無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 春になったので、CDも気分一新の交代へ   1200枚から乱雑に50枚を「厳選」?ー | トップページ | 「序説」創刊50周年記念展を10月10日~10月16日に   日光市の「杉並木公園ギャラリー」を会場に »

2024年4月 3日 (水)

「何か善いことをしているときにはー」     吉本隆明の「視点」を「折々のことば」が紹介

「何か善いことをしているときにはー」は、私も詩人「黒川純」として発刊した詩集「砂時計主義」に掲載した詩の中のテーマのひとつとして、採り入れたことがー、いわば、社会生活の「知恵」、あるいは「警告」として。この「ちょっと」というところが、キーワードだろう。もっとも、「ちょっと」悪いことをしたときの免罪符にしたときも(笑い)。それにしても、久しぶりに「吉本隆明」の名前にお目にかかったね。学生時代におめにかかった彼の長編詩「固有時との対話」を読んだときは、頭がくらくらとスパーク。そんな構えの詩を書いてみたいと思ったことだったー。

さらにもうひとつの代表作「転位のための10篇」もかなり影響を受けたのは確かだ。「共同幻想論」を読んだのはその後。でもそれなりに納得したのは「悪人正機」で知られる「最後の親鸞」かも。さらに、中年になって、たぶん10巻ぐらいだったか、「吉本隆明全詩集」をそろえた。が、かなりが積ん読になっており、全部は読み終えていない、のに、はたと気づくー。
吉本の本をネットで検索していたら、「吉本隆明全集」がー。それもなんと、全38巻~。1970年代に吉本隆明著作集、続著作集を買い求めているが、確か、せいぜい10巻ほど。それが死後だと思うが、38巻の全集が発刊されていたのだね。これはきょう初めて知りましたー。Kob04_900683b
テキストの画像のようです
折々のことば:3046 鷲田清一
 「何か善いことをしているときは、ちょっと悪いことをしている、と思うくらいがちょうどいいんだぜ」
 (#吉本隆明
     ◇
 子どもの頃、学校で赤い羽根募金があり、場の空気から何となく百円寄付したと親に告げると「フフフン」と遇(あしら)われたと、詩人・思想家の長女で漫画家のハルノ宵子は記す。
「正義」への無言の誘導。
善いことも集団でなせば悪に転じうる。
群れずに一人で淡々とやるのが一番強いと、父に刷り込まれたと。ハルノの『隆明だもの』から。

« 春になったので、CDも気分一新の交代へ   1200枚から乱雑に50枚を「厳選」?ー | トップページ | 「序説」創刊50周年記念展を10月10日~10月16日に   日光市の「杉並木公園ギャラリー」を会場に »

団塊世代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春になったので、CDも気分一新の交代へ   1200枚から乱雑に50枚を「厳選」?ー | トップページ | 「序説」創刊50周年記念展を10月10日~10月16日に   日光市の「杉並木公園ギャラリー」を会場に »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31