無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

「オリオン☆一箱古本市」に参加へ  「霧降文庫」も11月6日(日)に

Photo 今年は早くも参加を申し込みました。2日目の6日(日)の1日のみですが。昨年は、忘れてしまったので、早めに。宇都宮のオリオン通りに数十店の古書店がずらりと。古書ファンには、愉しい時間となります。ぜひ「オリオン☆一箱古本市2016」へ、いらっしゃい。「霧降文庫」も、もともと日光、宇都宮、栃木、鹿沼など各地の一箱古本市に参加する中で、霧降高原でも。いわば、「原点」なのですー

「オリオン☆一箱古本市」開催&出店者募集 今年もやります!出店希望の方は
下記の通り受付いたします。 内容は例年通り変わりございません!よろしく...
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております
 
ORIONHTHK.EXBLOG.JP|作成: ORION_HITOHAKO

2016年9月29日 (木)

「霧降文庫」がメジャーデビュー? 「読書の秋」で朝日新聞に初登場

Img_9430

  「読書の秋」ということで、「霧降文庫」が、朝日新聞に登場しました。28日付の栃木版2面に。写真付きで。場面は、22日に開いた「第三回霧降ミニマルシェ」の投げ銭ライブの模様。
 
Photo  朝日新聞記者が、取材に来たが、翌日の23日に掲載されていなかったので、いわゆる「ボツ」記事になったのだと思っておりました。たまたま28日は夜にもう一度、紙面をチェックしていたら、栃木版2面に。「紹介記事」程度ですが、記事になるのは、たいしたものです。署名記事ですし。

Photo_2  
 
 イベントを共催した宇都宮の「風花野文庫」の特色をとらえた本選びも含めて、記事に。「霧降文庫」は、オープンが金、土、日(正午~日没)であることも紹介してもらえました。さて、この小さな記事を読んで、「読書の秋」、霧降高原を訪ねてもらえたら、いいのですがー(笑)-。

 

Photo_3
住所は、日光市所野1541-2546 問い合わせは、0288-25ー3348。ナビを入れれば、一発で着きます。迷う人が続出なので、地図も(「砂時計邸が霧降文庫です)。9月、10月の企画は「今、『昭和史』へ!」。昭和にまつわる厳選120冊を用意。でも、なかなかこちらに眼を向けてくれる古書ファンは少ないのが、現状ですがーー。

 
Img_9107
 
 

人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております
 

2016年9月25日 (日)

ベランダ補修は日常茶飯事?   霧降高原「霧降文庫」

Img_9414  25日の霧降高原は、久しぶりの晴れ。青い空を見たのは、何日ぶりだろうか?。もう半月も見ていないかも。晴れた秋空に恋しい。と思えるほど、梅雨空が続いていたのだーー。。青空、仕事、ベランダ、補修、「そうだ!、22日の『霧降ミニマルシェ』で、ベランダを踏み外した人がいた」。



 
Img_9422  めりめりと外してみると、簡単に。それほど、傷んでいた。ベランダの板材はもう7年もそのまま。そろそろ老朽化の時間になってきたかもー。とくに傷んだところは、雨や雪に襲われていたところ。ともあれ、一枚を外すことに。インパクトをバールが力になる。
 
Img_9423 傷んだ一枚のその先に、ねじ回しで、叩いてみると、それもすぐにへこんでしまうー。それならと、その一枚も外すことに。インパクトが大活躍。ほどんどバールは使わずに、外すことに成功。霧降高原暮らしにベランダ補修は、日常茶飯事といった思いが。一服する間もなく、小雨が来ないうちに補修へ。
 
Img_9425 最初に外したところに合う板材がなく、2枚で。半端な板材も活用し、以上のように。曲尺と鉛筆、ハンマーとねじ回し、インパクトとバール・・・・意外と、道具を使っている。そうそう、これにノコギりも。数が多いときは、丸ノコを使うのだが、この日は、数枚だったので、丸ノコの登場はありませんでした。

