無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 「救命入門コース」に15人  霧降自治会の「自主講座」が人気 | トップページ | 「資本の反革命」の「新しい中世」 水野和夫本「人々はなぜ・・・」 »

2015年1月27日 (火)

日光図書館でも先約が~ー 人気の『21世紀の資本』

 

日光図書館に予約したら、まだ3人の先約がおりました。これでは借りるまでに2カ月はかかってしまいます。なので、清水の舞台から飛び降りる覚悟で(笑い)、自力購入することにしました。なにしろ、一冊6000円ー。ウイキペディア(以下)をみたら、すでに13万部のベストセラーとか~。こんなに高い本を買う人たちがいるのですねーと、感心してしまいます

Photo


21世紀の資本
』(21せいきのしほん、: Le Capital au XXIe siecle: Capital in the Twenty-First Century)は、フランスの経済学者トマ・ピケティの著書。2013年にフランス語で公刊され、2014年4月には英語訳版が発売されるやAmazon.comの売上総合1位に輝くなど大ヒットした[1]アメリカ合衆国では2014年春の発売以降、半年で50万部のベストセラーとなっており、多くの言語で翻訳されている[2]。2015年1月現在、世界10数カ国で累計100万部を突破した[3]

長期的にみると、資本収益率(r)は経済成長率(g)よりも大きい。その結果、富の集中が起こるため、資本から得られる収益率が経済成長率を上回れば上回るほど、それだけ富は資本家へ蓄積される。そして、富が公平に分配されないことによって、社会や経済が不安定となるということを主題としている。この格差を是正するために、富裕税を、それも世界的に導入することを提案している。

日本での版権を持つみすず書房は、日本語版 (ISBN 978-4-622-07876-0) を2014年(平成26年)12月8日に 出版した[4][5]。それ以前の紹介では『21世紀の資本論』と表記したものが多い。2015年1月現在、日本語版は13万部に迫っている[3]

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

« 「救命入門コース」に15人  霧降自治会の「自主講座」が人気 | トップページ | 「資本の反革命」の「新しい中世」 水野和夫本「人々はなぜ・・・」 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/58727239

この記事へのトラックバック一覧です: 日光図書館でも先約が~ー 人気の『21世紀の資本』:

« 「救命入門コース」に15人  霧降自治会の「自主講座」が人気 | トップページ | 「資本の反革命」の「新しい中世」 水野和夫本「人々はなぜ・・・」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30