無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

戦争法反対で「日光市民連合」 2016年1月26日に発足

Img_5974

 

戦争法に反対し、戦争法を廃止させていく「日光市民連合」が発足しました。正式名称は「戦争させない総がかり日光市民連合」。立憲主義と9条を生かし、それを広く市民に訴え、国会に求め、実現させていくことを目的に。

 

日光市の今市、日光、足尾の各地区にある「9条の会」と、その「連絡会」を中心に、今市と日光にある「新日本婦人の会」や「さよなら原発!日光の会」、「平和委員会」など11団体でスタート。2016年1月26日に会合を開き、「申し合わせ事項」などを確認した。

 

真っ先に取り組むのは、戦争法の廃止を求める「全国2000万人署名」。すでに全国各地で取り組まれている。ここ日光でも「日光市民連合」として最大限の取り組みを行っていく。

 

これから戦争法が強行採決された「19日」(2015年9月19日)に狙いを定め、毎月19日に統一行動を行うことも決めた。これから2月、3月、4月と、この日の午後1時半から1時間、今市のスーパー「かましん」入り口で「2000万人署名」を呼びかける。

 

日光市の人口は約9万人。全国2000万人署名を実現させるため、獲得署名目標は日光で1万6000人ー。どこまできるか、かなり高い数字だが、ぜひそこに向けて取り組んていく。みなさんの署名、そして協力と支援もお願いします。

 

一方、全県では戦争法に反対する三つの市民団体の呼び掛けで、「戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める県民ネットワーク」を設立させる動きが決まった。6日に栃木県弁護士会館で設立会議を開き、スタートする。

 

もちろん、「日光市民連合」も、目的を同じくする全国、県内の団体と「連帯・連携・協力」していくことを確認しており、「県民ネット」にも代表らを送り、設立に参画する。


ログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへブロぐランキングに参加しております。「励み」になるランキングチェックをぜひお願いいたします。

 

 

(以下は「日光市民連合」の「申し合わせ事項」です)

1、会の名称は「戦争させない総がかり日光市民連合」とします。

2、この会は、戦争法(平和安全保障関連法)を廃止し、立憲主義の原則を堅持し、憲法9条を守り、活かして行くことを広く市民に訴え、国会に求め、実現させていくことを目的に活動します。

3、会を構成する賛同団体、個人は、対等・平等を貫き、民主的運営を原則とします。

4、会の運動を進める上で、次の役員を置きます。

  共同代表・・・若干名で構成し、会を代表します。

※順次賛同団体・個人の代表を追加してゆきます。

  事務局幹事・・・事務局を日光市内に置きます。

  会計幹事・・・会の財政・会計全般を管理します。

       ※順次選出して行きます。

  会計監事・・・2名で構成し、会計監査を担当します。

       ※順次選出して行きます。

  幹事・・・若干名で構成し、会の運営に当たります。        

       ※順次賛同団体、個人から追加してゆきます。

5、会は、年1回総会を開催し、活動方針、財政収支、役員の改選、その他必要事項を決めます。

6、会は、必要に応じて幹事会を開催し、運営に当たります。

7、会の財政は、年会費、寄付金、事業収入で賄います。

会費は個人、団体とも一口1000円とします。ただし、それぞれの事情や規模に応じて、運営に必要な口数をお願いします。

8、会は、目的を同じくする県内、全国の組織・団体と連帯・連携・協力してゆきます。

9、この申し合わせ事項は、2016126日発効します。

 

誰でもできるひと部屋小規模自家発電 自主講座2月27日(土)にご参加を

Img_6034                          
誰でもできるひと部屋小規模自家発電

2月27日(土)日光市市民活動支援センター工作室(今市労働基準監督署の反対側です)

 

15時~17時まで

無料
定員25人
(1月31日現在、11人が申し込んでおります)
主催 市民団体「さよなら原発!日光の会」
 
(17時過ぎから同じ会場で「さよなら原発!日光の会」の会員ならだれでも加わり、議論に参加できる同会運営委員会があります)


