無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« いかにも読みたい「希望の資本論」  「霧降文庫」」図書館が貸し出し開始~。 | トップページ | 「霧降文庫」の4月スタート  <センス>の鉱脈をスコップで »

2015年4月 3日 (金)

構造そのものが、構造としてわかる 「希望の資本論」

Img_0033


 「資本論」を読んだことがあるか、あるいは、ある時「資本論」と真剣に対峙しようと思ったことがある人間は、左翼か右翼かは関係なく、物事を突き放して見ることができるのです(『希望の資本論』「第2章 一冊の本が世界を変えた」30頁)。

さらに以下の指摘もそれなりに「いいね」と。  

 

「資本論」を読んで、どういう意味があるかと言うと、やはりこの社会の構造の限界がわかる(同、「第6章 私と『資本論』」113頁)

かなりの頁に<なるほど~>という魅力的な箇所があるが、私なら、こんなフレーズがいいかなー。ただし、最初にある「物事を突き放して見ることができる」は、私なら、「物事を遠近法で視ることができる」、二つ目の「この社会の構造の限界がわかる」は、「この社会の構造が、構造そのものとしてわかる」という言い方をするだろう。  

 資本論は学生時代に岩波9分冊(全三巻)を半年間かけて通して読んでいるが、基本はマルクス自身が執筆した第一巻の「商品論」に一番惹かれた。そこからローザ・ルクセンブルクの『経済論』(岩波文庫だったかーこれも買いそろえないと)を読んで、「ストン」と納得した記憶がある。

   そんな「資本論」がピケティ教授の「21世紀の資本」から、改めて脚光を浴びている。その背景や論理を今ときめくお二人が対談しているのだから・・・、面白くないわけはない。いや、実際、知的関心を超えて、「資本主義」に向き合いたいと思わずにいられない。

   同時に「資本論」の展開の前段であるマルクスの『経済学批判』や『経済学・哲学草稿』を、数十年ぶりに読み直そうとも思わされました。こちらの方は、マルクスの人間ぽい「哲学」がたくさん出てくるので、私はこの方が読みやすかったことをよく覚えている。

   『希望の資本論』は、「霧降文庫」図書室で貸し出していたところ、きょう3日に戻ってきたのです。「いや、面白いですよ~」と、読書家の前向きな感想があったので、私もさっそく、一気にー。途中で新左翼、民青、協会派などの「展開」もあり、リアルに(笑い)読み終えたのでした。お薦めです。

   4月の「霧降文庫」のテーマ企画は、「センス」がキイワード。あした4日に考え、5日から展示するのですが(笑い)、その「厳選100冊」(いずれも非売品、貸出図書本)の中の一冊にしようと思っています

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

« いかにも読みたい「希望の資本論」  「霧降文庫」」図書館が貸し出し開始~。 | トップページ | 「霧降文庫」の4月スタート  <センス>の鉱脈をスコップで »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/59513960

この記事へのトラックバック一覧です: 構造そのものが、構造としてわかる 「希望の資本論」:

« いかにも読みたい「希望の資本論」  「霧降文庫」」図書館が貸し出し開始~。 | トップページ | 「霧降文庫」の4月スタート  <センス>の鉱脈をスコップで »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30