無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 川内原発運転停止と伊方原発再稼動中止を 「日光の会」が声明 | トップページ | 山桜から山ツツジの世界へ 霧降高原「霧降文庫」かいわい »

2016年5月 1日 (日)

ソーシャルメディアの革命性とはー「詩と思想」5月号 黒川純

Img_7182

   その一歩の背中を押す踏み台

ソーシャルメディアの革命性とはー

            黒川純

 337、1290、9251、3385・・・・。この数字、何かと思うでしょうか。実は、私、黒川純のSMS(ソーシャルメディアサービス)の2016年2月中旬のそれぞれのサービスの「ともだち」であったり、「訪問者」であったり、あるいは「投稿」の数だ。337は、FACEBOOKで互いに認証しあっている「ともだち」が337人、TWITTERで私の投稿を受ける人・「フォロアー」が1290人、そのTWITTERに私が投稿した記事が9251本、BLOG「霧降文庫」の1月の月間訪問者の実数が3385人。という意味合いだ。

最初に始めたのは、BLOGで、2010年6月から。「3・11」の10ケ月前だ。「3・11」から3週間後、岩手県の災害支援に出掛けた際、「あと3人の手が欲しい」「軽トラをもう一台」といった呼び掛けがTWITTERで行われていた。その現場からトンボ返りした2011年4月にTWITTERを始め、さらに2年後、FACEBOOKも始めた。このSMSに加え、「脱原発団体」や「反戦争法」や「半貧困ネット」といった市民団体のML(メーリングリスト)が5つあり、このネット間を往復する日々が続いている。

もともとはアナログ派を自認していた。というか、メール時代からそれほど積極的に関わってもいなかった。だが、「3・11」以後、必要に迫られて始めたSMSで、デジタル派だと思われるようになってしまったようなのだ。本人の意思、思惑を超えて、今では、こうした市民団体の複数のSMS担当をおおせつかっているところだ。さて、その私にとって、今では毎日着替える衣服のような存在になっている。

 

 2011年のチェニジアのジャスミン革命から、またたく間に、エジプト、リビア、バーレンへ。「アラブの春」がこのソーシャルメディアの、SMSが大きな役割を担ったことは繰り返し報道され、記憶にも新しい。なぜ、チェニジアでFACEBOOKに端を発する革命が起きたのか?自身、TWITTERで61万6千人のフオロワーを持つ津田大介は『動員の革命―ソーシャルメディアは何を変えたのか』(2012年4月10日初版、中公新書ラクレ)で、実はアフリカで一番IT化が進んでいるのが、チュニジアだったと言っている。その実情を含めた指摘は私にとって初耳だった。 おっと~、問題はその革命の構造を伝えることではなく、この『動員の革命』の指摘、視点を私のSMS体験を重ねながら、提示したいことにある。「はじめに」で、彼、津田大介は以下のように結論を先取りしている。

 

 わたしたちを取り巻く情報環境は、ここ数年のソーシャルメディアの台頭によって大きく変わりました。その本質は「だれでも情報を発信できるようになった」という、陳腐なメディア論で言われがちなことではなく、『ソーシャルメディアがリアル(現実の空間・場所)を《拡張》したことで、かつてない勢いで人を『動員』できるようになった』というところにあるのです。ネットを通じて短期間に人が動員されるとどのような社会変革が起きるのかー。

 

 問題意識ははっきりしている。この延長で最も魅力的な見方は以下にある。

 

 ソーシャルメディアというのは、実は人が行動する際に、モチベーションを与えてくれるもの――言い換えると、背中を押してくれるメディアとして機能しているのです。「この人が言うことなら信頼できる」という行動するための判断材料がつまびらかにされるので、自分でもできることを協力しようと思える。それは東日本大震災でも大きな力を発揮しました(略)とにかく人を集めるのに長けたツールです。人を集めて行動させる。まさにデモに代表されるように、人が集まることで圧力となり、社会が変わります。そのソーシャルメディアの革命性が最大限発揮されたのが「アラブの春」でした。

 

 キイワードは「動員」。そのSMSによる典型的な事例が2011年秋、日光市のJR日光駅舎を会場に私などが実行委形式で企画した京都の詩人・河津聖恵さんの詩の講演会と朗読会がある。演題は「ひとりびとりの死者へ」へ、「ひとりびとりの生者」から。「3・11」以後、たまたまTWITTERで偶然知り合った河津さんと意気投合。日光で詩のイベントを行うことを決めた。このとき、私のBLOGでは「河津聖恵の世界」と題して24回にわたって、彼女の詩の世界を紹介。前売券1200円、当日券1500円のイベントを成功させようとした。結果はー。参加者70人ほど。「日光詩人クラブ」があるわけでもない、小さな地方都市で、こうしたイベントの「動員」がよく成立したと思う。

 

 最近で言えば、国会前や日比谷公園などである戦争法反対抗議や脱原発の集会・デモについて、仲間に情報連絡する際は、もっぱらFACEBOOKの「公開イベント招待」を使っている。これなどは「動員」はもちろんだが、それ以前に「情報の共有」、「知恵の交換」といった意味合いもある。〈世の中はこんなふうに訴えているよ、こんな形で行動を起こしているよ〉、そんなことを伝えようという思いも込めて。

 最近の例では、今春2月27日(土)、日光市市民活動支援センターを会場に開いた「小規模自家発電ワークショップ」がある。ソーラー発電システムを自分で組み立てようという自主講座だ。主催は「さよなら原発!日光の会」。FACEBOOKMLなどで呼び掛けたところ、定員25人のところ、希望者が次々と。30人を超えてしまったので、募集をストップしたほど。これなどは「動員」をかける一方、「情報の共有」と「知恵の交換」を狙った典型例だ。ただし、ソーシャルメディアに慣れている人ばかりではないので、応募の手段は、SMSが半数、電話や会議などで「参加するよ」といった以前の手段がた半数という実態だ。

 

 「動員」といえば、デモや集会もそうだが、やはり選挙だろう。たけなわの米大統領選では、民主党のバーニー・サンダース上院議員(74)の思わぬ躍進が大きく報道されてきた。東京新聞の「米大統領予備選(下) 証言者 サンダース支持の大学生」(2月24日付)では、これまで話題にしてきたSMSについて、こんな結びの記事になっている。

 「サンダースが若者に愛される理由の一つは、インターネットのソーシャルメディア候補だから。つまり、サンダースが掲げた『人種、差別、収入の平等』という、若者が一番関心のある政策とネットがうまくかみ合って広がっていると思うんだ。僕自身、サンダースの政策はネットで知った」

 ここでは「動員」を象徴に、「情報の共有」、「知恵の交換」といった原理が働いているー、そのことを示したリアルタイムの情況がある。

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております。

« 川内原発運転停止と伊方原発再稼動中止を 「日光の会」が声明 | トップページ | 山桜から山ツツジの世界へ 霧降高原「霧降文庫」かいわい »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/65265301

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルメディアの革命性とはー「詩と思想」5月号 黒川純:

« 川内原発運転停止と伊方原発再稼動中止を 「日光の会」が声明 | トップページ | 山桜から山ツツジの世界へ 霧降高原「霧降文庫」かいわい »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30