誰でもできるひと部屋小規模自家発電
最近身近になってきた太陽光発電ですが、導入には工事費100万円以上かかります。「これではちょっと手がでないな」と考えてしまいます。これは家にある家電すべてを太陽光発電でまかなおうとするとこれぐらいの金額はかかってしまします。
「そんなにお金はかけたくないけど自家発電に切り替えたい」「少しだけでも電気を自給したい」そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
実は小規模に自分で作ってしまえば、約3~5万円で簡単に自家発電を始められます。
しかも作り方はとても簡単!誰でも作ることができます。この講座ではその小規模な自家発電の作り方と使い方について説明していきます。
講座内容
1.意外に知らない電気のこと。今使っている電気について。
2.自家発電に必要な4つの部品
3.小規模発電で作った電気の使い方
4.ワークショップ
 
 
講師略歴
トランジションタウン栃の木コアメンバー 2000~2012年まで看護師として病院に勤務する。スローの思想を広める辻信一氏の本との出会いをきっかけにこれまでの生き方変えていきたいと思い退職。その後安曇野パーマカルチャー塾、赤目自然農塾に通い持続可能な生活について学ぶ。2013~2015年まで環境文化NGOナマケモノ倶楽部理事を務める。2013年から2年間埼玉県立高等技術専門校にて建築大工の技術を学び在校中第2種電気工事士の資格を取得。2015年から自分の生活の一部屋をオフグリットにして生活する

2016年1月30日 (土)

25センチの雪かきでした  冬本番に汗びっしょりー

Img_6087

1月30日。25センチです~。「霧降文庫」は臨時休業でした。この間の45センチに比べると。それにしても、雪かき1時間半。冬本番で汗ぐっしょり。「労働」は大変ですね~。「ともだち」2人が「安否確認です!」と、日光市内から霧降高原の坂を登ってやってきました

Img_6081

2016年1月25日 (月)

26日13時半から戦争法反対 2000人署名を「かましん」で

 

Img_5974 「2000万人署名活動」に参加を 戦争法反対、立憲主義を守る「総がかり行動日光実行委員会」(仮称)の「準備会」があす26日(火)13時半から今市「かましん」で「戦争法反対2000万人署名」活動を行います。

 
15時からは総がかり行動日光実行委員会(仮称)「準備会」が日光市民活動支援センターで(私は「戦争にさよならを!日光市民連合」の名称を推していますが)。実質的に日光地方の戦争法反対市民グループがスターとします。街頭署名も準備会も、個人、団体いずれも大いに歓迎します。

 
2月6日には全県規模で「戦争法反対栃木県ネットワーク」(仮称)も立ち上がります。すでに佐野、鹿沼、栃木で、それぞれのグループが誕生しており、全県の「九条の会」や「戦争させない全国署名栃木県連絡会」などが中心になって強力な運動を生む出すことになってます。
 

日光で「実行委員会」(仮称)に 団体で参加を予定するのは、「にっこう九条連絡会」(今市、日光、足尾)、「さよなら原発!日光の会」、「戦争させない1000人委員会」、「今市平和委員会」、「新日本婦人の会・日光支部」、「同・今市支部」などです。個人でもぜひ連帯を!。

2016年1月21日 (木)

オープンは23、30、31日  1月の古書店図書室「霧降文庫」


Photo                                               

 Img_4247 古書店図書室「霧降文庫」の1月のオープンはあと3日間。特集企画は「あの日から5年 福島第一原発事故」(図書室の別コーナーに原発書籍約80冊を用意しています)。

 

開くのは、今週の23日(土)、来週の30日(土)、31日(日)です。
 
2月は寒いので?「冬季休業」します(というか、冬眠します)。

Photo_2


 
再開は「3・11」の1週間前、3月5日(土)から。3月の特集企画はもちろん、「あの日から5年 東日本大震災」。

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

2016年1月20日 (水)

雪道にご注意を! 20日の別荘地の坂道はつるつる

雪道ご注意のお知らせ?です。

 
20日の霧降高原の別荘地に向かう坂道は、ほとんどスケート場に。除雪で少し残った雪が凍結。つるつるです。街への往復のその度に立ち往生する車に出会いました。タイヤが空回りし、途中の緩い坂道が登れないのです。

 
よく見ると、いずれも顔なじみの町内会の人たち。「とうしたの?」と、止まって助っ人へ。と思いきや、車の乗り降りなどで転倒すること4回。交通整理などの手助けをするどころではありませんでした。
 

私の車は四駆なので、すんなりと。そうでないとかなり大変です。我が家に戻ると、すぐに鎮痛の湿布3枚をお尻に貼りました。霧降高原への行き帰りは、ご注意を。霧降高原の「幹線道路」なのだから、除雪をもっときちんとやらないといけないのだろう。さらに、塩カリ散布か?

