無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« こんないい唄を歌っていた「浅川マキ」ー。   やはり寺山修司作詞の「かもめ」が特に | トップページ | 脱原発を達成したドイツを描いた映画があったとはー   坂田雅子監督のドキュメンタリー映画「モルゲン 明日」 »

2024年5月10日 (金)

とにかく山下久美子のこの元気さは格別です    ザ・ベストテン3位を記録した「赤道小町ドキッ」

ザ・ベストテン3位だったことがあるヒット曲だったのだね。とにかくこの山下久美子の元気さは格別。私は「瞳いっぱいの涙」も好きなのだがー。というわけで、facebookにアップされていた「赤道小町ドキッ」について、ウィキペディアの解説をアップして懐かしむことにしましたー。

赤道小町ドキッ
山下久美子  シングル
初出アルバム『Chronologic Singles Side:A Collection
B面 トラブル99ナイティーン・ナイン
リリース
規格 EPレコード
ジャンル ロック
テクノ歌謡
レーベル BLOW UP/日本コロムビア
作詞・作曲 松本隆(作詞)
細野晴臣(作曲)
チャート最高順位
山下久美子 シングル 年表
雨の日は家にいて
1981年
赤道小町ドキッ
1982年
マラソン恋女
(1982年)
公式音源
「赤道小町ドキッ」 - YouTube
 
テンプレートを表示

赤道小町ドキッ」(せきどうこまちドキッ)は、1982年4月1日にアルバム『抱きしめてオンリィ・ユー』と同時に、日本コロムビアからリリースされた山下久美子の6枚目のシングル。同年夏のカネボウ化粧品キャンペーンイメージソング。

作品概要[編集]

エピソード[編集]

  • 松本隆と細野晴臣が後にインタビューで語ったところによると、この曲は詞先行で作られ、早い段階で詞は完成していたものの、曲部分はレコーディング当日になっても完成していなかった。CMソングになることが決まっていたため、レコーディングの延期は出来ない状態の中、細野がスタジオで曲の骨格を作り、レコーディングでドラムスを担当した高橋幸宏、ギターとアレンジを担当した大村憲司の3人で何とか完成にこぎつけた[3]
  • 当時山下のディレクターだった福岡智彦が「『赤道小町ドキッ』がこれまでの山下の方向性とギャップがあり過ぎる」と判断したため同時発売されたアルバム『抱きしめてオンリィ・ユー』にはあえて収録せず[4]、代わりにB面曲である『トラブル99ナイティーン・ナイン』が収録された。
  • のちに、福岡は「(『赤道小町ドキッ』を)普通は入れますよね。ヒットの可能性が高いシングルなんだから、アルバムの売上を引っ張ることを目論むのが当然。今思うと、よくコロムビアが許しましたね」と懐古し、「アルバムもある程度は売れましたが、『赤道小町ドキッ』が入っていたら、たぶんもっと売れたんでしょうね」と語っている[4]
  • 曲のヒットを受け、山下は当時多くの歌謡番組に出演した[注 1]TBSテレビザ・ベストテン』には、1982年5月27日に「今週のスポットライト」で初出場、のち10位以内にランクインを果たす[2]。また、1982年7月8日放送時に最高位の第3位にランクされた際には本物の象の背に跨り歌を披露したが、これは『ザ・ベストテン』のスタッフが原始人のような奇抜な衣装を着てきた山下にヒントを得たもので、象は2週間かけて手配した[5]。山下はのちに「あのころはわけもなく突っ走っていた。自分が楽しくないと、人も楽しませられないってね」と語っている[5]

« こんないい唄を歌っていた「浅川マキ」ー。   やはり寺山修司作詞の「かもめ」が特に | トップページ | 脱原発を達成したドイツを描いた映画があったとはー   坂田雅子監督のドキュメンタリー映画「モルゲン 明日」 »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こんないい唄を歌っていた「浅川マキ」ー。   やはり寺山修司作詞の「かもめ」が特に | トップページ | 脱原発を達成したドイツを描いた映画があったとはー   坂田雅子監督のドキュメンタリー映画「モルゲン 明日」 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30