                                                       Img_9429_2 インパクトが大活躍なのだが、内臓の電池は、20分ほどで、終わってしまう。というか、力がいる板材だと、もう少し下かも。一度、電池を入れてから、再び作業開始。くろうとなら、インパクトは2台が必要かもしれない。それに手入れが行き届いたノコギりも。仕上げは、ごらんのとおり、「完璧」です(笑)。全部で1時間半ぐらいに作業でしたー。
 
 
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月24日 (土)

もう一度、日本の「かたち」を 「たのべさんと未来を語ろう」

 

Img_9395 主催した「日光市民連合」(戦争させない総がかり日光市民連合)の共同代表である、平木ちさこ・栃木県議が、facebookで、当日の模様をきちんとアップしてくれたので、それをそのまま転載させてもらいますー。



9月23日(金)

・たのべさんと未来を語ろう!in日光
戦争させない総がかり日光市民連合が主催。

まずは現状認識から。

日本国憲法とは人類標準=世界標準、すなわち
人類が積み上げてきた智慧を元に国の基本の形を
決めてきたものである。

そこには五つのエッセンスがある。

一つは、立憲主義、法治国家、民主主義、国民主権。
それらが、今、揺らいでいる

二つは、平和主義(9条)
軍事費にお金をかけず、
人々の生活のためにお金をかけてきた。

自分から手を上げることをしないことを選んできた。
が、今は集団的自衛権の行使で海外への派兵も

行なおうとしている。

三つは、25条の国民の文化的生活が失われている。

もう一度、格差のない1億総中流と言われた時代に戻さねば。

格差は経済が作ったものではない。
政治と制度が作り出してきたものだ。

かつて、地主制度が崩され小作が豊かになった。

そして小作が車や冷蔵庫を買えるようになり、
メーカーが
儲かって、日本経済が発展して来た。

つまり、一部の人だけが儲かっても彼らはもう既に
買うもの、欲しいものがない。

だから株式に投資する。
多くの人が豊かにならないと経済は発展しない。

四つは、職人の国、日本のものづくりをする人たちが
非正規雇用として拡大されている。

今は人が基準ではなくて利益が基準になっている。
働く人をもっと大切にせねばダメだ。

五つは、基本的人権、思想信条の自由、報道の自由
これらが侵されている。

これらの基本的なこと次々に崩されはじめている。
政治によって変えられて来ている。

本来の日本の国のかたちは何か!?

もう一度、本来の日本のかたちを取り戻そう!

他にも、選挙の総括や、いかに社会を動かして行くのか、
野党が選ばれない事情、などの熱い討論がされた。

自分は何を為すべきか、それぞれがそれぞれの胸に
問い返す、そんな機会となった。

久々にゆかり夫人も見えて、みんなで再会を喜んだ。
とても良い集会だった。

   
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております


2016年9月23日 (金)

 延べ30人以上がフェスに  「第三回霧降ミニマルシェ」

雨の中の「第三回霧降ミニマルシェ」(「霧降文庫」「風花野文庫」の共催、於・日光霧降高原)の「名場面集」をアップします。当日の22日(木)は、最初から最後まで降雨の悪条件でしたが、延べ30人以上の方に参加していただきました。


Img_9347
 

昨年の50人に比べ、やや少なかったのですが、充実した時間配分で半日を楽しめました。今年は、新顔さんと「霧降自治会」事務局長など、ご近所の方が次々と訪ねてくれたところが、特徴です。来年の第四回は、「好天の季節」に開催したいと思っています。乞うご期待ー。
そこで一句
                                                                                    
雨の森 霧降に降る 音色かな 

Img_9343                                              
Img_9315                                            
Img_9328                                              

Img_9334                                              

Img_9298                                              
Img_9302                                              

Img_9318                                             
   
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月21日 (水)

「霧降ウクレレ倶楽部」も参加  22日の「第三回霧降ミニマルシェ」


Photo_2 22日(秋分の日)、第三回霧降ミニマルシェ開催

(日光市所野1541-2546 0288-25ー3348 「霧降文庫」で)

 

飛び入りで、地元から、「霧降ウクレレ倶楽部」の人たちとハワイアンダンサーの先生のコラボが展開されそうですー。Img_9268

 


     

 