2016年1月18日 (月)

霧降高原は約45センチ  大雪が天気予報通りに

Img_5877

 
Img_5876
 
Img_5882 
 天気予報通りに18日までに大雪が日光霧降高原に。 昼までに約45センチ。20センチぐらいはけっこうあるが、30センチを超えると、スコップも重く。
 

 結局、この日の除雪作業は3回、計、1時間半か。小雨の中で作業するので、衣服が水だらけに。それを薪ストーブで乾かしてから再び作業へ。休憩時間が1時間。なので、夕方までかかってしまいました。 

 
 確か2年前は1メートル近くも。このときは除雪はほとん断念、除雪車がやってこないこともあり、3日間、籠城・冬眠しておりました。きょうも除雪車はやってきませんが、19日にはなんとかやってくるでしょうー、そう想定しています。                      

2016年1月17日 (日)

マレーシアの輸入薪材  春本番の薪不足に備えて

Img_5865


 春本番の薪不足に備え、今から「輸入薪材」(マレーシア 輸入元千葉県市川市)10セット(1セット450円)を宇都宮の薪ストーブ専門店から購入。有料の薪材を買うのは今冬、初めて。
 
 放射能汚染がないのがいい。春の終わりに薪がないと、自宅のウッドデッキの板材をはがして燃やそうとする妄想に陥る可能性があるので(笑い)

 
 重さは10キロ。6本で。4本で6キロのものもあるので、私はそちらがいいのだが。薪ストーブ屋さん・宇都宮のファィアー・ワークスによると、季節によって、10キロだったり、6キロものが入ってきたりとか。
 

 でも、このファイアー・ワークスでは、輸入薪材ではなく、普通の薪材も売っている。「どのくらいの値段?」、こう聞いたら、「1トンで1万7000円ぐらい。薪材をつくるときに出るきれっはし材なら8000円ぐらいか」と。
 

 現実に春に薪材不足になったら、1トン(つまり1メートル四方)1万7000円ぐらいのものを購入することも考えることにー。
 

 とはいえ、せっかくの薪ストーブ生活。大変でも自分で薪を探し、お金をかけないで霧降高原生活をしたい、そう思っているのです。スピードに対し、スロー生活^。複雑な生活に対し、シンプルに・・・の2S、おっともうひとつ。物語のあるストーリィな生活を。

2016年1月15日 (金)

16日(土)臨時休業、再開は17日(日) 古書店図書室「霧降文庫」

185070


Photo


「霧降文庫」の16日(土)は、臨時休業です。再開は17日(日)から。来週は23日(土)オープン。逆に24日(日)が臨時休業。いずれも脱原発や反戦争法の会議や集会などで。1月最終の週末30日(土)。31日(日)は特集「あの日から5年 福島第一原発事故」(厳選80冊貸出)。両日とも開いている予定です。次は、当然、特集「あの日から5年 東日本大震災」でしょう。

2016年1月14日 (木)

「ワンルームオフグリッドワークショップ」 「日光の会」が2月に自主講座

Photo  「さよなら原発!日光の会」の2月の公開自主講座は「ワンルームオフグリッドワークショップ」。実際に部屋の電気がソーラー発電で点くように工夫してしまう。

 

 日程はもう決まっており、2月27日(土)15時~17時。今市の日光市民活動支援センター第一会議室で。スライドかプロジェクターか、を使いながら、自主講座形式で。

 

会員はもちろん、一般の市民の参加も自由。無料。「日光の会」が自主的に行う講座です。そのオフグリッドの典型的な記事が日経で。以下に紹介します。http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83691220W5A220C1000000/

