無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« もしかしたら今回が最後に・・・・総選挙について考える | トップページ | 「霧降文庫」は2週間ぶり開店! 図書室の「原発本」がさらに充実~ »

2014年12月12日 (金)

とても変な町です・・・・若松丈太郎さん詩集『わが大地よ、ああ』

1dscn4517
知っていますか

こどもたちがいない町を

こどもたちがいない町に

住んだことがありますか

 

課後の時間になっても
子どもたちの声が聞こえない
ある日そんな町ができました
とてもへんな町です

 

家のなかにひそんでいます
外で遊びたい気持ちを抑えて
残っているこどもたちは
 
親たちは判断を迫られました
町から出なくていいのか
町に残っていていいのか
 

詩「年間放射線量五ミリシーベルト」

若松丈太郎 詩集『わが大地よ、ああ』(土曜美術社出版販売、2014年12月20日)

その中の一篇です。
きょう12日、「謹呈」で、贈られてきた詩集です。


若松さんは南相馬市の詩人、3・11の17年ぐらい前に書いた「神隠しされた街」(歌手、加藤登紀子さんが歌にしています)を書いた詩人として知られています。


3・11以前から私は知り合っており、先輩の「詩友」です。その若松さんが3・11以後に書いたいずれも原発詩33篇。
それが収められた詩集。図書室「霧降文庫」で借りることができます。

(このことが伝えたかったのだねーと・・・、今、これを書きながら思う

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がりますも。ほとんど、大掃除みたいな一日でした(笑い)。

~笑いー)。

« もしかしたら今回が最後に・・・・総選挙について考える | トップページ | 「霧降文庫」は2週間ぶり開店! 図書室の「原発本」がさらに充実~ »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/58250827

この記事へのトラックバック一覧です: とても変な町です・・・・若松丈太郎さん詩集『わが大地よ、ああ』:

« もしかしたら今回が最後に・・・・総選挙について考える | トップページ | 「霧降文庫」は2週間ぶり開店! 図書室の「原発本」がさらに充実~ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31