無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 今夏に「創刊50周年!記念号」を発刊へ    同人誌「序説」の仲間の連絡は21頁にも | トップページ | シンポ「核なき未来をめざして」にオンラインでも  3月2日(土)14時~法政大キャンパス »

2024年2月12日 (月)

彼のプレイがいかに魅力的であったかー   クラリネット奏者、鈴木章治の「鈴懸の道」

本日は薪割りに専念したのだが、ふと、聴きたくなったのが、「鈴懸の道」ーこの「鈴懸の道」の演奏で一躍有名になったクラリネット奏者・鈴木章治の「ベストセレクション」だ。解説で知ったが、鈴懸の道はもともとは戦時中の流行歌。佐伯孝夫作詞、灰田晴彦作曲。昭和17年10月、灰田晴彦の弟勝彦の歌唱で発売された。特筆すべきは、この唄よりも演奏だけのレコードの方が売れたというまれなケースだという。426479109_7035848723210581_4031896266830 426575800_7035901286538658_4354458964220 「彼のプレイがいかに魅力的であったかの証左であろう」と。このCDにある「枯葉」はビル・エバンスの演奏でよく知られているが、私も名前だけは知っている高名なジョージ・川口(ドラムス)、松本英彦(テナーサックス)などと演奏しているでした。1957年1月17日、クラリネット奏者ピーナッツ・ハッコーと共演した「鈴懸の道」から1986年2月24,25,28日演奏の「枯葉」などまで、この30年間の「朝日のようにさわやかに」、「浜辺の唄」、「セントルイスブルース」、「我が心のジョージア」など19曲を聴くことかできる。 

« 今夏に「創刊50周年!記念号」を発刊へ    同人誌「序説」の仲間の連絡は21頁にも | トップページ | シンポ「核なき未来をめざして」にオンラインでも  3月2日(土)14時~法政大キャンパス »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今夏に「創刊50周年!記念号」を発刊へ    同人誌「序説」の仲間の連絡は21頁にも | トップページ | シンポ「核なき未来をめざして」にオンラインでも  3月2日(土)14時~法政大キャンパス »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30