無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

« 独裁政権が危機・崩壊を迎えようとするとき。。。。   スラヴォイ・ジジェク「事件ー哲学とは何かー」から | トップページ | マイカーの気温はいやはや34度にも    霧降高原の昼飯は「小豆島そうめん」で »

2024年6月19日 (水)

ウクライナ戦争以後の世界の「常識」にーー   現代思想の奇才・ジジェクの「戦時から目覚めよ」 

「現代思想の奇才」とされるスラヴォイ・ジジェクの「戦時から目覚めよ」が、NHK出版新書として発刊されているのを知ったばかり。ジジェクが気になっていたので、さっそく購入の手続きをとった。オビでは「ウクライナ戦争以後の『常識』の本質をえぐる」とある。これだけでも、魅力的だが、もともとはつい最近、彼の「事件!ー哲学とは何かー」を再読したことから。さまざまな映画評やマルクス、フロイトまではいいとしても、さらにラカン思想を散りばめており、かなり難解な内容だった。ただ、ベルンシュタイン論争問題のポイントなど、あちこちに「なるほど」のところが。この「事件!」は2015年10月20日初版発行。もう10年近い前の書籍だ。なので、<最近はどんな論を書いているのだろうか?>。と思っていたところ、今年発刊されたばかりの新書があることを知った。内容紹介によると、「今日のウクライナにおけるレーニン」とか、「ロシアと西欧の文化戦争」、あるいは「狂気のリズムにブレーキをかけろ」といった、いかにも読みたいと思わせる見出しがある。18日夜にネット経由で注文したら、あす20日には今市の書店に届くというメールが入っていた。どういうわけか、いつもより数日早い連絡だ。ともあれ、すぐにでも書店に寄って、この新書を手にすることにしたいー。

(以下はネット「本やタウン」の案内から)[BOOKデータベースより]

ウクライナ、パレスチナ、西欧とロシアの文化戦争―ジジェクの思想と政治批評にこの一冊で入門する!戦争を防ぐために何が足りないのか?

序 フュチュールとアヴニールのはざま
さらばレーニン ようこそ無能な侵略者たち
戦争(と平和)の異常な平常化
黙示録の五番目の騎士81rinrfo9dl_ac_uf10001000_ql80_
「サファリ」的な主観性
ほかの国が果たすべき役割
結束する権力者に立ち向かえ
今日のウクライナにおけるレーニン
ヒマワリの種がたっぷり入ったポケットから、何が育つのか?
倫理観の衰退を示す紛れもない兆候
偽の目覚めに騙されるな
ロシアと西欧の文化戦争
狂気のリズムにブレーキをかけろ
富裕層への課税?それでは足りない!
アサンジ:そうとも、われわれにはできる!
結論 手遅れの場合、どう始めればいいのか?

[日販商品データベースより]

人類の”大惨事”は避けられるか?

気候変動、生態系の破壊、食糧危機、世界大戦――人類の破滅を防ぐための時間がもう残されていないのだとしたら、我々は今何をなすべきなのか?パンデミックを経てますます注目される現代思想の奇才が、西欧と世界で今起きている事象の本質をえぐり、混迷と分断渦巻く世界の「可能性」を問う。

 

« 独裁政権が危機・崩壊を迎えようとするとき。。。。   スラヴォイ・ジジェク「事件ー哲学とは何かー」から | トップページ | マイカーの気温はいやはや34度にも    霧降高原の昼飯は「小豆島そうめん」で »

「霧降文庫」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 独裁政権が危機・崩壊を迎えようとするとき。。。。   スラヴォイ・ジジェク「事件ー哲学とは何かー」から | トップページ | マイカーの気温はいやはや34度にも    霧降高原の昼飯は「小豆島そうめん」で »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31