無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« ピケティがさまざまな「波紋」 FACEBOOKに書き込んだもの | トップページ | たぶん、4カ月ぶり、外で熱燗を飲むのは。本日は日光の「ヨイノチ」 »

2015年3月13日 (金)

われわれは死者の言葉を読んでいる  池田晶子「幸福に死ぬための哲学」

1dscn9705


 かつての哲学者たちは、今はみんな死んでいる人たちです。つまり、死者の言葉をわれわれは読んでいるわけです。哲学書に限らず、文学書を読むのもそうですが、われわれは死者の言葉を読んでいるのです。そうしてみると・・・・

 以上はこの本の「言葉 言葉が人を創る」の中の「死者の言葉」から。初出は・・というと、「人生のほんとう」だった(という注釈がどのことばにもあるのです)

 今年2015年2月23日第一刷のこの『幸福に死ぬための哲学 池田晶子の言葉』(講談社)もそのひとつだ。筆者の彼女(美人哲学者)も、もう8年前、2007年2月23日に亡くなっている。

 彼女は1960年生まれだから、47歳という若さだったのだね。今、気づいたら、この本が発行された2月23日は、彼女の命日。<どうも、中途半端な日付に発刊すると思ったことだった>。

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

« ピケティがさまざまな「波紋」 FACEBOOKに書き込んだもの | トップページ | たぶん、4カ月ぶり、外で熱燗を飲むのは。本日は日光の「ヨイノチ」 »

懐かしい未来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ピケティがさまざまな「波紋」 FACEBOOKに書き込んだもの | トップページ | たぶん、4カ月ぶり、外で熱燗を飲むのは。本日は日光の「ヨイノチ」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30