無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 送電をお断りする場合が・・・・なぜ原発電気代も負担するのか! | トップページ | エッセイ「壁を超えて」  月刊詩誌「詩と思想」に寄稿へ »

2014年12月 2日 (火)

栃木県現代詩人会の講演へ さて、あと3日、「視点」をいかにー。

 吉本隆明に関する「人気ブログ」にたまたまいきついたら、その2番目に私のブログが載っていた。そこで、改めて読んでみたら、もう3年近くになることもともあり、自分でも「なるほど、そうだったのか~」、あるいは「突っ込み不足ではないか?」などと(それにしても、時間がこれだけ過ぎると、この記事も他人言のように読めるのですねー)。

 こんな作業をしているのも、12月7日(日)(あと少しだー)に宇都宮で「栃木県現代詩人会」という詩人たちの集まりで講演を行う羽目?になったため。私たちの同人誌「序説第21号」(創刊40周年記念号)を読んだ、詩人会の役員から「黒川さん、ぜひ講演をー」と、促されてしまったため。

 薪割りや脱原発活動など、ふだんの「忙しさ」(笑い)もあり、一度は「とてもその任にはありません」と、断ってはいる。だが、よくよく考えると、「3・11以後の詩を考えるいい機会かも」と、浅はかにも引き受けてしまったのだー。

 講演内容としては「3・11以後」の詩を問う」(仮題)を考えているのだが、それを90分やるとなると、それなりの「勉強」が。こんなテーマについては、「3・11以後」繰り返し考え、自分でも実際にそういう行動をしたり、書いたりしてはいるー。

 だが、このテーマについて、断片的ではなく、系統だって組み立てて、話すことができるかー。それが問題だ。もともと詩人としてよりも「元新聞記者」(それも事件記者)の視点を求められているとは思うのだがー。

 講演では当然にきょうのBLOGにあげた思想家(戦後最大の思想家という言い方がされるがー)、その吉本隆明に触れざるを得ないだろう。というのも、以下に明らかにしているが、もともと私の詩の「原点」だから。だが、彼については、肯定的な評価の一方で、マイナスも。

 というのも、彼は原発について、積極的な容認論者ー。そこは完全にマイナス評価になる。そうしたところも含めて、かなりのレジュメをつくっていかないと。ということで、これは、ほんの入り口。辺見庸さんの詩や,世間に評価されているが、私としては、そうでもないのではないかという和合亮一さんなどへ

 それらについて、この数日、このブロぐにあげてゆくつもりだ。そこには脱原発の詩も、とくに南相馬足の詩人、若松丈太郎さんの「神隠しされた街」(加藤登紀子さんが歌にしています)なども当然に。

 あるいは、3・11以後、その年の秋に日光に招いて詩の講演会にやってきていただいたH氏賞詩人、京都の河津聖恵さんの詩や詩論についても、とりあげることに。被災者の詩もそこにはー。などなど考えていても、手持ち日数はあと3日ほど。さぁ、どこまで迫れるか。問題は「視点」だと思っているのですー。

Photo

2012319 ()

追悼・さようなら吉本隆明さん 詩とその原風景(黒川純)

  (わたしの本棚にある吉本隆明コーナー。たぶんリュウメイだけで百数十冊は)

亡くなった詩人、思想家、吉本隆明さんを追悼し、わたしの詩の短いエッセイをアップすることに。わたしが詩にかかわったきっかけは吉本隆明さんだったので。学生時代だから、もう昔、むかしのことになる。だが、このエッセイを書いたのは昨年の春。まだ1年も過ぎていない。

 ほんとうはもっときちっとした「詩とわたしと隆明」を書きたかった。それに清水昶さんの過激で繊細な魅力的な詩の世界のことも。そう思っているうちに月日が過ぎ、そのままに。だが、当のその吉本さんがこの世から消えてしまった。追悼するには、わたしのつたないこの詩のエッセイを示すのがよいだろう、そう思ったので。

 もともとは岩手県の詩人たちを中心にした詩誌『堅香子』9号(2011年6月発行)のリレーエッセイ「詩とその原風景」に寄せたもの。同人の各人がそれぞれ、自分の詩の原点を振り返る小欄だ。同人とその周辺が読んではいるが、ネットでは初めての公開となる(たぶん~)。