 

当日の講師は、小久保裕史さん。

略歴は以下の通り。小久保さんの「軌跡」だけでも自主講座になりそうです。

 トランジションタウン栃の木コアメンバー。2000~2012年まで看護師として病院に勤務する。スローの思想を広める辻信一氏の本との出会いをきっかけにこれまでの生き方変えていきたいと思い退職。その後安曇野パーマカルチャー塾、赤目自然農塾に通い持続可能な生活について学ぶ。2013~2015年まで環境文化NGOナマケモノ倶楽部理事を務める。2013年から2年間埼玉県立高等技術専門校にて建築大工の技術を学び在校中第2種電気工事士の資格を取得。2015年から自分の生活の一部屋をオフグリットにして生活する。

そのオフグリッドの典型的な記事が日経で。以下に紹介します。http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83691220W5A220C1000000/

 

■毎日がキャンプみたい

生活に使う電気を太陽光パネルと蓄電池でまかなう下野さんの家
画像の拡大

生活に使う電気を太陽光パネルと蓄電池でまかなう下野さんの家

 「電気が使える。洗濯をしよう」。2月初旬、下野智子さん(38)は青空を仰ぐと、150ワットの洗濯機(脱水時は300ワット)のスイッチを入れた。一家の暮らしで使う電気は、すべて太陽の恵み。自宅屋根に並ぶ計870ワットの太陽光パネルと容量約10キロワット時の鉛蓄電池だけでまかなう。薪(まき)をくべて風呂を沸かし、食事は薪ストーブの天板やオーブンで調理をする。ご飯は「ぬかくど」と呼ばれる手作りのコンロで炊く。量を調整したもみ殻に火をつけるだけの“全自動”だ。「毎日家でキャンプしてるみたいです」

 昨年11月末、この家に移り住んだのは、下野雄司さん(44)、智子さん夫妻と2人の子供(7歳と5歳)の4人家族。実際の生活に必要な電力消費のデータをとり、ライフスタイルの可能性を探る名古屋大学の高野雅夫教授らの「実験」でもある。今のところ夫の雄司さんは仕事の都合で、元の自宅がある同県知立市に残り、週末に家族の元へ通うという生活。こちらも「実験中」だ。

太陽光発電システム。電気はバッテリーに蓄えられ、直流24Vとインバーターを通した交流100Vの2系統で利用している
画像の拡大

太陽光発電システム。電気はバッテリーに蓄えられ、直流24Vとインバーターを通した交流100Vの2系統で利用している

電気を使っているものはパソコン、精米機、インバーターなど。薪や太陽熱温水器を最大限利用して電気を使わない暮らしをしている。冬の間は外の棚が冷蔵庫代わり(右下)。
画像の拡大

電気を使っているものはパソコン、精米機、インバーターなど。薪や太陽熱温水器を最大限利用して電気を使わない暮らしをしている。冬の間は外の棚が冷蔵庫代わり(右下)。

■電気、余ってます

 下野さん宅の暮らしで電気を使っているものは、洗濯機、精米機(300ワット)、ノートパソコン(30ワット)、プリンター(65ワット)、モバイルルーター、タブレット端末、携帯電話への充電(8ワット)、薪ストーブのファン(14ワット)、3~30ワットのLED照明が16個。高野教授が今月調べた結果、今のところ1日当たり510ワット時(1時間平均約20ワット)程度しか使っておらず、電力は余っているのだ。

 冬の今は外気温が低いため、勝手口の外に作った棚を冷蔵庫代わりに使っている。春になったら30ワット程度で稼働する省エネタイプの冷蔵庫を購入する予定だ。夏も比較的涼しく、熱に電気を使わない暮らしができる田舎は、都会に比べてオフグリッド生活に有利。毎月の電気代は0円だ。

下野家の電気はすべて太陽の恵み
画像の拡大

下野家の電気はすべて太陽の恵み

■正念場は梅雨時か

 太陽光パネルの発電能力は晴れた日以外は極端に落ち、雨や雪が続くとほぼゼロになる。蓄電池容量から3日ぐらいはしのげるが「梅雨時の停電はおそらく避けられない」と高野教授。実際1月に雪が降り続いた時は、家族そろって一時近くのお寺に避難した。夏は冷蔵庫が必要だが、薪ストーブのファンは回さなくていい。日照が長くなるのでLED照明をつける時間は短縮できる。工夫して乗り切るしかない。一家の実験生活はこれからが正念場だ。

