無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 「憎しみの連鎖」を改めて知るために     「パレスチナ紛争史」「イスラエル戦争の嘘」「解放闘争史」へ | トップページ | マルクスもフロイトもチョムスキーも   「構造主義者とは誰か」という問いに »

2024年5月19日 (日)

夢幻と日常の境界に移ろいゆく精妙で希薄な   ダニエル・コピアルカ演奏「ジムのペディ」

環境音楽の元祖、エリック・サティの「ジムのペディ」ー。それを導入部にしたバイオリニストのダニエル・コピアルカがフルートやハープ、シンセサイザーなどと演奏。気がつくと聴いていることがある。「三つのジムのペディ」「青い影~G線上のアリア」「ミスティーク」。解説では「夢幻と日常の境界に移ろいゆく精妙で希薄な旋律と和声ーコピアルカはこの『歴史的名曲』を素材に大胆にニューエイジ的解釈をほどこした」。うーん、なるほどね。 444137530_7451586641636785_5057075167773 444500485_7451586638303452_5119725529603

« 「憎しみの連鎖」を改めて知るために     「パレスチナ紛争史」「イスラエル戦争の嘘」「解放闘争史」へ | トップページ | マルクスもフロイトもチョムスキーも   「構造主義者とは誰か」という問いに »

歌・唄・詩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「憎しみの連鎖」を改めて知るために     「パレスチナ紛争史」「イスラエル戦争の嘘」「解放闘争史」へ | トップページ | マルクスもフロイトもチョムスキーも   「構造主義者とは誰か」という問いに »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30