無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「BE-PAL」2月号に初登場  「霧降文庫」を丁寧に紹介~。 | トップページ | ぽてとふらいからぽてとふらいへ  とにかく美味いのでつい料理へ »

2015年1月11日 (日)

新春文芸 詩「一席」に選ばれる   磯山オサム「ニッポニア・ニッポン」

1dscn9315

  新春文芸の詩部門 その一席を獲得ー。えへん~。といっても、黒川純ではなく、「ともだち」で同人誌「序説」の仲間、磯山オサムくんだ。茨木新聞の元旦号。恒例の「新春文芸」で。磯山オサムはこの数年、一席や二席など、何度も飾っている。
1dscn9316


  茨城新聞が磯山クンから郵送されてきたので、<何かな?>と、思ったが、以前のこともあるので、すぐに<そうか、新春文芸で入選したな~>。と思っていたら、なんとー、最優秀賞の「一席」に選ばれていた。・・・もう、立派な詩人なのだから、彼は詩集を出さないといけないだろうな(と、促しているのだがー)。

 と、言っても、「詩を書いている」というと、茨城県あたりでは「あの人、変な人ー~」ぐらいに、思われてしまうらしい。つまり、評価としては、+ではなく、-になってしまうのだという。

 磯山クンに言わせると、「詩や小説などの文学をやっているということは、隠れキリシタンのようなものだ」という。その面では、私なぞは、日光あたりでは、もう「隠し念仏」みたいなのです(詩の話になると、一部を除いて、だいたいの「ともだち」に敬遠されてしまうー)。

 そうそう、詩について。「ニッポニア・ニッポン」について、撰者の武子和幸さんが、上手い解説と、最大限の賛辞を送っている。結びのフレーズについて、「多くの豊かな意味を凝縮させて心に迫ってくる。秀作」と

 実際、短い詩なのに、そんな想像力をさまざまな喚起させる詩だ。ふだんは、しっかり仕事をして、それでこんないい詩を書いて暮らす。私が刺激を受けたのはもちろん、私たちの仲間も(隠れキリシタングループとしてはー笑いー)、この受賞で大いに刺激を受けることだろうー。磯山クン、おめでとう!ー。

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

« 「BE-PAL」2月号に初登場  「霧降文庫」を丁寧に紹介~。 | トップページ | ぽてとふらいからぽてとふらいへ  とにかく美味いのでつい料理へ »

懐かしい未来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「BE-PAL」2月号に初登場  「霧降文庫」を丁寧に紹介~。 | トップページ | ぽてとふらいからぽてとふらいへ  とにかく美味いのでつい料理へ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30