 家電の中で電力消費が大きいのは、電気を熱に変えて利用するエアコン、ドライヤー、炊飯器、電気ポットなど。冷蔵庫のように24時間稼働しているものもトータルの負担は大きくなるが、今のところ下野さん宅にはこれらの家電製品がない。智子さんは「特に節約を意識しているわけではありません。なければないで何とかなるので、慣れてしまえば不自由は感じません」。

街明かりがないので夜7時でも外は真っ暗。3wのLED照明2つ(左上)でもまぶしいぐらいだ
画像の拡大

街明かりがないので夜7時でも外は真っ暗。3wのLED照明2つ(左上)でもまぶしいぐらいだ

■都市では「部分オフグリッド」を

 電力消費の少ない下野さん宅のシステム導入費用は約80万円。都市部で不自由のないオフグリッド生活を実現しようとすると、200万~400万円程度の出費は免れない。「節電のコツは、太陽光パネルの前に太陽熱温水器を導入するなど、できるだけ熱に電気を使わないこと。まずは家庭菜園で野菜を作るように、少量でも作った電気を自分で使ってみては」と高野教授は提案する。テレビだけ、居間だけなど、一部の電力だけを自給する「部分オフグリッド」なら都市部でも可能だ。東日本大震災の直後には東京でも計画停電を経験した。「電気を自分で作る暮らし」は災害にも強く、どこか安心感がある。

 また再生エネルギーの固定買い取り価格は、来年度も引き下げられる方向だ。昨年9月には九州電力が設備の調整能力が不足しているとして、太陽光発電の買い取りを一時保留する混乱もあった。今後の売電の有効性は不透明だ。

約2週間分の薪(写真上)と油圧式手動薪割り機を使う長女の歌子ちゃん
画像の拡大

約2週間分の薪(写真上)と油圧式手動薪割り機を使う長女の歌子ちゃん

■コストより生き方

 どれぐらいの電気が必要なのか、それはコストの問題というより「生き方の問題」と高野教授は話す。下野さん宅では、余った電気を有効活用するため、電気自動車に改造した軽トラックを導入することも検討している。名古屋大学は3年間データを取りながら今後の可能性を探る。

 オフグリッド生活には薪が必需品だ。お風呂もご飯も暖房も。「お金を使わない日はあるけど、薪を使わない日はありません。バッテリーより残量が気になります」と智子さん。雄司さんも「この家に帰ってくるたびに、薪集めや薪割りが欠かせません」。

 最近、油圧式の手動薪割り機を購入した。力が要らないので、子供たちも手伝ってくれる。不便だからこそ楽しめることもある。

(名古屋編集部 小園雅之)





3・11の3月は「ロケットストーブづくりワークショップ」にしようかな?と。「ともだち」の役員に名人がいることだしー。あっ、三月は中旬に代々木公園脱原発10万人集会があるのでした。ロケットストーブは春から初夏か。ドキュメンタリー映画「福島のつぶやき」の自主上映会もやりたいし、チェルノブイリ事故で医療活動をしていた松本市長も呼びたい。いろんな企画が考えらる。それも電力自由化の自主講座もか?

2016年1月13日 (水)

東日本大震災や原発事故を機に ロケットストーブの夢



16a(写真図は、ネットから転載したもの。「ロケットストーブ 写真」で検索したら、最初の方に掲載されていたためと、その構図がわかりやすいので)

私の「ともだち」である、朝日新聞の斎藤健一郎記者が、また面白い記事を。「土管を再生、ロケットストーブの夢 49歳脱サラ起業」という記事だ。私も個人的に関心があり、FACEBOOKでは「ロケットストーブ」のグループに入って少し経つところ。いずれ、脱原発市民団体「さよなら原発!日光の会」の自主講座でロケットストーブづくりをやったらいいのではないか?とも。なので、斎藤記者の記事をそのまま掲載することにー。こんなことはめったにないのだが、非常にためになるので。
 

