無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 相変わらずの筒井康隆ワールドでしたー。 「モナドの領域」 | トップページ | 表現の周辺 9    「序説第24号」冨岡弘 »

2017年8月24日 (木)

恐竜と青春  SF小説「竜の眠る浜辺」

 

Img_4200 SF青春小説「竜の眠る浜辺」 山田正紀

 

相変らず展開が豊かー、相変わらずというのは、もともと彼・山田正紀の初期SFである『神狩り』や『弥勒戦争』などで、のけぞったほど。物語が魅力的なのは言うまでもない。ただ、最後の展開は、このテーマにしては、意外と静かというか、行くべきだろうところの世界へ。ある種の青春SFかな。と思っていたら、SF作家の新井素子さんも「青春小説と評し、ネコまで青春している」と書いたとか。

 

 と、「あとがき」で確認していたら、作品が最初に出たのは、なんと1986年11月の「徳間文庫」。今から30年以上も前になる。私が手にしているこの「ハルキ文庫」にしても、1998年11月第一刷り。これも20年近い前・・。書店で買い求めてそのままになっていたが、買い求めた当時の書棚をなんとなく覚えてはいるのです。それにしても、こんなに「積読」になっていたとはー。驚きでもあります。

 

 作品の全体の空気は、「あとがき」で本人・山田正紀が書いています。

こんな言い方です。

「自分でいうのも何だが、私はもともと性格の悪い、悲観的な人間なのだが、この作品を書いたときには、めずらしく人生を肯定する気持ちになっていた。その気持ちがこの作品にあらわれているのではないかと思う。だからこそ愛着があるのだろう」

(折々の状況 2017その4)

ブログランキング
人気ブログランキングへ

« 相変わらずの筒井康隆ワールドでしたー。 「モナドの領域」 | トップページ | 表現の周辺 9    「序説第24号」冨岡弘 »

『序説』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/71506513

この記事へのトラックバック一覧です: 恐竜と青春  SF小説「竜の眠る浜辺」:

« 相変わらずの筒井康隆ワールドでしたー。 「モナドの領域」 | トップページ | 表現の周辺 9    「序説第24号」冨岡弘 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30