 それにしても、もう年なので、覚悟はしていたが、あの吉本隆明さんがー。彼がいなくなったことになんともいえない複雑な思いでいる。その衝撃というか、自分自身への影響はこれからあとでじわじわとやってくるのだろう。吉本隆明さん、長い間、ありがとうございました。合掌ー。

詩とその原風景     (詩誌「堅香子」9号・2011年6月)
ずつと以前のぶんまでとりかえすために


                           黒川 純

 詩にかかわることになった、決定的なきっかけは、やはり吉本隆明体験(私たちはリュウメイと呼んでいた)だったといえる。やはり、というのは団塊世代というか、戦後の鬼っ子と称された全共闘世代である私たちにとって、1970年代のあのとき、60年安保の全学連を支え、70年安保の「叛乱」に根拠を与えていた思想家・詩人、吉本隆明のさまざまな発言は、新鮮で驚きだった。もやもやした若者の心情を批評や詩で代弁してくれていると感じた。砂地に水が浸みこむようにリュウメイの発想に染まっていた。

 私は工業高校から自動車工場へ入ったが、3カ月で嫌気がさし、工業大学へ。1、2年のときは、もっぱら反戦フォークに魅かれ、「戦争は知らない」「イムジン川」などを歌っていた。だが、世の中は騒然としており、反戦歌ですむような時代状況ではなかった。〈この歪んだ時代や体制にまじに向き合わねばならない〉。そんな思いで、仲間たちと「歴史研究会」を発足させた。1971年、大学3年の春だったと思う。差し迫った課題は沖縄問題だった。沖縄の悲劇を知るうち、ごく自然に沖縄返還協定粉砕闘争へ(沖縄返還は1972年5月)。そこから、すぐに、ベトナム反戦、三里塚空港反対、マスプロ教育批判・・・。「造反有理」の反権力へ。

 時代は「三丁目の夕日」の貧しい昭和30年代から豊かな消費社会へと場面が転換する入り口だった。コルトレーンのジャズ、ディープ・パープルと頭脳警察のロック、浅川マキと寺山修司、「黒テント」と緑魔子、つかこうへいの「熱海殺人事件」、フォークゲリラとザ・フォーク・クルセダース、高橋和己の「憂鬱なる党派」、映画「八月の濡れた砂」、長髪とTシャツとジーンズ・・。歌や詩、演劇、映画、ファッションが、芸術が、政治・経済と重層的に絡みながら、尖鋭化していた。

 私も知らずうちに、こうした時代の情況に立ち会っていたが、吉本の『情況への発言』や『全著作集』も手にしていた。さらに、マルクス、レーニン、ローザ・ルクセンブルク、ヘーゲル、シモーニュ・ヴェイユ、メルロー・ポンティなどを乱読していた。その頃の私は1971年秋の沖縄闘争で逮捕・拘留・起訴(東京拘置所の独房に秋から翌年春まで入っていた。連合赤軍事件はこの独房時代に起きている)。判決は大学4年もだいぶ過ぎてから。凶器準備集合罪と公務執行妨害罪で懲役1年半執行猶予3年。その前後の大学闘争は未完に終わり、挫折感の中で魅かれたのが『吉本隆明詩集』や『清水昶詩集』だった。なかでもリュウメイの『転位のための十篇』は、胸の中に沁みた。社会とどう切り結んでいくか、進むべき方向について思い悩んでいた。例えば「ちひさな群への挨拶」などがそうだった。その一部を抜き出すと、こうだ。

ぼくはでてゆく
すべての時刻がむかうかはに加担しても
ぼくたちがしはらつたものを
ずつと以前のぶんまでとりかへすために
すでにいらなくなつたものはそれを思ひしらせるために
ちひさなやさしい群よ
みんなは思ひ出のひとつひとつだ
ぼくはでてゆく
嫌悪のひとつひとつに出逢ふめに
ぼくはでてゆく
無数の敵のどまん中へ
ぼくは疲れてゐる
がぼくの瞋りは無尽蔵だ

「すべての時刻がむかうかわはに加担しても/ぼくたちがしはらったものを/ずつと以前のぶんまでとりかへすために」。私はこうした発想に親しんだ。というのも、リュウメイの『固有時との対話』のキイワードというか、構え方の基本と二重映しになっていたからだ。固有時の恒数をあきらかにしたかったと語ったあとの言葉がそれだ。

