無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

『ミツバチの羽音と地球の回転』が今! 電力自由化の重い問い

月刊詩誌「詩と思想」4月号記事 「詩人の眼) (4月1日発行)

『ミツバチの羽音と地球の回転』が今! 「電力自由化」の重い問い

                    黒川純

 「日本にも環境にいい電気はあるだろう?」

「環境認証がついた電気を選べばいいんだ」

「・・・えっ、本当に電気が自由化されていないのかい!」

「そりゃ、変えなきゃだめだ!」

 

 という北欧人とのやりとりからそのドキュメンタリー映画の予告編が始まる。鎌仲ひとみ監督が2010年に制作した『ミツバチの羽音と地球の回転』。原発の建設計画が進められている現地の真向いに位置する瀬戸内海に浮かぶ山口県祝島を中心に、脱原発を国民投票で決めたスウェーデンも「旅する映画」だ。

 この映画の公式ホームページの「もうひとつの選択 立ち上がる未来のイメージ」で、鎌仲監督はこう呼びかける。「社会を変革する、エネルギーをシフトする、その現場で私たちと同じ、一人一人の生身の人間が矛盾と格闘しています。そこに必要なのは、これまでの持続不可能な文明からの転換です。価値がひっくり返る考え方です・・・」。

 この「ミチバチの・・」の映画、全国各地で上映されていた2012年春、私が代表を務めている脱原発社会をめざす市民団体「さよなら原発!日光の会」も日光中央公民館中ホールで自主上映している。関心は高く、午前・午後の2回、合わせて260人以上もの市民でにぎわった。観客の一人で、たまたま日光に帰省していた『週刊 金曜日』の記者は「えっ!日光で、このようなドキュメンタリー映画に足を運ぶ市民がこんなに大勢もいるなんて!」と、驚くほど。

 

 

映画では「本当に電気が自由化されていないのかい!」と言われていたが、この日本でもようやく「電力自由化」がやってくる。4月1日から電力の販売が全面的に自由化される。これまで大企業のような大口需要家だけではなく、東京電力など大手電力と契約するしかなかった家庭でも、電気を買う先を選ぶことができる。「電力自由化で大切なことは」という朝日新聞の「社説余摘」欄(2016年1月15日付、高橋万見子・経済社説担当)によると、ガス、石油、通信など100社以上が新規参入の手続きを済ませている。ガスや携帯とセットで契約すると割引になる、という文言も躍っている。

 

 大手紙でも「電力自由化 新プラン乱立 どれがお得?ネットで検討」(東京新聞1月16日付)、「電気料金プラン 比較サイト次々 割引・ポイントを一覧」(朝日新聞1月16日付)といった記事を掲載し始めた。しかし、2013年秋から2年半にわたり東京電力の「原発電気代不払い運動」を続けてきた私にとっては、「どれがお得?」も「割引・ポイント」について、特別に関心を持てない。東電との契約をやめるのは当然としても、いかに原発からの供給電力ではなく、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを中心とした電力会社を選ぶことができるか。つまり、どんな電源から電気を供給する新規電力会社なのか?そのことに眼を向けている。

 

 原発即時全廃を唱えている私の場合、「原発からの電力について、お金を払う必要性ない」と主張。というか、「あまりもばかばかしい」ということで、毎月、「電源開発促進税」110円と「福島原発維持費100円」(と、私が勝手に算定した)の計210円を電気代から差し引き、送電ストップ予告通知が届いたときに210円を改めて支払う、そういった対応をしてきた。実態は「不払い」というより「遅払い」といった対処か。210円を支払わないとしていたことで、最初の送電ストップ予告が来た際、東電の出先機関に出向き、「抗議文」を読み上げている。同じような対応をしていた栃木県内の人たちと「原発電気代不払いネットワーク」も立ち上げていた。その後も原発電気代は払わないということを毎月の振込用紙に書いてきた。そうした面倒なことも、3月いっぱいで終わりになる。

 

 

