無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 文明をレントゲンにかけている  コロナの時代の僕ら | トップページ | コロナ危機をうまく乗り切る  感染症ー広がり方と防ぎ方ー »

2020年6月29日 (月)

「結果オーライ」はやめよう ジャーナリスト「視角」

 

 まだ終息していないコロナウイルス・パンデミックだが、「日本モデルは成功した」などといい加減な首相の発言を放っておく訳にいかない。いまになっては否定しても始まらないが、ことは人の命に関わること。明らかな間違いで亡くなった人もいるのだ▼失敗の代表はPCR検査の制限。試料や人員など、やむを得なかった面があるとしても「発熱4日」、「症状が出たら・・・」とかの基準や運用は問題。医療現場も混乱させた。感染症の指定に問題があり、早くから指摘された検査態勢やべッド確保など「予防」のインフラの不備は決定的。「宣言」を印象づけるための特措法改正も不要だった▼いきなり・独断・権限もないままの学校休校宣言。五輪聖火の採火とリレー開始までの終息を狙ったが、現場も社会も混乱させ「必要なかった」の声が広がっている▼愚策もある。マスクの配付。郵便配達員がポストに入れた。社員寮でも会社でもポスト1つなら一袋。逆に住んでいなくてもポストがあれば一袋だったらしい。締めて466億円。それで人気が上ると考えた首相と側近の思考の貧困だ▼国民の多くは日本の医療に「皆保険だし技術も制度も世界一」と信じていた。だが、経済・効率第一主義が医療を細らせた。保健所は半減、医師、看護婦、スタッフは抑制、病院の統廃合、基礎研究は絞られっぱなし・・・・。その結果が「医療危機」だ▼「何とかなった」「結果オーライだ」はやめよう。間違いは間違いと正し、「第二波」前に改める。「総括」とはそういうことだ。

 

「視角」 日本ジャナリスト会議(JCJ)会報 Img_4053 「ジャーナリスト」747号6月25日

« 文明をレントゲンにかけている  コロナの時代の僕ら | トップページ | コロナ危機をうまく乗り切る  感染症ー広がり方と防ぎ方ー »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文明をレントゲンにかけている  コロナの時代の僕ら | トップページ | コロナ危機をうまく乗り切る  感染症ー広がり方と防ぎ方ー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31