無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« こども食堂はアジ―ル(聖域・避難所)の歴史的系譜ー   網野善彦没後20年 いま読む意義は      | トップページ | ジェスチャーで〈なんと見事なサクラなのかー〉と     栃木県弁護士会館で満開の模様をお互いに写し »

2024年4月12日 (金)

「霧降文庫」は4月28日(日)に再オープンへー    5カ月間の冬季休業を終え

日光もようやく春を迎えています。日光霧降高原の「霧降文庫」(古書店図書室  日光市所野1541-2546 連絡先090ー5351-3440 毎週末の正午~夕方)は昨年12月から冬季休業中でしたが、2週間後の4月28日(日)から再オープンします。冬季休業は5カ月間。日光に春を告げる伝統の「弥生祭」も13日が初日とか。世界遺産である神橋での手打ち式や厳粛な名刺交換などがある今週中盤の16、17日がいわゆる本番といえるだろう。華やかなヤシオツツジで彩られた各町の家体がお囃子と共に旧日光市内を練り歩き、二荒山神社に駆け上がる光景で知られるこの「弥生祭」も、数年前は降雪で中止になったこともあるのですがー。ともあれ、弥生祭が終われば、日光は本格的な春のシーズン入り。今回はこの季節に合わせた「霧降文庫」再オープンの告知を。あたり一帯が自生のヤマツツジでいっぱいになり、まるで「桃源郷」を思わせる、その霧降高原の初夏までもう少し。広さ35畳ある静かなウッドデッキで本を片手に珈琲を。 Photo_20240413232802 Photo_20240413232801

« こども食堂はアジ―ル(聖域・避難所)の歴史的系譜ー   網野善彦没後20年 いま読む意義は      | トップページ | ジェスチャーで〈なんと見事なサクラなのかー〉と     栃木県弁護士会館で満開の模様をお互いに写し »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こども食堂はアジ―ル(聖域・避難所)の歴史的系譜ー   網野善彦没後20年 いま読む意義は      | トップページ | ジェスチャーで〈なんと見事なサクラなのかー〉と     栃木県弁護士会館で満開の模様をお互いに写し »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31