無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 死を公言し、実行してしまった  三島由紀夫について『1968年』 | トップページ | 「この時代と三島由紀夫」 28日から「霧降文庫」で特集 »

2015年11月25日 (水)

もはや行き着く先が見えてしまったような今日では   『終わり方の美学」

Img_5358 「二十五年間に希望を一つ一つ失って、もはや行き着く先が見えてしまったような今日では、その幾多の希望がいかに空疎で、いかに俗悪で、しかも希望に要したエネルギーがいかに膨大であったかに唖然とする。これだけのエネルギーを絶望に使っていたら、もう少しどうにかなっていたのではないか。」

 

 

 これだけ絶望していたとは。今回のこのエッセイ「私の中の25年」から。「事件」が(今、スラヴォイ・ジジュクの「事件!」を読んでいる途中だったので、思わず)起きたそのわずかか4カ月のこと。その日は1970年11月25日、45年前のきょう。陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室を占拠、バルコニーから檄文をまき、大演説を行ってから、「盾の会」の会員の介錯により切腹した。そう、作家・三島由紀夫。45歳だった。

 

 冒頭にあげたのは、帯文に「生誕90年、没後45年…三島の遺した日本人への伝言」とある徳間文庫カレッジの『終わり方の美学 戦後ニッポン論考集 三島由紀夫』(高丘卓編)から。「二・二六事件」のとき、三島は「事件」が起きた現場周辺にある学習院の初等科の11歳の少年だった。この文庫には、それらについて、自身の口から語られているエッセイ「ニ・二六事件と私」もある。少年の衝撃は容易に想像できるが、三島少年が感じた当時の空気や感覚が書かれているのが、興味深い。というか、後年の三島がいかに「二・二六事件」を生きてきたか、その証言になっている。

 

 三島が学習院出身なのは知っていたが、その日の学校のことが書かれていたのは、今回初めて知った。これまで三島の良き読者ではなかったので、当然といえば当然だ。以下は本文から。

 

 その日、登校した私と級友である子爵の息子とのやりとりも、貴重だろう。

 「総理が殺されたんだって」

 と声をひそめて囁くのをきいた。私は、

 「ソーリって何だ」

 とききかえし、総理大臣のことだと教えられた。

 

世に出たのは1966(昭和41年6月「英霊の声」)だが、そこで三島は「鬱屈」が日ましにつのってきている状況を伝えながら、「二・二六事件」の青年将校の歎きに思いをはせる。その心情が「憂国」などを書かせた背景であることがうかがえるようになっている。 

 「徐々に目的を知らぬ憤りと悲しみは私の身内に堆積し、それがやがて二・二六事件の青年将校たちのあの劇烈な慨きに結びつくのは、時間の問題であった。なぜなら二・二六事件は、無意識と意識の間を往復しつつ、この30年間、たえず私と共にあったからである。」(折々の<状況>その37)

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 死を公言し、実行してしまった  三島由紀夫について『1968年』 | トップページ | 「この時代と三島由紀夫」 28日から「霧降文庫」で特集 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/62679471

この記事へのトラックバック一覧です: もはや行き着く先が見えてしまったような今日では   『終わり方の美学」:

« 死を公言し、実行してしまった  三島由紀夫について『1968年』 | トップページ | 「この時代と三島由紀夫」 28日から「霧降文庫」で特集 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30