無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 2020年6月 | トップページ

2020年7月

2020年7月30日 (木)

文明国家であるかどうかの基準  パンデミックを生きる指針

Img_4123 試されるのは、いかに、人間価値の値切と切り捨てに抗うかである。いかに感情に曇らされて、フラストレーションを「魔女」狩りや「弱いもの」への攻撃で晴らすような野蛮に打ち勝つ、かある。武漢で封鎖の日々を日記に綴って公開した作家、方方は「一つの国が文明国家であるかどうかの基準は、高層ビルが多いとか、クルマが疾走しているとか、武器が進んでいるとか、軍隊が強いとか、科学技術が発達しているとか、芸術が多彩だとか、さらに派手なイベントができるとか、花火が豪華絢爛とか、おカネの力で世界を豪遊し、世界中のものを買いあさるとか、決してそうしたことがすべではない。基準はただ一つしかない。それは弱者に接する態度である」と、喝破した。

藤原辰史 「パンデミックを生きる指針ー歴史研究のアプローチ」 『コロナ後の世界を生きるー私たちの提言』(岩波新書)

2020年7月21日 (火)

「給付」をめぐる歴史の答え   コロナと日本人(文藝春秋)

「給付」をめぐっても、歴史の教訓があります。1654年に岡山藩で大洪水が起き、領民が餓死する状況で、殿様の池田光政は、「救い米」(男に2合、女と15歳以下の子供に1合)を配ろうとし、10人の郡奉行と個別面談しました。この時の記録が『池田光政日記』の「八月十八日の条」に残っています。

 郡奉行たちが「不正受給が生じる」と言うのに対し、殿様は「多少だましとられるのは仕方がない。人を死なせてしまうのが大悪だ」と。今回の緊急経済対策でも、公平性など細部の議論が長々とありました。不安を解消するのは、すばやさです。一律に一気に頭数で給付を行う。これが光政が出した答えで、まさに正解でした。 我々がやるべきことは、すでに歴史が答えを出していることが多いのです。

磯田道史 続・感染症の日本史 第二波は襲来する 「コロナと日本人」(文藝春秋 特別編集)131頁

 

Img_4122

2020年7月20日 (月)

集団免疫は困難   第一人者に聞く免疫の新常識その2

ーーー一定割合以上の人が感染すれば、それ以上は拡大しないという「集団免疫」については?

 「一度獲得した免疫が長期間にわたって続くことが集団免疫の前提です。すぐに免疫が消えたら、多くの人が免疫を持っている期間がなくなってしまうから。でも、新型コロナの免疫が続く期間はとても短く、私は半年程度ではないかと考えています。免疫が半年しか続かなければ、集団免疫はいつまでたっても獲得できません」

 「武漢医科大で8週間後に抗体量を再測定したら、軽症者で4割近く、重傷者も2割で抗体が検出不可能なほど減りました。こんなに早く抗体量が減るのは、ほかのウイルスではあまり考えられません」

 「破傷風やポリオなど、ワクチンを一度打てば免疫が数十年も続く病気もあれば、インフルエンザウイルスのように3カ月程度しか続かないものもあります。私は新型コロナは、ワクチンが出来ても。インフルエンザと同じように有効期間は極めて短いものになるではないかと考えています」

宮坂昌之 大阪大免疫学フロンティア研究センター招へい教授 BE REPORT(朝日新聞、7月18日)4頁 新型コロナ、自然免疫で撃退もImg_4101_20200720215001

2020年7月19日 (日)

体内時計が大切  第一人者に聞く免疫の新常識

―――免疫を強くするためには?

「強くするという言い方は不適切です。強すぎると健全な細胞を攻撃します。強くするのではなく、自分が持つ免疫をフル活用できる状態を保持することが大切。それにはまずストレスの少ない生活をする。リンパ球は血液の流れに乗って全身をパトロールしているので、有酸素運動をしたり、毎晩お風呂に入って体温を上げたりして、血流の流れをよくする。免疫は体内時計をつかさどり、昼は免疫が強くなり、夜は弱くなります。体内時計を毎朝きちんとリセットする。朝日を浴び、軽い運動や散歩をして、体内時計が狂わないようにするのは大きな意味があります」<a href="https://blog.with2.net/link/?1039354">人気ブログランキングへ</a>

