無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 金、土、日とオープンしてます。 古書店図書室「霧降文庫」 | トップページ | 45分も歩いて「霧降文庫」へ  東武日光駅からてくてくとー。 »

2016年9月16日 (金)

菅谷昭・松本市長が日光市へ  「さよなら原発!日光の会」記念講演で。

Photo


 チェルノブイリ原発事故による小児甲状腺がん治療にあたってきた菅谷昭(すげのやあきら)松本市長が、日光へ。12月10日(土)、「さよなら原発!日光の会」第5回総会記念講演で。(仮題)「原発事故と放射能と甲状腺」ー。きょう16日夕、松本市から講演要請受諾の連絡が入ってきました。同日夜の会議で、正式要請を決めました。さっそく、松本市に詳細の詰めへ。講演は「公務」で行うため、講師代はなしということです。日光市と日光市教育委員会の「後援」をいただくことにします。今回の講演を応援し、ぜひ参加してくださいねー。

(以下は、「ウイキペディア」からの菅谷昭さんの「プロフィール」です。

長野県更埴市(現:千曲市)生まれ。信州大学医学部卒業。聖路加国際病院での研修を経て、信州大学医学部第二外科学教室に入局。1976年、トロント大学に留学して甲状腺疾患の基礎研究を学ぶ。1991年から、松本市のNGOによるチェルノブイリ原子力発電所事故の医療支援活動に参加する。1993年、信州大学助教授に就任。
1996年から、ベラルーシ共和国の首都ミンスクの国立甲状腺がんセンターにて、小児甲状腺癌の外科治療を中心に医療支援活動に従事した。1999年、チェルノブイリ原発事故により高度に汚染されたゴメリ州の州立がんセンターで医療支援活動にあたる。2001年に日本に帰国し、長野県衛生部医監に就任。同年、吉川英治文化賞受賞。翌2002年、長野県衛生部長に就任。
2004年、松本市長選挙に日本共産党の支援を受けて出馬。現職の有賀正松本市長らを破り、初当選を果たした。2008年に再選。
2012年3月の松本市長選挙では、現職の菅谷以外に立候補を届け出た人物がいなかったため、無投票で3選を果たす。過去の松本市長選挙における無投票当選の例は、1976年3月の和合正治の初当選以来、36年ぶりの出来事であった。
2016年3月13日に投開票された松本市長選では、無所属現職の菅谷が医療・福祉や子育て支援などの充実を柱とする「健康寿命延伸都市・松本」施策の継続、前進などを訴え、民主党のほか共産、社民各党がそれぞれ加わる市民団体、連合長野松本広域協議会、市内の業界団体などの支援を受け、自民党・公明党の自主投票で、無所属新人で元NHK解説委員の臥雲義尚、団体役員の鈴木満雄を破り、4選を果たした[1]。
人物[編集]
2006年の長野県知事選挙に際しては、田中康夫知事の再選阻止に動く鷲澤正一長野市長らから再三にわたり知事選への出馬を要請されたが、菅谷はこれを固辞した。結局、鷲澤ら反田中知事勢力は元内閣府特命大臣(防災担当)及び国家公安委員会委員長の村井仁を擁立し、田中は村井に敗れた。
チェルノブイリ原子力発電所事故の放射能汚染により甲状腺癌患者が急増していたベラルーシで医療活動を行った経験を有し、菅谷の活動はNHKのプロジェクトXでも紹介された。
ベラルーシの隣国ポーランドで小児甲状腺癌患者が少ない点について、ポーランドの素早い対応を理由に挙げている[2]。
著書[編集]
真っ当な生き方のススメ
チェルノブイリいのちの記録
ぼくとチェルノブイリのこどもたちの5年間
チェルノブイリ診療記
子どもたちを放射能から守るために
新版 チェルノブイリ診療記 福島原発事故への黙示


  
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

« 金、土、日とオープンしてます。 古書店図書室「霧降文庫」 | トップページ | 45分も歩いて「霧降文庫」へ  東武日光駅からてくてくとー。 »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/67542243

この記事へのトラックバック一覧です: 菅谷昭・松本市長が日光市へ  「さよなら原発!日光の会」記念講演で。:

« 金、土、日とオープンしてます。 古書店図書室「霧降文庫」 | トップページ | 45分も歩いて「霧降文庫」へ  東武日光駅からてくてくとー。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30