午前11時間オープンですが、投げ銭ライブは昼から、始まります。会場は、雨が降っていなければ、ウッドデッキで、降雨の場合は、図書室に切り替えます。投げ銭包み紙をたくさん用意しておきます。

 

★正午前 「霧降ウクレレ倶楽部」とハワイアンダンサーの先生のコラボ

★零時半 「アルパ笛の会」
★13時半 桜井昌枝とエアーな仲間たち・声楽家とピアニストのミニコンサート
★14時半 ギター音楽家・じょうきょう?(これは未定です)★・・・・
 

人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月20日 (火)

22日は11時オープンです  「霧降ミニマルシェ」が人気ブログに

Img_9268 人気ブログ「ふぃふぁ山荘」をそのままアップしますー。
http://fifabakutyouou.cocolog-nifty.com/nikkousannsou/2016/09/3922-13d2.html
Img_9269_2

   
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月18日 (日)

廃止を訴え、宇都宮を歩く  戦争法強行採決から1年

 9月19日は、戦争法強行採決から1年、国会前や全国各地で、抗議の声が轟くことになるだろう。栃木県でも、「栃木県民ネット」(戦争法の廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク、51団体)が、午後2時から宇都宮の東武デパートオリオン通り側に集まり、スタンディングアピールの抗議行動を行う。  
 
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております
 

 当日は、繁華街を歩き、シンボリ道路交差点や二荒山南側通り交差点など3カ所で、次々とアピール。「栃木県民ネット」や「日光市民連合」など各団体の、のぼり旗を掲げ、戦争法廃止を訴えるチラシ(1000枚用意)を配りながら、抗議のアピールも呼びかける。名称は「9・19 ヒューマン・チェーン」としている。

Photo

 当日、アピールする候補は以下の通り。ようするに、戦争法は、いらないよーということ。さらに沖縄の新基地などもいらないよーと。声高に。国会周辺にも大きな抗議の輪が広がることでしょうー。


 戦争法廃止!、②戦争法はいらない!、③戦争法は憲法違反!、④自衛隊を戦場に送るな!

⑤ 自衛隊に戦争させるな!、⑥9条守れ!9条壊すな! ⑧くらしを守れ ⑨子どもを守れ ⑩憲法守れ

⑪ 沖縄高江のヘリパット反対! ⑫辺野古の新基地反対! 

2016年9月17日 (土)

45分も歩いて「霧降文庫」へ  東武日光駅からてくてくとー。

Img_9039

 
 「霧降文庫」は、18日(日)もオープンしています。正午~日没。17日(土)は、東武日光駅から、歩いて、霧降高原の山道を。約45分とか。女性ですが、健脚ですね。我が家から100㍍のところで、☎。「霧降文庫は近くでしょうか?」と。なので、「はい、霧降文庫です。その先の少し奥まったペンション・ポコ・ア。ポコ、あるいはマーミンハウスにぶつかったら、左の山道へ。その先5軒目のパジェロがある家です」と伝えました。東武日光駅から「霧降文庫」まで、片道約3・5㌔。車だと数分なのですが、ずっと山道なので、歩くと、けっこうかかるのです。


Img_8998  それから10分後ぐらいには、彼女が「霧降文庫」へ。「那須・日光」の冊子の紹介を読んで、訪ねてきたという。初めての人です。この「霧降文庫」は、マニア?でないと、なかなか、たどり着けないのですが、よほど本好きな方なのですねー。「大変だったでしょう?」と、聴くと、「空気がきれいで、すがすがしい道のりでした」と。いやはや、お元気な方です。よもやま話しをしているうちに、9月22日の「第三回霧降ミニマルシェ」に参加するSさんが用事で訪ねてきました。それもあり、帰りは、そのSさんが日光駅まで送っていくことに。帰りも途中まで歩いていこうとしていたようでしたから、「よかったー」と。

Photo_2
  19日(月)は、祝日ですが、臨時休業です。この日は、1年前に戦争法を強行採決させたその日。全国で抗議行動があるが、この栃木県でも。宇都宮では「戦争法廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク」(51団体)が、抗議行動を行う。その加盟団体である「日光市民連合」も参加へ。私もその一人として、抗議行動するためですー。

   
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月16日 (金)