<a href="//blog.with2.net/link/?1039354:3000"><img src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_3000_1.gif" title="地域情報ランキング"></a><br><a href="//blog.with2.net/link/?1039354:3000" style="font-size: 0.9em;">地域情報ランキング</a>x 人気ブログランキングへ

宮坂昌之 大阪大免疫学フロンティア研究センター招へい教授

朝日新聞be report(7月18日 土)4頁 第一人者に聞く免疫の新常識 新型コロナ、自然免疫で撃退も

<a href="https://blog.with2.net/link/?1039354">人気ブログランキングへ</a>x

Img_4101

2020年7月15日 (水)

人類の歴史に記録されるほどの   パンデミックを生き抜く

 今回の新型コロナウイルスの流行は、人類の歴史に記録されるほどの感染症になるだろう。それは流行が社会に与える影響が甚大だったためであり、14世紀のペストのように人類を滅亡させるほどのパワーがあるわけではない。近いうちにはワクチンや治療薬は開発され、流行を終息させることができるはずだ。しかし、それまでの間、私たちは700年前に作られた流行対策を中心に、この感染症の拡大を抑えていかなければならない。そして、こうした対策を実践していくにあたり、その起源となった14世紀のペスト流行について、知っておくことが大切である。また、この知識は今回の新型コロナウイルスの流行だけでなく、今後も発生が予想される感染症への対策を準備するためにも役立つものと考えImg_4090 る。

2020年7月13日 (月)

戦中戦後に戻る    詩 マスク


マスクという題の詩の一部ー。オイルショックに戻るではなく、戦中戦後に戻る、というところ、指摘に「はっ」と。そうか、その気配があったのだねーと。実際にマスクが売り切れのコンビやホームセンタの空の棚に出会った際、何か<どうもおかしいな、いやな感じだな>と思っていたのは、こういうことだったのだね。その感性に同感、というか、感嘆した。ということで数十行の詩の一行だけアップしてみました。
マスク

売り切れ 入荷予定なし 戦中戦後に戻る

RIVIERE 171 2020、7 谷本州子

2020年7月11日 (土)

子規想いつぶあん食す梅雨の空  森まゆみ「子規の音」を読んで

Img_4073_20200711193901

子規想いつぶあん食す梅雨の空

子規没しアンパンを手にえり正す

もう一度痛いというておみ母の声

よく生きたさんじゅうろくねんホトトギス

駆け抜けたさんじゅうろくねん子規の生

ずっしりと心に重く子規の音

若き日の漱石鴎外子規庵で

碧梧桐も虚子も子規のそば枕に

界隈を人力車で走る子規

2020年7月 9日 (木)

不要不急胸を当てれば我が事か サイクリングで吟ず

コロナ禍で 他県ナンバー 気にかかり

不要不急 胸を当てれば 我が事か

日光は 不要不急と 店主かな

サイクルで このあたりでと 珈琲屋

曇天に 川辺の野菊が 愛らしい

涼しさや アイスコーヒー 初夏の昼

辿り着いた リトルウイング 涼やかに

コロナ禍で ここは多人数 工事中

コロナ禍に 人通りわずか 日の光

 

 

Img_4074 Img_4073 Img_4071 Img_4069 Img_4059 

 

 

2020年7月 7日 (火)

泪降る九州にまた豪雨   サイクリングで読む9句

願かけた七夕の日は今いずこ

ラジオから九州の行方知る

不在なりサイクル先の珈琲屋

チョウ飛ぶ梅雨の合間の大谷川

七夕に赤とんぼ飛ぶ霧の谷

七夕や願う晴れ間の日の光

梅雨寒に織姫さまにサイクルで

マイカーの梅雨の晴れ間の俳句かな

泪降る九州にまた豪雨

Img_4067_20200707220601

 

 

 

 

 

2020年7月 6日 (月)

深々と雨の緑の文庫かな  梅雨空に一句

 九州の被害悩まし梅雨の空

 しんしんと霧降谷に続く雨

 梅雨空にさらに緑の夏つばき

 民の声訴え空し都知事選

 再びのウェーブならず都民票

 梅雨空やじゃがいもたちを選別す

 雨を越え舞い降りねだる土鳩かな

 深々と雨の緑の文庫かな

Img_4067

 

 

 

2020年7月 5日 (日)

