無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「ののちゃん」の小学校の校長先生の「気分」にー    ベランダ補修は板材24本でほぼ完了へ | トップページ | ドキュメンタリー映画「津島ー福島は語る・第2章」公開へ    故郷を奪われた津島の住民の証言を全9章で »

2024年2月17日 (土)

「家に居てさえ 今はいないのです」    茨木のり子の「行方不明の時間」が確かに味わい深い

哲学者の鷲田清一さんが古今東西の言葉を届ける朝日新聞1面コラム「折々のことば」が2月16日(金)で、連載3000回を迎えた。アナウンサー山根基世さんと語り合った紙面が2月16日の朝日新聞26ページに大きな記事に。その鷲田さんの「10選」のひとつに「人間には行方不明の時間が必要です」で始まる詩人、茨木のり子さんの詩「行方不明の時間」がとりあげられていた。連載1396回(2019年3月8日)のときだとある。

確か私も読んだことがあると思うが、そのときはそれほどひっかからず、すんなりと読んで通っていたかもしれない。が、改めて その言葉の向こうを思いやると、味わい深い詩なんだねと。鷲田さんが取り上げ、「10選」に入れたのもうなづける。とくに「目には見えないけれど、この世のいたるところに、透明な回転ドアが設置されている」なんては、想像力が大いに働く。

そして、結びの「その折は あらゆる約束ごとも すべては チャラよ」も。この結びはさまざまに解釈することができ、非常に微妙な余韻を与える。茨木のり子さんは「戦後詩の長女」と言われていたが、こんな詩を味わうと、やはり、「いい詩はいいね」とー。

(ネットで探すと、「行方不明の時間」についてのさまざまなコメント付きの記事がある。そのうちから拾ってみたのが、以下の詩だ。もとはよく知られている彼女の詩集「倚りかからず」の一篇だという。この詩集、私も書棚にあるはずなので、あとで探して改めて詩集で読んでみようと思う)

 

茨木のり子「倚りかからず」より

 

行方不明の時間

 

 

人間にはDscf5664jpg_20240217230801

行方不明の時間が必要です。

なぜかはわからないけれど

そんなふうに囁くものがあるのです


三十分であれ 一時間であれ

ポワンと一人

なにものからも離れて

うたたねにしろ

瞑想にしろ

不埒なことをいたすにしろ

遠野物語の寒戸の婆のような

ながい不明は困るけれど

ふっと自分の存在を掻き消す時間は必要です


所在 所業 時間帯

日々アリバイを作るいわれもないのに

着信音が鳴れば

ただちに携帯を取る

道を歩いているときも

バスや電車の中でさえ

<すぐに戻れ>や<今 どこに?>に

答えるために


遭難のとき助かる率は高いだろうが

電池が切れていたり圏外であったりすれば

絶望はさらに深まるだろう

シャツ一枚 打ち振るよりも

私は家に居てさえ

ときどき行方不明になる

ベルが鳴っても出ない

電話が鳴っても出ない

今は居ないのです


目には見えないけれど

この世のいたる所に

透明な回転ドアが設置されている

不気味でもあり 素敵でもある 回転ドア

うっかり押したり

あるいは

不意に吸いこまれたり

一回転すれば あっという間に

あの世へとさまよい出る仕掛け

さすれば

もはや完全なる行方不明

残された一つの愉しみでもあって

その折は

あらゆる約束ごとも

すべては

チャラよ

« 「ののちゃん」の小学校の校長先生の「気分」にー    ベランダ補修は板材24本でほぼ完了へ | トップページ | ドキュメンタリー映画「津島ー福島は語る・第2章」公開へ    故郷を奪われた津島の住民の証言を全9章で »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ののちゃん」の小学校の校長先生の「気分」にー    ベランダ補修は板材24本でほぼ完了へ | トップページ | ドキュメンタリー映画「津島ー福島は語る・第2章」公開へ    故郷を奪われた津島の住民の証言を全9章で »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30