無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 詩 夜になったら哲学者に 小詩集その2・黒川純 | トップページ | 前泊盛博講演会 憲法公布73周年記念in宇都宮 »

2019年10月22日 (火)

異邦人  小詩集その3・黒川純

ちょっとふり向いた異邦人     黒川純

そんなもんでとんでしまうのか
ブレーカーがあっと言う間にとんだ
たったふたつの機器を使っただけなのに
ふつうのポットとトースター
首をかしげて繰り返しても同じこと
暮らしが途切れたのにびっくりしたさ
その日からきっぱりお蔵入り
お湯ならわかんで沸かせばいい
子どもたちが空に向かい両手を広げ
鳥や雲や夢までもつかもうとしている
気分はもうヒマラヤ気分

ついでに電気釜も押し入れへ
代わりは昔なじみの土鍋だ
どっしりしてところがいい    3の1
強火で7分、弱火で6分、保温に10分
ほくほくのごはんが登場する
電気の大食い電子レンジも退場させた
解凍するには蒸し器で充分
警戒情報ばかりのテレビも用無しだ
祈りの声 ひずみの音 歌うようなざわめき
時間旅行が心の傷をなぜかしら埋めていく
気分はもう戦争

涼しいところなのでクーラーはない、
もともと電気掃除機なんてものはない
ピイピイと壊れたのを不幸中の幸いに
洗濯機から手洗いに汗をかいている
30アンペアの契約は20アンペアへ
電気料金の不払い運動も頃あいなので
東京電力はきっぱり止めて
自然にたっぷり優しい新電力へ
過去からの旅人が呼んでいる道
ちょっとふり向いただけの異邦人
フクシマにもふり向かないと、ね。Photo_20191022133401

« 詩 夜になったら哲学者に 小詩集その2・黒川純 | トップページ | 前泊盛博講演会 憲法公布73周年記念in宇都宮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 詩 夜になったら哲学者に 小詩集その2・黒川純 | トップページ | 前泊盛博講演会 憲法公布73周年記念in宇都宮 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30