無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« とにかく山下久美子のこの元気さは格別です    ザ・ベストテン3位を記録した「赤道小町ドキッ」 | トップページ | 宇都宮で「なぜ日本は原発を止められないのか?」講演会    6月8日(土)青木美希さん講演会を県弁護士会館で »

2024年5月11日 (土)

脱原発を達成したドイツを描いた映画があったとはー   坂田雅子監督のドキュメンタリー映画「モルゲン 明日」

 

本日の「栃木アクション」幹事会で、脱原発を選んだドイツを描いたドキュメンタリー映画「モルゲン 明日」を今秋のプレイベント映画としてどうかと、提起しました。上映作品にふさわしいかどうか、論議があり、さらに6月の幹事会で検討していくことになっています。この映画を私も昨夜、「ドイツ、脱原発、ドキュメンタリー」のキイワードで検索し、知ったばかり。「これはぜひ観たいな」と思いましたが、予告編や監督談話、コメントの一部を観ただけでした。高い評価をしている河合弘之弁護士や加藤登紀子さんのコメントは本日夕に知ったところです。

『モルゲン、明日』公式サイト (masakosakata.com)

Photo_20240511235601

予告編  https://youtu.be/mEqGiEhiCkU?si=jQQ3kdkuHy3VwTwD

 

深い絶望を、命の未来に繋げていこう
混迷に踏み込んだまま、歯がゆい失望感を抱え込んでいる今こそ、この作品を見て下さい。日本でも出来ることがあるはず! 日本でも何かが動き出しているはず! どんな時も明日に向かう命の力を、見失わないために。

───加藤登紀子(歌手)


地球環境を語り、自然エネルギーを語る映画も増えた。
しかし、「Morgen、明日」はそのどれとも異なる。
プロパガンダ映画でもなく、観る者に現実を突きつけ答えを迫る映画でもない。
映画から滲み出てくる坂田雅子監督の生き方に魅了されてしまった。

───木村結(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟事務局次長)


涙が出ました。感動の涙と悔し涙です。 私の映画「日本と原発」「日本と再生」で描き得なかった 前史(ドイツの脱原発、自然エネルギーの)と、 未来図(使用済核燃料の処理、自然エネルギー100%への展望) が描かれています。 日本とドイツの違いがよくわかりました。 しかし私たちも、近い将来、ドイツに追いつけると思います。

───河合 弘之(映画監督・弁護士)

 

2011年原発をやめると決めたドイツ、その背景を多方面から探るドキュメンタリー

 

 ドイツで脱原発に舵を切った背景を、これほど多方面から描いているドキュメンタリーはほかにないのではと思われます。根底に戦争への反省、ナチスの歴史にどう向き合うかのドイツ社会としての変化があったこと。原発を止めた闘い、学生運動のメインテーマが原発を含めた環境問題だったこと。その中から緑の党が生まれ、政府に影響を与えるまでになったこと。チェルノブイリを重く受けとめた人たちのこと。自然エネルギーの社会を目指して、送電線を買い取ったシエーナウの人達。多様な自然エネルギーに地域で取り組む人達。自然エネルギーを応援する制度ができたこと。卒原発をみすえて、廃棄物問題へどうむきあっているか。。。などなど多様な活動をしてきた人達へのインタビューで、問題を掘り下げて伝えてくれています。

 

 

 

 

« とにかく山下久美子のこの元気さは格別です    ザ・ベストテン3位を記録した「赤道小町ドキッ」 | トップページ | 宇都宮で「なぜ日本は原発を止められないのか?」講演会    6月8日(土)青木美希さん講演会を県弁護士会館で »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とにかく山下久美子のこの元気さは格別です    ザ・ベストテン3位を記録した「赤道小町ドキッ」 | トップページ | 宇都宮で「なぜ日本は原発を止められないのか?」講演会    6月8日(土)青木美希さん講演会を県弁護士会館で »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30