 
 ドラマ「下町ロケット」が人気を博したこの冬、愛知県常滑市にも「ロケット」に情熱を注ぎ続ける男がいた。大企業を辞めて生み出したのは、役割を終え、放置されていた常滑焼の土管を使う「ロケットストーブ」。男もストーブも、熱く燃えている。  ゴーッ。縦にした常滑焼の土管から、熱風が噴き出す。くべた廃材が勢い良く燃え、上昇気流が起こす音からロケットストーブと呼ばれる。鍋を置けば煮炊きができ、網を置けばサンマもイモも焼ける。  一斗缶やペール缶を燃焼筒にするのが一般的だが、この「とこなめ土管ロケットストーブ」は常滑焼の土管を使う。「保温効果と断熱効果が抜群」。開発した同県大府市の金田寿正(かなだとしまさ)さん(49)は自信を見せる。
 
 東証1部上場のデンソー(本社・愛知県刈谷市)の営業マンだった。東京勤めのころ東日本大震災があった。無力感にさいなまれながら見るテレビの向こう、東北の被災地で雪が舞う。一斗缶に廃材を放り込み、火の前で手をこすり合わせる人の姿があった。  その頃、ロケットストーブの存在を知る。手作りできて灯油も電気もいらず、調理もできる。だが、構造が単純なだけに最適な燃焼効率を得るのは難しい。学生時代に物理を学んだ金田さんは研究にのめり込んだ。  まもなく愛知に転勤。故郷の大府周辺の駐車場や空き地に転がる常滑焼の土管が目についた。蓄熱性、耐火性が高そうだ。ロケットストーブの燃焼筒に使えないか――。常滑市の窯元を一軒一軒回り、敷地内で野ざらしになっていた「過去の遺産」を買い集めた。  実験を重ねた。土管は火に直接かけると割れるので、内側に断熱材を入れた。長すぎても太すぎてもうまく燃えない。断熱材の素材、土管の長さ、太さを幾度も変えて試した。
 
 50歳の節目を前に去年5月、26年間務めたデンソーを退職。家族は反対した。「不安はいっぱい。でも退路は断ちました」。災害で電気もガスも失われた時、ロケットストーブが多くの人の力になると信じた。  去年秋、3年かけて納得の形にたどり着いた。高さ72センチ、直径25センチの重厚なあめ色ボディー。燃焼効率が良く、ほとんど煙が出ないため、店頭でバーベキューに使う飲食店や、境内で落ち葉を焼く東京の寺からも注文が入る。ただ、重くて持ち運びにくく、価格も4万8千円と安くはない。  土管での試行錯誤を生かし、鋼の薄い板を使う約5キロの携帯型も開発。価格は1万6800円からにした。環境に優しい製品に贈られる去年のロハスデザイン大賞にも選ばれた。  ロケット発射時のかけ声にちなみ、金田さんは代表を務める工房を「LIFTOFF」(リフトフ)と名付けた。発射は成功。「一家に一台」の夢に向け、飛び続ける。(斎藤健一郎)
 
     ◇  〈ロケットストーブ〉 まきストーブの一種で米国が発祥。高温になった燃焼筒内に上昇気流が生まれ、勢い良く熱気を吸い上げる。従来のまきストーブより燃焼効率が良く、廃材や枯れ木も燃料になる。身近な素材で作れることもあり、東日本大震災や原発事故を機に関心が高まった。

2016年1月11日 (月)

「民主主義って何だ?」から  『ギリシア人の物語』(1)

Img_5827

 塩野七生は、物語の進め方がうまい、と感心することしきり。紀元前776年の第一回オリンピックから筆を進めるとはー。

 


「民主主義って何だ」との絡みで読み始めたところ、ぐいぐいと引っ張られてしまった。

 


残るのは数十頁。読み終えたら、きちんと「折々の<状況>」へ。『ギリシア人の物語』(Ⅰ)(353頁。初版2015年12月20日、新潮社)

2016年1月10日 (日)

