無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 戦時下と重なる「新しい生活様式」  大塚英志 | トップページ | 「結果オーライ」はやめよう ジャーナリスト「視角」 »

2020年6月28日 (日)

文明をレントゲンにかけている  コロナの時代の僕ら

 

戦争が終わると、誰もが一切を急いで忘れようとするが、病気にも似たようなことが起こる。苦しみは僕たちを普段であればぼやけて見えない真実に触れさせ、物事の優先順位を見直させ、現在という時間が本来の大きさを取り戻した。そんな印象さえ与えるのに、病気が治ったとたん、そうした天啓はたちまち煙と化してしまうものだ。僕たちは今、地球規模の病気にかかっている最中であり、パンデミックが僕らの文明をレントゲンにかけているところだ。数々の真実が浮かび上がりつつあるが、そのいずれも流行の終焉とともに消えてなくなることだろう。もしも、僕らが今すぐそれを記憶に留めぬ限りは。

パオロ・ジョルダーノ『僕らの時代』コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと (早川書房、108頁)Img_3953

« 戦時下と重なる「新しい生活様式」  大塚英志 | トップページ | 「結果オーライ」はやめよう ジャーナリスト「視角」 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦時下と重なる「新しい生活様式」  大塚英志 | トップページ | 「結果オーライ」はやめよう ジャーナリスト「視角」 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31