民意くむ原発へ茨城の一歩  朝日新聞「社説余滴」

Img_4066 社説余滴)民意くむ原発へ茨城の一歩 吉田博紀

 自分が住む県内にある原子力発電所を運転させていいのか。意思を示したいという8万人余の思いは、53人の反対にはね返された。
 東海第二原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案が先月、茨城県議会で否決された。自公などが反対、賛成は議長を除く出席者58人中5人にとどまった。
 茨城県は1966年、国内で初めて原発の営業運転を受け入れた。もともと、原発の是非を巡る議論が活発な地ではない。
 条例案を直接請求した「いばらき原発県民投票の会」は昨年3月以来、75回のイベントを開いて約1千人と意見を交わし、原発への賛否にかかわらず民意を示すことの大切さを訴えてきた。コロナ禍で街頭活動や戸別訪問が難しくなる逆風に見舞われたものの、署名数は請求に必要な数の1・8倍にまで膨らんだ。
 原発で事故が起きれば、住民は命を脅かされ、生活も想像を絶する変化を強いられる。だからこそ直接、意思表示したいと声がわき起こるのは当然だ。
 県議会では、原発という複雑な問題を単に賛否で答えさせていいのかとの疑問も繰り返された。しかし、やり方なら工夫できる。
 例えば、原発事故の翌年、旧民主党政権が実施した「討論型世論調査」がある。2030年の原発比率として0%、15%、20~25%の選択肢を挙げ、情報提供と討論を繰り返して意見を集約し、最終的には0%が半数近くになった。報告書は「必要な情報を提供し、一人一人の熟慮が進むほど、国民はライフ・スタイルの変革とコスト負担を引き受ける用意があることを示唆する」と評価する。
 県議会でも、住民の声を聴くことが大切であり、それにふさわしい手段を選ぼうとの意見も出された。直接請求が、原発政策で民意を反映させる重要性を県議らに再認識させる機会になったのは間違いない。
 「50年後100年後に、自分の意思として一票を投じることが当たり前の世の中になっていく第一歩になった」。県民投票の会共同代表の徳田太郎さんは否決直後、こう期待を語った。
 国内で初めて原子力の火がともった茨城県。今度は、民意をくんだ原発政策を全国に先駆けて確立する地になってほしい。(よしだひろき 経済社説担当)

2020年7月 4日 (土)

コロナと私たち(前文)  「折々の状況」その(6)

 

 

Img_4065
コロナと私たち
折々の状況 その(6)

前文(全篇は1万3000字、「序説第27号」に掲載へ)


 死者50万人以上、感染者1000万人以上―、世界で新型コロナウイルスが猛威をふるっている。欧米や途上・新興国に比べれば少ないとはいえ、国内でも死者990人、感染者2万111人を数えている(7月3日現在、朝日新聞)。緊急事態宣言がなされ、なにげない日常が一変する事態となった2020年春から初夏。2011年3月に起きた東日本大震災・福島第一原発事故以来の大きな時代の変動にある。いや、感染症でいえば、第一次世界大戦時に起き、世界で2000万人、国内でも38万人が死亡したとされる「スペイン風邪」以来、一世紀ぶりの大きな被害の最中にある。いわば、私たちは「歴史」の生き証人として、毎日が「未知との遭遇」の、この日常を生きている。
 さて、その様相といえば、医療、介護から始まり、きょうの暮らし、スーパー、コンビニ、マスク着用、自粛と補償、自粛警察、働き方、経済、金融、新たなワクチン開発の状況まで、社会生活全般にわたっている。これは今、世界のだれもが経験していることだが、さて、その全体の実像、実相、あるいは構造やいかに。この災禍が私たちにどんな影響を与え、どんな行動を求め、どんな生活を強いるのか、そして、どのような意味をもたらすのかー。だれもがこの時代の「歴史的人間」として、生きているのだが、たいていの人が、おおかたの団体、組織が現状に対応していくことでいっぱいだと思う。
 その新型コロナ・ウイルス禍をひとつの「構造」として、いや、ひとつの「骨格」として、視えるように提示できないかー。事態がいよいよ露わになった3月以来、そのことを念頭にしつつ各種の著書、記事を読み、ニュースに接してきた。ところが、相手の姿が大きすぎて、言葉にしようとしても、象にむらがる蟻のよう、あるいは、お釈迦様の手にうちにある孫悟空のよう。そんな気分になっていた。現象が現象なので、仕方がない。そう思ったところで、パズルのようにピースを集めることを思いついた。それぞれのピースを組み立てることで、「構造」や「骨格」が透き通ってでも、眼前にその姿を現してくるだろう、という狙いからだ。
 それ以来、学者、研究者、ジャーナリスト、作家、活動家などが新聞記事や著書、新書、文庫、会報、パンフなどで伝えている「歴史的」な現状報告、「なるほど」と思える指摘や提言、「いいね」と言える見方を、自分の範囲でチェックし、FACEBOOKやBLOGにアップしてきた。とくに緊急事態宣言が終わり、ともかく一息ついた6月上旬からは、この作業をこなすことが毎日の日課となった。この「序説第27号」の締め切り近い7月上旬まで約1カ月間、その作業の記録を主題「コロナと私たち」、副題「折々の状況 その(6)」として、報告する。