「わたしは自らの生存が何らかの目的に到達するための過程であるとは考へなかったのでわたし自らの宿命は決して変革され得るものではないと信じてゐた。わたしはただ何かを加へうるだけだ。しかもわたしは何かを加へるために生きてゐるのではなく、わたしの生存が過去と感じてゐる方向へ抗うことで何かを加へてゐるにちがひないと考へてゐた」

前後して過激だが、美しい抒情をたたえた詩を生み出していた清水昶の詩の世界につかっていた。それまで詩らしきものを書いたことはなかったが、ごく自然に毎日のようにノートに詩を書くようになっていた。どこかに投稿するといった発想はなかった。なぜか「風来坊通信」と名付けたガリ版詩集を街角で売るようになっていた。手元にある『詩稿1973 黒川純』の冊子を開くと、第2号の発行は73年11月。「地下室の党」「敵の町の青年」「ブルースばかりの夜の詩」「遅れてきた青年たちは今」などの題名がある。

 3回目の4年生のときにアルバイトをしていたジャズ喫茶で写真と詩を組み合わせた個展を開き、大学に別れを告げた。「ずつと以前のぶんまでとりかへすために」。そうした思いを抱いていた。詩は私にとって指針であり、思想であり、哲学になっていた。そのため詩の世界にかかわりたいと、愛読していた詩誌『詩と思想』(当時・五反田の日本電通社)に押しかけた(今では、よくそんな行動に出たものだと思う)。仕事をくれないならテコでも動かないという「落語家入門」のような青年に、社長で詩人の出海渓也さん(戦後詩誌『列島』創刊同人だということは後年に知った、数十年後に今度は詩誌『新・現代詩』の主宰者と会員として出逢う奇縁も)が応じてくれた。関根弘さんら詩人たちの原稿を受け取りに行くこともあったが、ようは走り使いだった。出海さんが引き受けた『詩と思想』は確か半年間ぐらいか、その期限が来たことで、私も離れることに。そのあと新聞記者を35年も続けることになるとは、この当時は思ってもみなかった。
 
 それからざっと30年が過ぎて、朝日新聞記者として岩手・北上へ。『詩と思想』を離れてから一度も詩を書いていなかったが、イラク戦争をきっかけに詩を書き始めた。岩手を離れる2004年秋 新書版『怒りの苦さまた青さ 詩・論「反戦詩」とその世界』を自費出版したが、その中に詩「銀ヤンマ」も入れた。冊子「詩稿1973」にあった詩だ。リュウメイや清水昶の影響を色濃く受けたわたしのその詩に、いわば、私が詩にかかわろうとした「原風景」があるのかもしれない。7連ある詩の2、3連だ。

偶然の時間軸を飛んで行くと
過去と感じる方向に抗うことが
進むべき方向だと分かったので
生涯の先まで抱きしめるため
生涯から飛ぶことを決めたのだ

深夜の森林で自問自答すると
空と海をあいまいにしているもの
その操作を司っている者どもの
怪しい教科書を奪ってしまえと
構造力学がその答えを用意した

 現在、ブログ『時計主義―日光霧降高原の「詩的生活」ノート』を継続し、今春からツイッターも始めている。反抗詩から始まり、怒りの詩、さらに風刺詩へと移ってきた私だが、今回の大震災を機に、「3・11」を機に、詩はもちろん、あらゆる文化が「新しい言葉」を必要としているのではないか。岩手、宮城、福島の大震災ボランティアをしながら、陸前高田、石巻、相馬の惨状を知るにつけ、その思いを強くしている。ツイッター(140字まで)で発信したその詩「凍土から言葉を掘り出せ」を紹介し、結びたい。

ほんとうのことを語ると/世界が凍ってしまう/ある詩人が書いたことがある/だが/3・11でほんとうのことが噴出し/世界はそのまま凍ってしまったのだ/いや言葉が凍ってしまったのだ/この世界のほんとうのことを/見せられてしまったわたしやあなたは/言葉を掘り出さねばならない/その凍土から (了)

ブログランキング 

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

« 送電をお断りする場合が・・・・なぜ原発電気代も負担するのか! | トップページ | エッセイ「壁を超えて」  月刊詩誌「詩と思想」に寄稿へ »

懐かしい未来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 送電をお断りする場合が・・・・なぜ原発電気代も負担するのか! | トップページ | エッセイ「壁を超えて」  月刊詩誌「詩と思想」に寄稿へ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30