無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 院内生活の「反動」で?一日一冊ー  「えっ?」と3週間で新刊本20冊~ | トップページ | 高野悦子へのソネット・・・・   磯山オサムの詩 »

2016年8月14日 (日)

新しいプロレタリア文学  不思議な魅力の「コンビニ人間」

評判通りに一気に読ませる芥川賞。「新種のプロレタリア文学」と、位置づけるところが、東京新聞「本音のコラム」で知られる斎藤美奈子のすごいところ(この書評は確か、最近の朝日新聞だが)ー。いわゆる「労働疎外」論なぞ、なんのその~。終始、マルクスの向こうの世界へ。「あちら側」と「こちら側」、常識と非常識の展開は、どこかで身に覚えがあるのだが、高笑いしつつ、胸騒ぎを覚えながら、読み進めていくと、自分の立っている処がときおりだが、ぐらぐらと揺れてくるー。これがこの本の不思議な魅力だろうかー。

■常識のあやしさ、「水槽」越しに 24時間営業。年中無休。コンビニエンスストアは現代日本に欠かせないインフラだ。でもね、本書の語り手・古倉恵子の
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しておりますコンビニ依存度は並みではない。なぜって彼女は、コンビニと
BOOK.ASAHI.COM

« 院内生活の「反動」で?一日一冊ー  「えっ?」と3週間で新刊本20冊~ | トップページ | 高野悦子へのソネット・・・・   磯山オサムの詩 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/67002739

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいプロレタリア文学  不思議な魅力の「コンビニ人間」:

« 院内生活の「反動」で?一日一冊ー  「えっ?」と3週間で新刊本20冊~ | トップページ | 高野悦子へのソネット・・・・   磯山オサムの詩 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31