 

 

2020年7月 3日 (金)

第二、第三のゴジラがまた来るかも   思想としての〈新型コロナウイルズ禍〉

 Img_3943 いま人は、ウイルスは一世紀にいっぺんぐらいしか襲ってこないと思っていますが。ウイルスに感染しやすい状況になっているとすれば、そんなことでは済まされません。それに振り返ってみれば、新型コロナに先立ち、SARSやMERSがあったのですから。一世紀に一度どころか、21世紀になってすでに三度目の新型ウイルスの流行なのです。これからはもっと頻度が高まるかもしれない。そのたびに現在のような大規模な封鎖をしていたら、大変なことになります。朝日新聞記者の太田啓之さんが、僕との私的なやりとりの中で、最初の「ゴジラ」で、志村喬が演じる山根博士が最後に「第二、第三のゴジラがまた来るかもしれない」と言っていたのを思い出す、と話していました。ゴジラのように第二、第三のコロナが来るかもしれないと。

「不可能なことだけが危機をこえる 連帯・人新生・倫理・神的暴力 」大澤真幸(社会学者) 『思想としての〈新型コロナウイルス禍〉』

2020年7月 2日 (木)

二つの「緊急事態宣言」の中で   武藤類子

Img_4056 新型コロナ感染拡大という事態は、すでに「原子力緊急事態宣言」が発令されたままの福島にもうひとつの「緊急事態宣言」を重ねることとなった。それは原発事故を経験した被害者にとって、当時の多くのことを想起させる。外には出ない、マスクをする、必死で情報を探す、迫り来る不安と闘う。コロナ感染が広まった初期の頃は心的な抑圧がとても大きかった。

 でも、次第に「原発事故」と「コロナ感染拡大」は、共通のことと違うことがあるのに気がついた。政府は人々がパニックを起こすのではないか、と恐れ真実を隠す、検査をなるべくやらず正確な罹患者を明らかにせず矮小化する、場当たり的な施策で最も弱いものたちが犠牲になる、専門家の意見が政治の力で曲げられる、惨事を利用した便乗型の資本主義が利権を求めて台頭するなどが共通する点だ。

 違うところは、感染拡大のスピードが速く被害が分かりやすい。コロナ禍の当事者は日本全体であり、圧倒的に多い、突然の休校要請や検察庁法改正案の時のように、政府が法と権限を無視し、強行することへの国民の抗議が大きく現れてきたことだ。

武藤類子(福島原発告訴団 団長)「とめよう!東海第二原発 首都圏連絡会」会報第4号(2020年6月)「二つの『緊急事態宣言』の中で私たちが生き延びるのは『真実を知り、助け合う』こと」

 

 

 

 

 

2020年7月 1日 (水)

世界の死者50万人 感染者1000万人

 

 新型コロナウイルスによる世界の死者が29日、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計で50万人を超えた。感染者も累計で1千万人以上に達している。感染者は欧米の先進国を中心に急増してきたが、6月になって新興国と途上国の累計が上回った。現在は毎日の新規感染者数の約75%を新興・途上国が占めており、感染拡大は新たな局面を迎えている。

 同大によると世界の累計の感染者は28日までの集計で1014万5791人。国連の基準に基づいて世界各国を「先進国」(36カ国)と、その他の「新興国・途上国」とに分けると、感染者は先進国が約429万人、新興・途上国が約585万人になる。ブラジルやペルーなど中南米諸国での増加が最も目立ち、インドなど南アジアや中東、アフリカ諸国でも徐々に感染者数が増えている。

朝日新聞2020年6月30日(火)1面トップ記事

 

Img_4054

« 2020年6月 | トップページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31