無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 宇都宮で街頭ちらしまき 「11・15」を広めるために | トップページ | みなさんの参加を待ってます 「さようなら原発!栃木アクション」 »

2015年11月 8日 (日)

災害時簡易トイレつくり  実り多い段ボール箱講習会

「災害時段ボール型簡易自家製トイレ」、その講習会がきょう15日、霧降自治会館でありました。阪神大震災でも東日本大震災でもそうだが、災害時になくてはならないのが「トイレ」。それを手持ちの段ボール箱でつくってしまおうという、いわば、霧降自治会主催の自主講座だ。

Img_4745

 講師は日光市社会福祉協議会職員。日光地区の自治会でこの講座を行うのは、霧降自治会が初めて。そのためか、同協議会日光支所長も同行し、「視察」?も。用意するのは・・・●段ボール箱3つ●カッター●マジック●線引き●ガムテープ●ひも。さらに「トイレ」の中に入れる●ビニール袋●新聞・・・●砂もあればいいとも。ふ~む、材料は九つなのか~。

Img_4710

 1時間半、ご近所の自治会の人たちとワイワイガヤガヤと。講師はプロジェクターと資料でも説明し、2人一組のあちこちのグループを応援。参加者はいずれも汗も流しながら完成させました。けっこう大変(でも、一度覚えてしまえば、楽に作れると思う)基本は座る際に箱がへこまないため強度作り。ここでは段ボールをカットして三角柱を2本つくること。実際に使うことはめったにないとは思うが、水洗トイレも使えないときは、これは大事になる。

  「使用後」のものは「可燃ごみ」扱いだという。災害時はもちろん、キャンプや高速道路の渋滞、山登りなど、さまざまな場面で応用が効くのではないかと。非常に学ぶことが多かった実践編の防災講座でありました。
市販ではひとつのキットで5000円というのが、あるそうな。それなら自分でつくるほうが愉しくもあり、よほど自家製がいいね!と。「災害用簡易トイレ」をつくりたい方は私に問い合わせを(笑い)

« 宇都宮で街頭ちらしまき 「11・15」を広めるために | トップページ | みなさんの参加を待ってます 「さようなら原発!栃木アクション」 »

懐かしい未来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 災害時簡易トイレつくり  実り多い段ボール箱講習会:

« 宇都宮で街頭ちらしまき 「11・15」を広めるために | トップページ | みなさんの参加を待ってます 「さようなら原発!栃木アクション」 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30