無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« とんぼをとることで自分自身を生産している 岩波新書「資本論の世界」 | トップページ | もはや行き着く先が見えてしまったような今日では   『終わり方の美学」 »

2015年11月24日 (火)

死を公言し、実行してしまった  三島由紀夫について『1968年』

  Img_5344_2 ウイキペディアによると、福田和也は、絓秀実(すが・ひでみ)について、「十年来もっともラディカルな文芸批評家であり続けている」と評したという。そのすが・ひでみは、『反原発の思想史』(2012年)を書いているのだが、三島由紀夫を<探して>いたら、たまたま彼・すがが書いた『1968年』(2006年 ちくま新書)へ。
 
  その『1968年』にやはり三島が登場、というか、1970年11月に自決する三島は欠かせないだろう。そこに難しいが、考えさせられる彼・すがの見方が示されている。いわくー・  「遺作の『豊饒の海』も、、まさに一連の偽史的な『年代記』ものであった。しかも、三島はそうした『虚構』=ヴァーチャルリアリティを打ち破るのが死だと公言し、そのことを自ら実行してしまったのである。」  
 
 これ以下は、村上春樹が最も下敷きにしている作家が、三島由紀夫だとする指摘などを示したうえで、「だとすれば、三島由紀夫と70年代の7・7以降の偽史的実践運動の差異はどこにあったと言うべきであろうか」と。
 
 「だとすれば」いうが、その意味はそのままでは、わからない。「最も難しい批評家」と評されているだけになおさら。今は、こうした指摘が「1968年」の中にある、そのことを紹介してみたかったのです

« とんぼをとることで自分自身を生産している 岩波新書「資本論の世界」 | トップページ | もはや行き着く先が見えてしまったような今日では   『終わり方の美学」 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/62664591

この記事へのトラックバック一覧です: 死を公言し、実行してしまった  三島由紀夫について『1968年』:

« とんぼをとることで自分自身を生産している 岩波新書「資本論の世界」 | トップページ | もはや行き着く先が見えてしまったような今日では   『終わり方の美学」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31