無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« ゆったりした午後には「ジャズで聴くクラシック」     亡くなった友人を偲ぶ「別れの曲」など12曲 | トップページ | 「東海第二原発問題」がさらに現実味を帯びてきた     「東海第二原発 避難先 市町村別受入人数一覧」で »

2024年5月27日 (月)

「原発事故を忘れないために」裁判を起こしたのです   第12回総会記念講演会「『東海第二原発』の現在地」

26日(日)開いた講演会「『東海第二原発』の現在地」(講師 東海第二原発運転差止訴訟原告団共同代表の大石光伸さん)、会場の日光市中央公民館中ホールは、ほぼいっぱいの63人が参加した。日光を中心に、宇都宮、那須塩原、下野、真岡、高根沢、茂木、那珂川の8市町から参加してくれた。市民側は、一審水戸地裁で原発事故が起きた際の避難の難しさから、「運転してはならない」という判決を勝ち取っている。今は東京高裁の控訴審中だ。

 

講師の大石さんは、現実に12年間もの間、東海第二原発の運転差止を求める裁判に取り組んでいる。講演は丁寧なレジュメ(スライド108枚の12ページ)とともに、裁判の当事者ならでわの貴重な知見や体験、視点をわかりやすく説明。特になぜ生活協同組合が裁判を起こし、原告団事務局も担っているかについて。若い人の茨城からの避難計画をいち早く決め、生協ニュースで次々と伝えた。その2011年3月11日の福島第一原発事故の衝撃たるや。

 

1999年後の東海村JCO臨界事故で生協は騒然とした。だが、それも数年もすると忘れていた。そのことを大いに反省し、「福島原発事故を忘れないようにするため」に裁判を起こしたというくだり。その説明に大いに納得した。

 

前売券チケットは目標の120枚(収支とんとんの枚数)を超えた124枚。参加者は62人だったので、実に半数がカンパで支援してくれたことに。講演会は大いに成功したことを伝えながら、ありがとうございましたとー。 444483338_7485988761529906_8164548386050 445004100_2789355044549300_4558855668794

« ゆったりした午後には「ジャズで聴くクラシック」     亡くなった友人を偲ぶ「別れの曲」など12曲 | トップページ | 「東海第二原発問題」がさらに現実味を帯びてきた     「東海第二原発 避難先 市町村別受入人数一覧」で »

脱原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆったりした午後には「ジャズで聴くクラシック」     亡くなった友人を偲ぶ「別れの曲」など12曲 | トップページ | 「東海第二原発問題」がさらに現実味を帯びてきた     「東海第二原発 避難先 市町村別受入人数一覧」で »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31