 「電力の自由化で大切なことは」に戻ると、高橋万見子・経済社説担当も、福島第一原発事故を契機にこう考えるようになったとつづる。「電気を使う側の意思と責任が目に見えて伝わる社会の必要性を考えるようになった。どんな電気を選ぶかで供給側の改革を促す。自由化はそのための道具だ」と。鎌仲監督の「社会を変革する、エネルギーをシフトする、価値がひっくり返る考え方」に比べ、いかにも控えめだ。抽象的で、一歩引いた記事の展開だ。それにしても、高橋万見子記事は、「行間」にだがー、電気会社を選ぶ際、福島第一原発事故の重大さを思い起こして欲しい、といったことを促してはいる。それにしても、「どんな電気を選ぶかで供給側の改革を促す、自由化はそのための道具だ」はー、どうもしっくりこない。

 

 なぜか。大事なポイントである各電力会社の収支構造やそれがもたらす影響度合いなどについて、一言も触れていない、それがあるからだろう。朝日新聞デジタル(2012年5月23日)によると、経産省が全国10電力会社の2010年度まで過去5年間の電力販売による収益を調べたところ、家庭向け電力は販売量の4割しかないのに、利益の7割を占めていることがわかった。東京電力では、家庭向けが利益の91%を占めていた。だから、私たち家庭の多くが東電をやめて、新電力と契約を結べば、当然、東電はそれこそ大打撃をこうむる。

 

 『東京に原発を!』(1981年)などの著者で知られるノンフィクション作家、広瀬隆の最新刊『東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命』(2015年7月 ダイヤモンド社)では、こうした電力会社の収支構造に言及したうえで、家庭の6割以上が安全でクリーンな「新電力」との契約変更を望んでいるとする。そうしてこう指摘する。「新電力の多くは、ガス・通信・自動車業界など日本の一流企業でもある。したがって、電力会社は原発に見切りをつけない限り、膨大な数の顧客を新電力に奪われ、ますます経営が悪化し、自分の首を絞めて最後に窒息するだけである」。

そのうえで広瀬らしい広い視点を提供する。「もともとマンハッタン計画で膨大な収益を求めてスタートした原爆開発と、その落とし子の原子力産業であるから、収益シンジケートの地球規模の鎖の輪の一カ所が切れると、そっくり全部が同時に崩壊するのが経済原理だ」と指摘。その最大の鍵を握っているのが、シンジケートにばくだいな金を注いできた日本だという。そこで今回の「電力自由化」である。それについての広瀬の見方と大手紙の論調とのなんという落差であることか。私たちはその指摘から今回の「電力自由化」が問う重大さを知ることになる。

「『日本の電力自由化』がこの国際的なシンジケートの輪を断ち切れば、いかなる国の原子力協定も、原発輸出計画も、原水爆産業(軍需産業)も、いっせいに経済崩壊する可能性がある」。

広瀬隆がこう強調する電力自由化で、各家庭の「台所」から始まる「雪崩現象」が日本で起きれば、未来の世界が射程に入る魅力的な構図も描けるー。それは冒頭に挙げたドキュメンタリー映画『ミツバチの羽音と地球の回転』、その題名とそっくり重なる視点だ。

2016年3月30日 (水)

5月3日は戦争法廃止へ 宇都宮で「憲法」講演会

  県内46団体で今年2月6日に結成された「戦争法廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク」(戦争法反対栃木県民ネットワーク)が主催する5月3日・憲法記念日の講演会は、「とちぎ健康の森・講堂」で。無料。ぜひ、ご参加ください。
 
 
 ようやくフライヤーができました。1万枚、参院選に向け、ここできちんと「憲法」を改めて学ぶことに。3月25日、全野党と県民ネット、統一候補の8者が県弁護士会館で歴史的な「調印」を果たしました。勝利に向け、その人も会場に駆けつけることでしょう。 

53

2016年3月19日 (土)

20、21日とオープンします  古書店図書室「霧降文庫」

185070

312

 「霧降文庫」(古書店図書室)の宣伝も久しぶりにー。19日(土)は都合により(~?)臨時休業でしたが、20日(日 、21日(祝日)と、オープンいたします。

 
Photo_2



Photo
ようやく春めいてきた霧降高原においでください。「霧降カフェ」は一杯のドリップ珈琲を常にふるまっております。というか、珈琲を飲みながら、世間話のためにやってくる常連もかなり(笑い)。
 
3月は、27日(日)もオープン。ただし、26日(土)は、脱原発全国大集会(IN代々木公園)参加のため、臨時休業です。
 

 「霧降文庫」は、日光市所野1541-2546 0288-25-3348
地図の「砂時計」邸がそうです。気軽にご連絡ください。オープン時間は 13時~日没(午後7時となっているが、まあ、日没がいいでしょう)

