無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「家に居てさえ 今はいないのです」    茨木のり子の「行方不明の時間」が確かに味わい深い | トップページ | 「晴耕雨読」にはこの二冊がぴったりー   「台湾の本音」〈野嶋剛)と「核の世紀末」(高木仁三郎) »

2024年2月18日 (日)

ドキュメンタリー映画「津島ー福島は語る・第2章」公開へ    故郷を奪われた津島の住民の証言を全9章で

Photo_20240218224301

原発いらない栃木の会」による以前の福島視察で訪れ、区長さんたちに丁寧に案内された今も「帰宅困難区域」にある福島県浪江町津島―。その住民たち18人の証言を全9章にした証言ドキュメンタリー映画「津島―福島は語る・第二章」が完成し、この3月2日から公開されます。3時間超の映画ですが、ぜひ、鑑賞したいなと。「さよなら原発!日光の会」による以前の「福島写真展」は、この津島の模様を基本に開催しているだけになおさらです。映画の「予告編」(1分54秒)も含め、案内します。映画の「チラシ」は津島原発訴訟の原告団から送付されてきたものですー。Facebook、twitterにも転載しておきました。

津島 福島は語る・第二章の予告編・動画「予告編」 - 映画.com (eiga.com)

 

« 「家に居てさえ 今はいないのです」    茨木のり子の「行方不明の時間」が確かに味わい深い | トップページ | 「晴耕雨読」にはこの二冊がぴったりー   「台湾の本音」〈野嶋剛)と「核の世紀末」(高木仁三郎) »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「家に居てさえ 今はいないのです」    茨木のり子の「行方不明の時間」が確かに味わい深い | トップページ | 「晴耕雨読」にはこの二冊がぴったりー   「台湾の本音」〈野嶋剛)と「核の世紀末」(高木仁三郎) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30