無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

« 手続きをすっばして無理やり  最新刊新書『憲法の良識』 | トップページ | 「マルクスの構造 ~『生誕200年』その先~」   「霧降文庫」夏の企画コーナー »

2018年5月31日 (木)

わくわくどきどきの読書 柄谷行人『帝国の構造 中心・周辺・亜周辺』

久しぶりにわくわくどきどきの読書でした。いずれも柄谷行人(かたらに・こうじん)の『帝国の構造 中心・周辺・亜周辺』(青土社、2014年8月20日第二刷)、『<戦前>の思考』(講談社学術文庫 2001年3月10日第一刷)。とくに『帝国の構造』は、「交換」「贈与」、「商品」、「生産様式」「交換様式」などを導入部にして、「中心」「周辺」「亜周辺」、つまりは「帝国」「封建主義」「帝国主義」の変遷を見事に解剖している。

 柄谷行人の『世界史の構造』は名著とされ、手元に岩波現代文庫(2015年2月5日第二刷)があるのだが、題名が硬いので、なかなかひもとく機会が訪れなかった。しかし、その前に現代の状況とも絡んで、「<戦前>の・・」と「帝国の・・」を読まざるを、というか、読むべきものとして手にとってみると、これが意外とすらすらと、頁をめくるのが惜しいほどの魅力的な視方が展開されていた。個人的には<これらがなるほどとうなづける年代になっのだな>、そう感じて、いずれもほとんど一気読みしたのでした。となると、次は、文庫本だが、543頁という厚い『世界史の構造』を開くことになりますー。

 そう感じるのは、登場するのは、批判的にだが、「資本論」のマルクス、「法の哲学」のヘーゲルから始まり、続いて「悲しき熱帯」のレヴイ=ストロース、「クラ交易」のマリノフスキー、当然、マルセル・モースという人類学を俎上にした論の展開、さらに網野善彦、吉本隆明、丸山眞男といった「懐かしい」論者が登場―。いずれも私の関心とほとんど近いということにもあるのだろう。

 その『帝国の構造』のイメージを示すために、各章を紹介すると、第一章が「ヘーゲルの転倒とは何か」、第三章「専制政治と帝国」、第五章「近世の帝国と没落」、第六章「帝国と世界共和国」、そして最後に「亜周辺としての日本」。「封建制」「帝国」「帝国主義」を論じ、展開しながら、<これがどのような結語になっていくのだろうか?>、そう思いながら、最後に向かっていったのでした。

 すると、なんとー。憲法九条でした。これは思いもしなかった結びでした。結語に向けて、同書では、憲法九条は「自らの『帝国主義』の結果として得たのです」としたうえ、「ただ、日本人はその意義を十分に理解しているとはいえません。実際、この憲法はたんに文面だけであって、実行されていない。日本は実際には強大な軍事力をもっているからです。憲法は確かに帝国主義の歯止めにはなっていますが、それ以上ではない」。

 柄谷行人は憲法9条の大事さを指摘する一方、そのあいまいさに危険性があるとして、批判的です。『<戦前>の思考』では、「自主的憲法について」という章があり、そこで正面から、徳川幕府の崩壊などの歴史から、さらには海外各国との関係から論じています。憲法神学論争がありますが、その流れのひとつになるのかもしれませんが、柄谷の指摘は、傾聴すべき論です。こう説いています。

 「憲法上、存在しえないはずの自衛隊が法律上存在するならば、憲法は何も決定しないことになる(略)、こういう状態は危険です。自衛隊を文字通り『自衛』に限定されたものとして憲法上確定すべきだと思います。いうまでもなく、それは現憲法を『原理』として、確立するためです」

 この憲法九条論を念頭に、さらに「帝国の構造」の結語を読み返すと、そのひとつひとつの文の重さがわかります。憲法改正が日程にのぼっている2018年初夏の現在であるだけに、なおさらです。この著書を締めくくるむだのない文章だと思います。

 「この憲法九条は日本の中では、米占領軍に強制されたという理由で批判されてきました。しかし、米占領軍がその後まもなく朝鮮戦争に際して日本に憲法改正と再軍備を迫ったとき、日本人はそれを斥けた。ゆえに憲法九条は日本人自身がつくったものだといってよいのです。この憲法の根底にあるのは、カント的な『永遠平和』の理念です。そして、この理念は近代国家ではなく、『帝国』に由来するものです。したがって、憲法九条は、もしそれを真に実行するのではあれば、たんに一国にとどまるものではない。それは世界共和国への第一歩となりうるものです」

(折々の状況 5月31日)



  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

<a href="//blog.with2.net/link/?1039354:3032"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_3032_1.gif" title="栃木県ランキング"></a><br><a href="//blog.with2.net/link/?1039354:3032" style="font-size: 0.9em;">栃木県ランキング</a>

 

« 手続きをすっばして無理やり  最新刊新書『憲法の良識』 | トップページ | 「マルクスの構造 ~『生誕200年』その先~」   「霧降文庫」夏の企画コーナー »

『序説』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1378275/73595934

この記事へのトラックバック一覧です: わくわくどきどきの読書 柄谷行人『帝国の構造 中心・周辺・亜周辺』:

« 手続きをすっばして無理やり  最新刊新書『憲法の良識』 | トップページ | 「マルクスの構造 ~『生誕200年』その先~」   「霧降文庫」夏の企画コーナー »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30