無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« わずかな「歯車」さえ、知らされていなかった  『大本営が震えた日』(吉村昭) | トップページ | 民意をい否定する政権はやがて民意に否定される 「亡国の集団的自衛権」   »

2015年8月 9日 (日)

政治・社会状況に向き合うために  「序説第22号」あとがき

あとがきPhoto_2

(写真は2011年夏、「序説第18号」。このときは「東日本大震災・フクシマ原発特集」だった)

 今号に「折々の<状況> その(1)」を投稿した。朝日新聞1面で始まった哲学者・鷲田清一さんの連載「折々のことば」にならった、触発された題名だ。

鷲田さんのようにはいかないが、書籍や新聞、世間の話題などで気になった、ためになる、あるいは、覚えておきたい、批判したい言葉や現象、思想にコメントをつけてみたいー、ふと、そのように考えたから。毎日のように応答しているFACEBOOKや私のBLOG「懐かしい未来」では、短い書評的なことが多かった。このため、最初の題名は「折々の言葉」としていた。

 ところが、途中で、私が代表や幹事を務めている市民団体「さよなら原発!日光の会」や「さようなら原発!栃木アクション」の会報やチラシ・ポスター、パブリックコメント、あるいは私が運営している古書店図書室「霧降文庫」の企画テーマやイベントの呼び掛けなどが入るようになってきた。さらに初夏から7月16日の与党だけで採決した安保法制問題が重なってきた。

 いわば、毎日起きている政治・社会現象にいやでも向き合わざるをえなくなってきた。実際、それに対抗する街頭活動なども行ってきているが、題材や内容が、「言葉」では表現できなくなってきた。主題と内容にずれがどうも生じるように。それで「折々の情況」とか「情況の言葉」とかに変えようか、そうも思うようになっていた。

 結局、あれこれと次々と起こる、折々のことに対して、かなりリアルタイムに言葉を示してみせる「状況」、それも少し構えてみせる<状況>を組み合わせることにしてみた。となると、今号だけの一回で終わるはずもない。原稿の締め切りが終わっても、「折々の<状況>」を書きつづっていくことになる。そのため、あえて、連載になるだろうことを示唆したような表題となった。

・・・それにしても、こんなに安保法制と<格闘>しようとはー。これに取り組むだろうことは、もともとうすうす感じてはいた。しかし、「違憲」であることは明白である安保法制の内容もそうだが、ごう慢を絵に描いたような安倍内閣の姿勢―。それに対するごく自然な当たり前の怒りが重なり、「折々の<状況>」の後段は思わず、安保法制をめぐる情況と批判が大半を占めてしまった。次回は、「懐かしい未来」をめぐる<状況>、いわば形を変えた『ぼくらの民主主義なんだぜ』(高橋源一郎)的なエッセイになれますように。乞うご期待―(笑い)―(富岡洋一郎)

« わずかな「歯車」さえ、知らされていなかった  『大本営が震えた日』(吉村昭) | トップページ | 民意をい否定する政権はやがて民意に否定される 「亡国の集団的自衛権」   »

『序説』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/61160904

この記事へのトラックバック一覧です: 政治・社会状況に向き合うために  「序説第22号」あとがき:

« わずかな「歯車」さえ、知らされていなかった  『大本営が震えた日』(吉村昭) | トップページ | 民意をい否定する政権はやがて民意に否定される 「亡国の集団的自衛権」   »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31