないという期待も込めてー笑いー)。

1dscn3728

 短い薪は薪ストーブがある居間のそばのベランダへ。積み上げてゆくが、薪自身が短いので、どうにも安定感がない。まぁ、これはすぐに使うので、「なんとかいい」ということにしよう。この居間の前の薪が積みあがってゆくと、〈いよいよ冬か~〉という思いが自然に。
1dscn3720 

 これが本倉庫の薪。奥と手前と二重に。まだ手前は腰ぐらいだ。これからさらに積み上げてゆかないといけない。それに二重に積み上げたとしても、長い冬を超えるには、まだ足らないのだ。もう4回も霧降高原の冬を経験しているのでは、それがわかる。必要なのは、この2倍かな?。だから、マレーシアの輸入薪材も買い求め、50束以上も積み上げているのですー。


1dscn3740
 ということで?、きょうは暖かだった2日とうってかわって、夕方になって冷え込んできた。なので、早めに薪ストーブを点火。きょう薪材にしたものを優先的に使ってゆく。点火してみると、やっぱり、薪ストーブの灯り、いや、火の明るさは暖かい、というか、温かいー。これから春まで、このストーブのお世話になるのです。

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります。

« 3日(月)もオープン、薪割りも(笑い)  古書店兼図書室「霧降文庫」 | トップページ | 無呼吸のまま潜水を続けられる思考の体力  『哲学の使い方』(鷲田清一) »

霧降高原」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 3日(月)もオープン、薪割りも(笑い)  古書店兼図書室「霧降文庫」 | トップページ | 無呼吸のまま潜水を続けられる思考の体力  『哲学の使い方』(鷲田清一) »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30