無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« ジュッテン・ニイイチが三島由紀夫を追いつめた(その1) 折々の<状況> | トップページ | 小薪を数か月分 冬本番に向けて準備~ »

2015年12月 1日 (火)

惜しい人でしたー水木しげる いずれ、「霧降文庫」企画をー。

惜しい人でした。私にとっての水木しげるは「ゲゲゲ」ではなく、「総員玉砕せよ!」でした。

いずれ、「霧降文庫」でも「追悼 水木しげる」を企画することになるだろう。

Img_5424_4

'

(以下は朝日新デジタルから)

「ゲゲゲの鬼太郎」などの作品で知られる漫画家の水木しげる(みずき・しげる、本名武良茂=むら・しげる)さんが、30日午前7時18分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。93歳だった。

 1922年生まれ。鳥取県境港市出身。43年、召集され現パプアニューギニアのラバウルへ。米軍の空襲で左腕を失う。46年、復員。紙芝居作家を経て58年「ロケットマン」で漫画家デビューした。

 幼い頃から妖怪に興味を持ち、「河童(かっぱ)の三平」「墓場鬼太郎」など、一貫して妖怪を描き続けた。代表作「鬼太郎」は、68年から2009年にかけ6作もテレビアニメシリーズが作られた。戦争体験に基づいた「総員玉砕せよ!」「コミック昭和史」「水木しげるのラバウル戦記」など、戦争を告発する作品でも名作を残した。

 93年、境港市鬼太郎や妖怪のブロンズ像を並べた「水木しげるロード」ができ、人気の観光スポットになっている。水木さんと妻武良布枝さんをモデルとしたNHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」が放送された10年には、過去最高の372万人が訪れた。同年、文化功労者に選ばれた。

« ジュッテン・ニイイチが三島由紀夫を追いつめた(その1) 折々の<状況> | トップページ | 小薪を数か月分 冬本番に向けて準備~ »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/62770468

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しい人でしたー水木しげる いずれ、「霧降文庫」企画をー。:

« ジュッテン・ニイイチが三島由紀夫を追いつめた(その1) 折々の<状況> | トップページ | 小薪を数か月分 冬本番に向けて準備~ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30