菅谷昭・松本市長が日光市へ  「さよなら原発!日光の会」記念講演で。

Photo


 チェルノブイリ原発事故による小児甲状腺がん治療にあたってきた菅谷昭(すげのやあきら)松本市長が、日光へ。12月10日(土)、「さよなら原発!日光の会」第5回総会記念講演で。(仮題)「原発事故と放射能と甲状腺」ー。きょう16日夕、松本市から講演要請受諾の連絡が入ってきました。同日夜の会議で、正式要請を決めました。さっそく、松本市に詳細の詰めへ。講演は「公務」で行うため、講師代はなしということです。日光市と日光市教育委員会の「後援」をいただくことにします。今回の講演を応援し、ぜひ参加してくださいねー。

(以下は、「ウイキペディア」からの菅谷昭さんの「プロフィール」です。

長野県更埴市(現:千曲市)生まれ。信州大学医学部卒業。聖路加国際病院での研修を経て、信州大学医学部第二外科学教室に入局。1976年、トロント大学に留学して甲状腺疾患の基礎研究を学ぶ。1991年から、松本市のNGOによるチェルノブイリ原子力発電所事故の医療支援活動に参加する。1993年、信州大学助教授に就任。
1996年から、ベラルーシ共和国の首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて、小児甲状腺癌の外科治療を中心に医療支援活動に従事した。1999年、チェルノブイリ原発事故により高度に汚染されたゴメリ州の州立がんセンターで医療支援活動にあたる。2001年に日本に帰国し、長野県衛生部医監に就任。同年、吉川英治文化賞受賞。翌2002年、長野県衛生部長に就任。
2004年、松本市長選挙に日本共産党の支援を受けて出馬。現職の有賀正松本市長らを破り、初当選を果たした。2008年に再選。
2012年3月の松本市長選挙では、現職の菅谷以外に立候補を届け出た人物がいなかったため、無投票で3選を果たす。過去の松本市長選挙における無投票当選の例は、1976年3月の和合正治の初当選以来、36年ぶりの出来事であった。
2016年3月13日に投開票された松本市長選では、無所属現職の菅谷が医療・福祉や子育て支援などの充実を柱とする「健康寿命延伸都市・松本」施策の継続、前進などを訴え、民主党のほか共産、社民各党がそれぞれ加わる市民団体、連合長野松本広域協議会、市内の業界団体などの支援を受け、自民党・公明党の自主投票で、無所属新人で元NHK解説委員の臥雲義尚、団体役員の鈴木満雄を破り、4選を果たした[1]。
人物[編集]
2006年の長野県知事選挙に際しては、田中康夫知事の再選阻止に動く鷲澤正一長野市長らから再三にわたり知事選への出馬を要請されたが、菅谷はこれを固辞した。結局、鷲澤ら反田中知事勢力は元内閣府特命大臣(防災担当)及び国家公安委員会委員長の村井仁を擁立し、田中は村井に敗れた。
チェルノブイリ原子力発電所事故の放射能汚染により甲状腺癌患者が急増していたベラルーシで医療活動を行った経験を有し、菅谷の活動はNHKのプロジェクトXでも紹介された。
ベラルーシの隣国ポーランドで小児甲状腺癌患者が少ない点について、ポーランドの素早い対応を理由に挙げている[2]。
著書[編集]
真っ当な生き方のススメ
チェルノブイリいのちの記録
ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間
チェルノブイリ診療記
子どもたちを放射能から守るために
新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示


  
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月15日 (木)

金、土、日とオープンしてます。 古書店図書室「霧降文庫」

Img_9107お知らせ 古書店図書室「霧降文庫」(日光霧降高原、日光市所野1541-2546 0288-25-3348)の今週は、3日間、連続でオープンしています。

9月16日(金)、17日(土)、18日(日)

Img_9003

オープン時間は、正午~日没です。「今、昭和史へ!」の企画などをのぞきにきてみてください。古書は約1200冊、貸出用図書は約2000冊(ほかに蔵書が3800冊)。全部で約7000冊です。
Img_9095
  