お好きな本一冊が当選しましたー 2人目の当選者が「霧降文庫」へ

Img_5819


 「200円均一本からお好きな本一冊が当選しました」。月刊誌「TWIN」に掲載された「霧降文庫」の読者プレゼント(2015年11月号「ぬくもりの傍でー薪ストーブのある風景ー特集)。当選した5人のうち、2人目の方がきょう10日、霧降高原へ。

 
 宇都宮の本好きなご夫婦がようやく探し当てたかのように訪ねてまいりました。なので、お二人にそれぞれ1冊づつ贈呈。「有効期限は1月31日」。残る3人の当選者が訪ねてくるかどうか?。よほど古書ファンでないとやって来ない、と思うので、山を上ってきたら、大歓迎することに。

 
 2月1日からは「冬季休業」を予定か?。1月の特集企画「あれから5年、福島第一原発事故」を終えたら、「あれから5年、東日本大震災」も用意するが。これをいつから始めるか。今月中に考えておこう。

2016年1月 8日 (金)

冬本番でも薪づくり  一冬に軽トラ8台分ですね

Img_5814  1月上旬の8日の冬本番のきょう。。。。、久しぶりに、薪づくりを。「ともだち」が贈呈してくれた軽トラ半杯分が、午後の1時間であっという間に。我が家の「第三薪小屋」に数段分を積み上げ、日没に。
 
これで1,2、3月まで確保したが、4月分の薪はありません(これからさらに薪づくりへ~トホホ~、とは言っても、薪づくりは楽しいです)
 
 それにしても、一冬に使う薪の量は、だいだい、軽トラいっぱい8台分ぐらい、それぐらい必要だということがだいだい、わかるように。今年はまだ6台半ぐらい、まだ1台半ぐらい必要ですー。薪材があったら、声をかけてくださいね。

2016年1月 7日 (木)

あれから5年 福島第一原発事故 「霧降文庫」新年企画

 Img_5803 「霧降文庫」の2016年初日はあす8日(金)から(13時~日没)。年が変わり、1月企画は「あれから5年 福島第一原発事故」。
 
最新刊の「見捨てられた初期被曝」や「東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命」、話題の「チェルノブイリの祈り」(スベトラーナ・アレクシェービッチ)など、厳選70冊を用意しました。いずれも立ち読み自由(会期終了後に貸し出しへ)。
Img_5789
 
薪ストーブの古書店で可否片手に読む時間をつくりませんか?(でも、みなさん、忙しいのだよねー、それだけに気が向いたら、こんな時間の「霧降文庫」へと)
 
1月のオープン日は 8、9、10、11、17、23、30、31日の8日間です。
Img_5798
 
〒321-1421
栃木県日光市所野1541-2546
「霧降文庫」 0288-25-3348
毎週 土、日、祝日、13時~日没オープン。

2016年1月 6日 (水)

民主主義に基づく政治を求める抗議行動 1月24日、宇都宮で

若者たちが栃木県でも活動を始めたので、「おじさん」も、おじさんの人脈で参加を呼び掛けています。憲法違反の戦争法反対、廃案へ。原発のない社会へ。脱原発こそ、これからの社会の基本的な仕組みだと。「3・11」を経た私たちの進むべき道は、暮らしの足元からもういちど問い直すこと。そこに「懐かしい未来」が待っています。

Photo

  • 12:30 - 14:00
  • 栃木県宇都宮城址公園
    (以下が基本的な主です)
    私達D3は、正当な民主主義の支持者(Defenders of Due Democracy)と言う名の下、安保法制廃止と投票率を上げて行くことを目的とし、民主的な日本の社会を求めます。

    2015年夏、政府の投げかけた安保法案と言う問題から始まった、民主主義を求める大きな波は、年が明けた今、7月の参院選に向かって更に大きな動きを見せるでしょう

    若者の政治離れが問題視される中で、主権は私達国民の手の中にあると言う事をいかに伝えて行くか常に考え、行動に移して行きます。

    2016年1月1日 D3

2016年1月 3日 (日)

聖人、犯罪者、偽善者  推す『二番煎じ ものぐさ精神分析』

 