2016年3月17日 (木)

薪をストーブ専門店から 自力薪、半年間で空っぽで

  • Img_6368
  •  
  • Img_6364

昨秋からの自力薪がついにカラにー。なので、今冬初めて、薪ストーブ専門店からこっぱ材を調達。2トン車に2立方㍍。約700個ぐらいか?。16200円也でありました。

 

トラックを借りて、走行5キロ当たり1リットルの軽油をタンクへ。12リットル1000円少しでした。昭和61年車なので、それはもう運転が大変なトラックでした。これでだいたいの車は乗りこなせることでしょう(笑い)

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ランキングに参加しております。

2016年3月12日 (土)

3月の「霧降文庫」   19、26日は臨時休業です~。

Photo_2 312Photo 古書店図書室「霧降文庫」の3月のオープンは

●6日(日)のほか、
●12日(土)、
●13日(日)、
●20日(日)、
●21日(祝日)、
●27日(日)です。
 
企画は「あの日から5年 東日本大震災」です。
 
19日(土)は、「日光市民連合」結成総会・記念講演会参加で休業、
26日(土)は、「原発のない未来へ!全国大集会」参加で休業です。

2016年3月11日 (金)

既存の仕組みに対する深い疑いを  「3・11:に会報27号

Img_6324

既存の仕組みに対する深い疑いを           

「さよなら原発!日光の会」  代表・富岡洋一郎
東日本大震災と福島第一原発事故から5年目の「3・11」、再稼動の動きが大きくなろうとしていたところ、3月9日、ビックなニュースが飛び込んできました。大津地裁は高浜原発3、4号機(福井県、4号機は運転トラブルで緊急停止中)をめぐり、福井県に隣接する滋賀県の住民29人の訴えを認め、2基の運転を差し止める仮処分決定を出しました。
  稼動中の原発を直ちに停止させる司法判断は初めて。東京電力福島第1原発事故後、原発の再稼働や運転を禁じた司法判断は3例目だが、うち原子力規制委員会の新規制基準への適合性審査に合格して既に再稼働した原発に対するケースも初めて。私たち「さよなら原発!日光の会」にとって、大歓迎の画期的な司法の判断です。
 
  朝日新聞の10日の「社説」は、今回の決定について、 「なし崩しの再稼動に対する国民の不安に沿ったものである」と、私たちと同じく歓迎。そのうえで、「安倍政権は、原発事故がもたらした社会の変化に真摯に向き合い、エネルギー政策の大きな転換へと動くべきである」と促しています。さらに今回の決定は、事故を振り返り、環境破壊は国を超える可能性さえあるとし、「単に発電の効率性をもって、莫大な災禍とひきかえにすべきだとは言い難い」と述べたことを取り上げています。そのうえで決定は事故原因の究明について関電や規制委の姿勢は不充分と批判し、規制委の許可がただちに社会の安全の基礎となるとは考えられないと断じたとしています。「新たな価値基準を満たしたとしても、それだけで原発の安全性が確認されるわけではない。その司法判断の意味は重い」と、高く評価しています。
 
  私たち「さよなら原発!日光の会」が2012年初夏に正式に発足してから4年目、この間、政権交代による今の安倍政権は脱原発が多勢である世論を切り捨て、再稼動を強行し、私たち市民の主張とは真逆の原発維持政策を進めています。原発事故による被害の大きさは日々のニュースで私たちは承知しておりますが、5年になるというのに、今も9万9000人にのぼる福島の県民が県内外に避難しており、原発関連死は1368人に達しているといいます。 放射能による甲状腺まずがんなど子供たちの健康へ絵影響に対する不安は消えません。核のゴミについては処理の方法も場所も決まってはおりません。放射能は「10万年」も消えないため、なによりも未来の私たちを脅かし、もともと倫理の根源からも許されない代物なのだ、ということが広く知られるようになりました。
 ひところ、声高に叫ばれたのは原発の経済性と供給力でした。そのうち経済性、は環境経済学者、大島堅一さんなどの研究でその優位性が崩れたことが判明しました。さまざまな被災者に対する損害賠償、除染と中間貯蔵、廃炉と汚染水処理などで膨大な費用がかかっており、経済性はむしろ後退しました。 供給力については、「原発が動かないと経済が大混乱する」などと、声高に言われておりました。ところが、原発ゼロでも、原発が一基も稼動しなくても、社会は回るー。これまで原発ゼロ2年1カ月を私たちみんなが体験しています。今では、計画停電が行われていた2011年当時の「電力の調達をどうする!」といった声がいつも間に消えてしまいました。
  にもかかわらず、短期の利潤獲得を大きな動機としても、川内原発(鹿児島)を2015年8月から再稼動させました。いわば、福島の原発事故がなかったかのようにふるまう政府と各電力会社に対する不信は今や、いやがうえにも高まっています。そんな私たちの思いを代弁するかのように原発維持政策に批判的な論陣を張る東京新聞は3月8日の社説「命の安全第一に 3・11から5年」で、わかりやすく脱原発の必要性を強調しています。
 