   そろえている本は、「昭和史」、「昭和史入門」、「昭和史のかたち」、「戦後入門」、「昭和天皇独白録」、「彼女たちの連合赤軍」とか、「唐牛伝」「王道楽土の戦争」などなど、読み応えがある本ばかり。だが、なかなか、「昭和史」に訪れてくれないのが実状ではあります(苦笑い)。
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

Photo_2




Photo_3

2016年9月12日 (月)

人々の認識に劇的な変化が生まれる瞬間 「戦争の日本近現代史」

Img_9164

 

 「この犯罪的な恥ずべき戦争は、これらの大衆にこのようなはてしない犠牲を要求しているのである。専制国ロシアは立憲国日本にすでに打ち破られている(「専制とプロレタリアート」。

 

 誰あろう、日露戦争「1904(明治37)年26日~1905年95日」を論じた、のちにロシア革命を成功させたレーニンその人。この書『戦争の日本近現代史』(講談社現代新書、加藤陽子、2002年3月20日)によると、レーニンの糾弾の矛先は当然のことながら、ロシア政府、彼の言葉でいえば、ツァーリ政府に向けられる。

「他国人が住み、遠く離れた他国の新しい土地を奪うための、破滅的で無意味な戦争に、貧しく飢えた人民を引きずりこんだ」として、レーニンはツァーリ政府を糾弾する。だが、著書加藤陽子さんによると、その後の展開はやや予想を裏切る。

 

 その例のひとつが、「専制国ロシアはすでに立憲国日本に打ち破られている」などのレーニンの発言があげられる。などなどー。日清戦争や日露戦争で、さらに第一次世界大戦、満州事件、太平洋戦争に至る、そのときの政府の、国民の「認識のレベル」をキイワードに各国の駆け引きや社会事情などをテンコ盛りにして好著だ。

 

 いや、好著以上。いわゆる「目からウロコ」となる指摘がいくつもある。とくに日清戦争や日露戦争に関する考察は、それらが。満州事変や太平洋戦争については、新書の限界というか、今少しものたりないが、それにしても、大変な労作。積読本だったが、読んでみたら、「これは大変な本だね」と、一気読みしたのでした。その視点は以下のよう。さらに加藤陽子さんの別の本を読みたいと思っています。

 

 「国民の認識のレベルがある変化が生じていき、戦争を主体的に受けとめるようになっていく瞬間というものが、個々の戦争の過程には、たしかにあったようにみえます」

 

人々の認識に劇的な変化が生まれる瞬間、そして変化を生み出すもととなった深部の力をきちんと描くことは、新しい戦争の萌芽に対する敏感な目や耳を養うことにつながると考えています」

 

  
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月10日 (土)

「たのべさんと未来を語ろう 9月23日(金)日光総合会館

Img_9147

「たのべさんと未来を語ろう」。9月23日(金)18時から、日光総合会館大会議室。20時まで。

 
冒頭、「ワイマール憲法が生んだ独裁の”教訓”」のドキュメンタリー作品(29分)も上映します。今年のJCJ賞・「日本ジャーナリスト会議」賞を受賞した力作です。
PhotoPhoto_2
 
参院選栃木野党統一候補だったたのべたかおさんが、先の参院選を総括したうえ、戦争法、原発、憲法、社会などについて語り、それについてQ&Aで。
Photo_3
 
終わったら、たのべさんを囲んで「懇親会」を予定しています。こちらへの参加もー。「いまいち九条の会」と「日光市民連合」の共催です。(懇親会会場の候補は、旧日光市内の手軽な居酒屋さんですが、最終的には16日の集まりで、決めます)



Img_9148
  
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月 9日 (金)

「昭和」戦争と天皇と三島由紀夫 やはり「2・26事件」が・・・・

Img_9092 「昭和」戦争と天皇と三島由紀夫(保坂正康、2005年12月 朝日新聞社)。保坂さんが4人ど対談しているが、そのうち半藤一利さんとの「昭和の戦争と天皇」が、一番読ませた。やはり私も関心が強い「2・26事件」(昭和11年2月26日)の周辺に興味あることがいくつも。