  Img_5785 人間は誰でも、ある程度は聖人、ある程度は犯罪者、ある程度は偽善者である。ホンネを表現するために、酒の力を借らねばならない人もいる。ユーモアに訴えて、タテマエの中にうまくホンネをすべり込ませる人もいる。自分の口からはホンネを言わず、相手が察してくれことを期待する人もいる。タテマエとホンネは、いわば弁証法的関係にあり、その矛盾にどう対処するかは、われわれの生き方にかかわる問題である。

 

 意味深長な指摘がぽんと。短いエッセイ「タテマエとホンネ」。人は誰でもある程度は、聖人であり、犯罪者であり、偽善者であると。〈確かにそう言えるかも〉。フロイト学者の岸田秀氏が語ると、さらに納得してしまう。「三島由紀夫の精神ははじめから死んでいた」で始まる中編エッセイ「三島由紀夫論」などに、「ごもっとも」と、読んだだけになおさら(いずれ、この三島由紀夫論はぜひ紹介したい)。あっ、問題はこの「タテマエとホンネ」だった。

 

 このエッセイで興味深かったのは、以下の部分。

 

「人間関係はある共通のタテマエをたがいに守るということで成り立っている部分が大きいから、タテマエが崩れれば、人間関係は崩れる。そもそも、人間を信頼するということが、相手がそのタテマエに忠実に行動すると信頼することであって、何やらよくわからぬホンネをいつむき出しにするかもしれない人とは安心してつき合えない」。

 

「タテマエとは社会的に、あるいは少なくとも二人の関係において是認されたかつてのホンネであると言うことができる。恋愛中の二人は互いに永遠に愛し合い、助け合うことを誓う。そのとき、それは二人のホンネであるが、そのうち別のホンネが生じてきて、かつての誓いはタテマエになる・・・」

 

 『二番煎じ ものぐさ精神分析』(岸田秀、青土社)から。発刊は1988(昭和53)年5月10日初版。私が持っているのは、1991(昭和56)年2月の第13刷。それにしても初版からすでに30年近くも経って。最初の著書『ものぐさ分析』で知られるが、そのとき、著者44歳の1977年。もう40年近くになる。この本は「唯物論」でもなく、「観念論」でもなく、「唯幻論」として華々しく登場した。


 

 このあとに確か、俳優・監督の伊丹十三との対談本『保育器の中の大人』(だったか?調べたら「哺育器の中の大人」でした。)を出し、これも熱烈に読んだ記憶がある。その伊丹十三が帯文で「本書を推薦す」と。そこでこう推している。この帯文でいかにこの「奇書」の基本がきちんと示されている。「霧降文庫」推薦の本です。

 

 文学士岸田秀氏は云う、人間にとりて、萬物は幻想なりと。そも人間は本能の壊れたる動物なり。されど本能無くしては一歩も動くこと能わず。されば壊れたる本能の代替物として幻想を発明し、これをもって行動原理となすに至れりと。本書は唯幻論なる一大妄想によって自己と世界を貫通したる天下の奇書デス。○本書の効能○気が楽になる○争いの心が消える○物事がクッキリ見える様に成る。

 

(折々の<状況>その41 2016・1・3)

ブログランキング ブロぐランキングアップにご協力をお願い申し上げます。新春ですからねー。

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

 

 

2016年1月 2日 (土)

謹賀新年、「霧降文庫」から 新春は1月8日(金)からです。

Img_5769_3
 
あけまして、おめでとうございます。2016年もよろしくお願いいたします。「霧降文庫」の新春は、1月8日(金)、9日〈土)、10日(日)、11日(祝日)から開きます。テーマはもちろん「あれから5年、東日本大震災と福島第一原発事故」。この種の、つまり「震災と原発」の蔵書500冊から、100冊を厳選します。
 
 大晦日から1月2日まで、故郷の上州・新田郡(にったごおり)=今は太田市=に帰省してきました。元気だった96歳の母もさすがに少しへばっておりました。しかし、私が先秋に贈ったいずれも吉村昭の『彰義隊』、『天狗争乱』、『桜田門外ノ変』の幕末3部作について、「いや、ほんとうに面白いね。天狗党は栃木市の街を焼いてしまったのだね」と。よく読んでおりました。

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30