無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 12(土)、13(日)両日、開きます。  古書店図書室「霧降文庫」 | トップページ | 雑巾、雑巾、雑巾の「床下」へ 日光市災害支援ボランティアセンター »

2015年9月12日 (土)

永遠の「不良少年」  ひそやかに「追悼 鶴見俊輔」

日光霧降高原の森の書店「霧降文庫」(日光市所野)は、13日(日)もやってます。9月の企画は思想家・哲学者の鶴見俊輔(7月下旬に93歳で死去)の仕事を今に伝える「永遠の『不良少年』 追悼 鶴見俊輔」がスタート。オープン時間は13時~19時です。

 ウイキペディアによると、鶴見俊輔の学歴は小学校卒(中学校は退校や中退などで)。16歳で米国に渡り、ハーバード大で2年半、哲学を学んでいたが、1941年(昭和16年)12月8日に日米開戦。1942年(昭和17年)3月末、大学の第3学年前期が終わったとき無政府主義者としてFBIに逮捕され、東ボストン移民局留置場を経て、メリーランド州ミード要塞内の捕虜収容所に送られる。

 この間、後期はまったく授業に出られなかったが、捕虜収容所から提出した卒論が受理され、19歳のときハーバードを卒業。1942年(昭和17年)6月、日米交換船「グリップスホルム」と「浅間丸」に乗ってロレンソマルケス経由でアメリカ留学から帰国した。

 戦時国家日本では、海軍軍属で終戦を迎える。戦後、「思想の科学」を仲間たちと創刊。ベトナム戦争に反対してつくられた「ベ平連」(ベトナムに平和を!市民連合)の中核となり、大江健三郎らと「九条の会」を立ち上げた社会運動家でもあった。

 茨城県笠間市の「ともだち」で、鶴見俊輔の「思想の科学」読書会の会員から10冊の貴重な鶴見俊輔本がきょう、12日、霧降高原に届いたばかりです。「思想の科学」は廃刊・休刊?になってからかなり経っていると思うが、今も読書会が続いているのですねー。

 宅急便で送られてきた鶴見本には、やはり「戦時期日本の精神史」が入っておりました。鶴見俊輔が力を注いだ「転向論」も。これらの鶴見本については、すでにきょう訪ねてきた「ともだち」のうち、2人が「限界芸術論」などの文庫・新書を「霧降文庫図書室」から借りていきました。

« 12(土)、13(日)両日、開きます。  古書店図書室「霧降文庫」 | トップページ | 雑巾、雑巾、雑巾の「床下」へ 日光市災害支援ボランティアセンター »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/61583930

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の「不良少年」  ひそやかに「追悼 鶴見俊輔」:

« 12(土)、13(日)両日、開きます。  古書店図書室「霧降文庫」 | トップページ | 雑巾、雑巾、雑巾の「床下」へ 日光市災害支援ボランティアセンター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30