Img_9002
 
統制派に敗れた「反乱軍」となってしまった皇道派の核となった将校がどのような思いで処刑されたか、あるいは皇道派幹部たちや外交官などがどのように左遷されていたか。あるいは、反乱に参加した下級将校や兵士らは「北一輝」について、どれほど承知していたか?。実際、検察が「ほんとうにお前たちは、北一輝のキの字も知らないのか」と言って驚いたーと。
Img_9039
 
「妻たちの2・26事件」(澤地久枝)も斜め読みだったので、再読しないといけないかも?
Photo  「霧降文庫」は、10日(土)、11日(日)と、やってます。正午~日没。企画「今、昭和史へ!」(昭和史厳選100冊)。ほかに古書1200冊。貸出図書1200冊(+4000冊)
 
日光市所野1541-2546
電話 0288-25-3348

2016年9月 7日 (水)

今、「昭和史」へ!  「霧降文庫」の9月、10月のテーマ

Img_9092 今、「昭和史」へ!  「霧降文庫」の9月、10月のテーマはこれ。9日(金)、10日(土)、11日(日)からスタートします。企画は久しぶり。書庫めぐり?をしていたら、あっという間に100冊以上も。知らないうちにそんなにも集めていたとはー。私も驚くほどですが、ちょっと思っただけでも・・・書庫を歩いてみたら、昭和史本は、ざっと300冊。これにヒトラー関係を加えると、400冊ぐらいになりそうです。歴史は深いですねー。Img_9095

大正デモクラシー後退、大不況、テロ、政党政治崩壊、5・15事件、2・26事件、戒厳令、天皇機関説、満州、三国同盟、軍国主義、謀略、国家総動員法、治安維持法、侵略、真珠湾攻撃、太平洋戦争、ミッドウェイとガタルカナル、玉砕、沖縄戦、ヒロシマとナガサキ、敗戦、ソ連参戦と抑留、占領とGHQ、人間天皇、東京裁判、新憲法、朝鮮戦争、高度成長、60年安保とブント全学連、東京五輪と大阪万博、ベトナム戦争、新左翼と全共闘と連合赤軍、田中内閣とロッキード事件、バブル経済・・・

Img_9107

などなど。いやはや、62年と2週間。保坂正康が「昭和史」のかたちで、述べているが、この昭和史には、人類が体験したほとんどの事象や事件が詰まっている。戦後生まれの私がリアルタイムで体験したのは、昭和30年代の「三丁目の夕日」からなので、昭和史の半分ぐらい。それでも、両親たちなどが体験した(親父は特攻隊の基地で知られる九州鹿屋基地の飛行整備兵でした)「太平洋戦争」というか、「昭和大戦」というか、さまざまな判断に戦争が色濃くー。そして、今の集団的自衛権、憲法改正論、国家緊急事態条項などの問題へ。いまいちど、「昭和史」をお互いに知る機会にしようと思います。私も「積読本」もまだかなりあるので(笑)。

 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月 2日 (金)

「霧降文庫」、3日(土)はオープン  4日(日)は臨時休業です。



Img_9050 古書店図書室「霧降文庫」の3日(土)はオープンしていますー。4日(日)は、「霧降自治会」防災マップづくり活動や「さようなら原発!栃木アクション」会議のため、臨時休業いたしまする。この日は他に「原発いらない栃木の会」会議もあるが、残念ながら欠席か?忙しい一日になりそうですー。



Img_9002
 
Img_9039
 
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年9月 1日 (木)

自民党緊急事態条項の危うさ  ワイマール憲法から・テレビ朝日

「たのべさんと未来を語ろう」。9月23日(金)18時から、日光総合会館大会議室で。先の参院選野党統一候補だった「たのべたかおさん」を日光に迎えて、選挙・憲法・脱原発カフェ的な集まり(無料)。

 
冒頭、自民党憲法改正草案の危うさをワイマール憲法との関係から追ったこのドキュメンタリー(約29分)を上映したいと考えております。

 
今年の日本ジャーナリスト会議の優秀な作品に贈られる「JCJ賞」に輝いたばかりです。プロジェクターとスクリーンは、きょう1日、日光市民活動支援センターで貸与予約をしてきました~。いつもの「憲法カフェ」(三七庵)も来てくれるかな?ー。
 

人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28