無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 集団免疫は困難   第一人者に聞く免疫の新常識その2 | トップページ | 文明国家であるかどうかの基準  パンデミックを生きる指針 »

2020年7月21日 (火)

「給付」をめぐる歴史の答え   コロナと日本人(文藝春秋)

「給付」をめぐっても、歴史の教訓があります。1654年に岡山藩で大洪水が起き、領民が餓死する状況で、殿様の池田光政は、「救い米」(男に2合、女と15歳以下の子供に1合)を配ろうとし、10人の郡奉行と個別面談しました。この時の記録が『池田光政日記』の「八月十八日の条」に残っています。

 郡奉行たちが「不正受給が生じる」と言うのに対し、殿様は「多少だましとられるのは仕方がない。人を死なせてしまうのが大悪だ」と。今回の緊急経済対策でも、公平性など細部の議論が長々とありました。不安を解消するのは、すばやさです。一律に一気に頭数で給付を行う。これが光政が出した答えで、まさに正解でした。 我々がやるべきことは、すでに歴史が答えを出していることが多いのです。

磯田道史 続・感染症の日本史 第二波は襲来する 「コロナと日本人」(文藝春秋 特別編集)131頁

 

Img_4122

« 集団免疫は困難   第一人者に聞く免疫の新常識その2 | トップページ | 文明国家であるかどうかの基準  パンデミックを生きる指針 »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

一律給付でさえ素早さに欠け、まして、資源の適切な「選択と集中」など出来るはずもない…そんな為政者の無能は何のせいか?
民主主義国家のもとではそれは国民の無能のせい…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 集団免疫は困難   第一人者に聞く免疫の新常識その2 | トップページ | 文明国家であるかどうかの基準  パンデミックを生きる指針 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30