  この社説では、被災者らが中心となって東電元幹部を強制起訴へと持ち込んだのはつい先日だとしたうえで、以下のように伝えています。 「原発再稼動は進むけれど、どこかに黒い雲のようなものがかかったままのようなのです。本当は進めてはいけない。原発はやはり危険だと考える人が世論調査などで過半を占めるのは当然なのではないでしょうか」、 「5年前の評論では、なぜ原発に頼らないかは、人の命と安全は経済性に優先するからだと記しました。人間を大切にすることが、私たちの従来の主張だから、と。裁判用語では人格権の尊重であり、社会用語では倫理ということになるでしょう」。 
 倫理といえば、作家、池澤夏樹さんが朝日新聞「文芸・批評」欄の連載「終わりと始まり」(3月1日夕刊)の「東電の責任と倫理観 原発崩壊は天災でない」で、その大事さ示しています。そのエッセイでは、「株主への配当のためならば、法人は何をやってもいいわけではない」として、以下のように厳しく東電を追及しています。
 
 
  「国の暴走を憲法が縛るように。企業の倫理逸脱も制限されなければならない。東電はあの日以来ずっと嘘とごまかしを重ねてきた。5年後の今ごろになって、炉心溶融を定義するマニュアルがあったことを白状した。津波の日の3日後に事故の正確な規模を公表すべきだったのに2カ月後先まで引き延ばした。正しい情報があればこの間にできたことは少なくなかっただろう。原発という危険な施設を運転する資格と能力はこの会社にはない。他の電力会社にもない」
 
 私もまた、「3・11」から5年にあたり、「原発という危険な施設を運転する資格と能力は東電にも、他の電力会社にもない」、そう強調します。あえて生き残っている東電を市民、国民がどうとらえているかー。4月1日から、環境に優しいで電力かどうかなどで各家庭が自由に電力会社を選べるようになる「電力自由化」、その契約状況がその姿を示すことだろうと思っています。そうした原発事故や東電に対する態度でも、再稼動でも、さらに電力自由化でも、私たちはそれぞれに判断しているわけですが、法政大総長・田中優子さんが「『文明災害』自分で考える」(朝日新聞3月1日 東日本大震災5年 私たちは変わったのか➀)で、その判断力について、印象深い文章を書いています。
 
「あれから5年、私たちは誰かや何かに任せておけば、うまくいくわけではないということを知りました。既存の仕組みに対するかなり深い疑いを内面に抱えるようになり、それゆえ自分なりに考えなくてはならないということにも気がつきました」。
 
この「さよなら原発!日光の会」が、今も活動を継続しているのも、この延長線上にあることに気がつきます(了)
  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ランキングに参加しております。

2016年3月 5日 (土)

あの日から5年 東日本大震災  「霧降文庫」でスタート

       
 本日5日(土)から古書店図書室「霧降文庫」で、3月企画「あの日から5年、東日本大震災」がスタートしました。2月いっぱい、冬季休業していたので、オープンするのは1カ月ぶりです。
 
 佐々木中らが論じる「思想としての3・11」、あるいは鷲田清一と赤坂憲雄が語る「東北の震災の想像力」、詩集「ガレキのことばで語れ」、辺見庸の「眼の海」や「瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ」など。
 
 そうそう大事な詩論もありました。京都の詩人、河津聖恵さんの「3・11」を論じた最新刊の「パルレシア 震災以降、詩とは何か」、私が感心して読んだ「8・15と3・11ー戦後史の死角」(笠井潔)もあります。
 
