無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 2015年、謹賀新年 戦後70年、たくさんの「幸せ」が訪れますよう | トップページ | 1月4日は「楽市楽座」  幾何楽堂で正月を楽しもう »

2015年1月 2日 (金)

私たちの声は本物ですー 「さよなら原発!日光の会」挨拶文

私たちの市民団体「さよなら原発!日光の会」の新春号(1月10日発行)に寄稿したミニエッセイというか、あいさつ文をこのBLOGにも載せることに。大晦日の31日の夜に書きあげたものです。お正月の「決意」としてもかー。

1dscn4038

声を大にさらに「原発再稼動反対」へ

  まっとうで正論で本物の活動をさらに

全国の17原発48基すべてがストップしたまま「3・11」から4年目となる2015年を迎えました。私たち「さよなら原発!日光の会」は昨夏の第3回総会を経て、「11・16さようなら原発!栃木アクション」(宇都宮城址公園)に参加し、2000人の仲間と共に脱原発の声を上げてきました。

 

 

しかし、先の総選挙で勝った安倍政権は川内原発(鹿児島県)に次いで今度は高浜原発(福井県)についても、再稼動を推し進めようとしています。しかし、世論は再稼動に反対が大勢です。市民・国民の声に耳を傾けない政権が続く不幸にありますが、私たちは断固として「さよなら原発!」の声を広く高く訴えてゆきましょう。

 

原発は、まさに「3・11」が事実として露骨に示したように、「危険」であるのはもちろんのこと、いやおうなくだれをも巻き込んでしまう負のシステムだといわざるをえません。私たち市民を排除する原発の専門家たちの権力が増殖されていくこと、潜在的核を守るため、治安権力による監視強化が進むこと、放射線被曝にさらされる労働者を生み出す差別構造が前提であり、彼ら被曝労働者の犠牲のうえで成立しています。

 

なにより、福島第一原発事故で明らかであるように、いったん大事故が起きると、大自然を汚染したうえ、故郷に戻れない大量の現代の難民を生み出します。放射能被害は、特に子どもたちの身体に大きく影響を及ぼします。なにより気が遠くなるような未来の空まで汚してしまう。大切な自然を破壊してしまい、歪みの誘い水となる社会構造を生み出し、人間の根源的な倫理にそむいてしまう、そんな原発は根本的に許されないマイナスのシステムだということがいえます。 

 

その原発は「もうまっぴらごめん」と、声を大にする私たちは、同時に「一人ひとりが自分の生活を大きく変える覚悟」、その問いかけも引き受けることになるでしょう。それを進めてゆくと、政治・経済・社会の、つまり、世の中の構造そのものを問うことになってゆくと、私は思います。原発問題は、「個別課題」ではなく、いやおうなく世の中そのものを問う「全体課題」であるからです。

 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」。世の中ではそんな微妙な空気が漂い始めております。しかし、その熱さを決して忘れない私たちは、今年もさまざまな局面に立ち会いながら、脱原発に取り組んでゆくことになります。私たちの声は、まっとうで、正論で、本物です。2015年も大きく胸を張って共に歩んでいくことを呼びかけます                        (代表 富岡洋一郎

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

« 2015年、謹賀新年 戦後70年、たくさんの「幸せ」が訪れますよう | トップページ | 1月4日は「楽市楽座」  幾何楽堂で正月を楽しもう »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私たちの声は本物ですー 「さよなら原発!日光の会」挨拶文:

« 2015年、謹賀新年 戦後70年、たくさんの「幸せ」が訪れますよう | トップページ | 1月4日は「楽市楽座」  幾何楽堂で正月を楽しもう »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30