無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 高野悦子へのソネット・・・・   磯山オサムの詩 | トップページ | 47年前、高野悦子は・・・・ 京と(3) 高橋一男+ゴン太 »

2016年8月16日 (火)

天候を横目にデッキ補修作業   「霧降文庫」のあちこちー。

Img_8868
  雨が降りそうな天候だが、16日(火)は、デッキの補修作業にあたったのであった。15日(月)もやっていたのだが、途中で、降雨となり、試合中止、ではなく、作業中止ー。その続きだが、場所は、デッキの角。ノコギり作業がそれなりにあったのですー。
Img_8869
 作業は、ごらんのとおり、この日は3枚を張るだけ。とはいえ、長さをそろえるための、ノミ。位置を決めるためのバールなども「活躍」の場面です。遠くにノコギりがあるが、当然、長さを決めるために曲尺(この人は線引き)と鉛筆(この日はボールペン)も必要です。
 Img_8871
  デッキ補修作業の主役となるのが、「インパクト」。動力は小さな蓄電池(コンセントから蓄電するが、30分から1時間で電池切れに)。これで板材を回転式に打ち付ける。「ドドドッー」というそれなりの音がするので、遠くからでも、「あっ、インパクトで作業しているな」ということがわかる。ネダンはホーむセンターで、1万円前後か?。
 Img_8867
  仕上がりはこの通り。確か5年前に備えたデッキ(40畳あり、それを7回の工事を重ねて完成へ)。第3期の拡張の際のデッキが対象。その角なので、ノミも使う小さな大工仕事も加わっての補修作業です。「使用前」は、苔もかなり積もっていたが、ほら、この通りー。でも、このデッキ補修作業、まだまだ続くのです。それが終われば、防腐剤を全面に塗る仕事もあります(笑い)-。
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

 

« 高野悦子へのソネット・・・・   磯山オサムの詩 | トップページ | 47年前、高野悦子は・・・・ 京と(3) 高橋一男+ゴン太 »

田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天候を横目にデッキ補修作業   「霧降文庫」のあちこちー。:

« 高野悦子へのソネット・・・・   磯山オサムの詩 | トップページ | 47年前、高野悦子は・・・・ 京と(3) 高橋一男+ゴン太 »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30