 4日、日光市の本屋さんに出掛け、「東日本大震災のコーナーは?」と、店員さんに聴いたところ、「?」マークの表情に。「あとう1週間で3・11から5年、東日本大震災関連の最新本が欲しいのだが」、そう話した。
 
 というのは、広い店内を歩いても、「東日本大震災関連本」がどうにも見当たらないー。それで聴いたのだが、売り場でチェックを終えた店員さんは申し訳なさそうに「あいにくですが、文庫本に少々ありますが、単行本はほとんど見当たりません」。
 
 震災から半年、1年は、それこそ沢山の震災本が積み上げられていたが、あれから5年ー。街の大きな本屋さんでも関心を失っているというか、その手の震災関連本を前面に出す発想に欠けているようなのだ。
 
 5年という月日はそれくらい、いわゆる世間の耳目が別の方向へ。大災害の、膨大な死者の、風化ー、それを思わせる小さなエピソードのひとつだろう。<それだけに「霧降文庫>による「あの日から5年 東日本大震災」の企画はぜひともやらねばならない>。そう改めて思ったのでした。

 
 そろえたのは約70冊。土、日、祝日の午後1時~日没。☎0288-25-3348 日光市所野1541-2546です。お気軽にお越しください。
  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ランキングに参加しております。
 
Img_6264

Img_6267

 
Img_6268

2016年3月 3日 (木)

「霧降文庫」を再開します 冬眠から覚め、5日(土)から

Photo_5
Photo_4
Photo_3

Photo 春の陽気に冬眠から覚め、1カ月ぶりに「霧降文庫」を再開へ。5日(土)、6日(日)とスタートします。5年目の「3・11」まであと1週間。もちろん企画は「あの日から5年、東日本大震災」。春の陽気に誘われて訪れてみてください。私はクロスバイクで汗をかきながら、霧降文庫の珈琲のサービスも~。

                                                              
「霧降文庫」は午後1時~日没。321-1421 
日光市所野1541-2546 砂時計邸とも言います。

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ランキングに参加しております。

2016年3月 2日 (水)

twitter「戦争法反対栃木県民ネット」  3月1日からスタート

Img_1872 Img_6116

戦争法反対栃木県民ネット

@nowartochigii21

「戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク」の「公式」TWITTERです。2016年2月6日、戦争法に反対する栃木県内の36の市民団体で結成されました。戦争法廃止を求める「全国2千万人書名」を実現させる街頭署名活動、さらに集会・講演会・デモなども積極的に。   

 

ツイート

  1. 19日(土)に結成総会を開く「戦争させない総がかり日光市民連合」はその前日の18日(金)14時から1時間半、日光市今市の小倉町交差点で「戦争法廃止全国2000万人書名」の街頭署名活動を行います。ぜひ、ご一緒に街頭署名活動を。

  2. 「戦争させない総がかり日光市民連合」(市内11団体で結成)は、3月19日、日光総合会館大会議室で結成総会を開催します。午後2時から結成総会、午後3時から記念講演会 「戦争法廃止と立憲主義を求める栃木県民ネットワーク」共同代表の弁護士・太田うるおうさんが講演します。無料。参加歓迎

  3. 平和の谺(こだま)鹿沼100人委員会。鹿沼9条の会との行動行動ー半田滋さんの講演会を行います 3月6日(日)午後2時30分より 場所 鹿沼市情報センターマルチメディアホール 内容 講演「日本は戦争をするのか-集団的自衛権と自衛隊」    講師 東京新聞論説兼編集委員 半田滋氏

  4. 「小林節・講演の集い(仮称)」 4 月 23 日(土)午後 7 時~  栃木市文化会館小ホール(約 400 席)   戦争法廃止を求める2000万署名を集め、野党共闘を実現させようと活動している労働者、青年を中心に、実行委員会を結成しようと準備を進めています。

  5. 平和の谺(こだま)鹿沼100人委員会。鹿沼9条の会との行動行動で。、半田滋さん講演会を行います、ご参加を。3月6日(日)午後2時半~場所 鹿沼市情報センターマルチメディアホール 講演「日本は戦争をするのか-集団的自衛権と自衛隊」    講師 東京新聞論説兼編集委員 半田滋氏

  6. ようやく確認メールを確認し、最初のツイートをします。これからプロフィールなどを伝え、みんなで拡散できるようにー。3月1日スタートが目標でした。これからよろしくお願いします  

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30