無料ブログはココログ

ブログランキング


  • 人気ブログランキングへ

ウッドデッキ

2024年3月16日 (土)

もう「趣味」の領域となったベランダ補修作業ー  3メートルの木材10本を軽トラで運び込み

またもや追加のベランダ補修にとりかかりました。インパクトの打ち込みが気持ち良く、作業というよりもはや「趣味」の領域に。長さ3メートルの板材10本をホームセンター「カインズ」で借りた軽トラで我が家に運び入れる。旧今市市から旧日光市まで往復70分(120分まで無料)。防腐剤を塗り、乾いたところで作業にとりかかる。剥がした板材は薪ストーブの焚き付け材へ。一石二鳥のベランダ補修作業です。本日の作業は4枚を使用。残る6枚は天気次第だが、明日以降に。本日は夕方いっぱいまで。ごくろうさまでした(笑い)。 432748107_7167912146670904_2873352741023 432767315_7167912150004237_2815375193999 432778368_7167932193335566_6937270898300 432738556_7167912153337570_2344949859122

2024年2月27日 (火)

青空が広がる好天日はとにかく「薪づくり」ですー    混合油とオイル切れに気づかないほど「夢中」で    

薪づくりにぴったりの好天日。気持ち良く青空が広がる。さっそくきのう声をかけられた別荘管理人と一緒に運び込んだ薪材を輪切りに。チェーンソーがいつになく調子良くうなる。気づいたら混合油とオイル切れで、チェーンソーがダウン。そんな気はないのに、それほどなんだか、輪切りに夢中になっていました。休憩中はビリー・ヴォーン楽団のベストで。全14曲。相変わらず「真珠貝の歌」、「浪路はるかに」、「夏の日の恋」がいい。「グリーンフィールズ」、「月の入江で」なども聴かせる。ただし、「ワシントン広場の夜は更けて」は趣味ではない(笑い) 429673805_7099889170139869_6796148802789 428704292_7099928540135932_2268225436782 28701251_7099928546802598_62116532833479 429982195_7099928543469265_7860473224594 428712280_7099953483466771_7316742615677

2024年2月16日 (金)

「ののちゃん」の小学校の校長先生の「気分」にー    ベランダ補修は板材24本でほぼ完了へ

ベランダ補修ほぼ完了へー。板材25本のうち1カ月半で24本を使用、「不測」の事態用に1本を残すのみ。楽しみながら作業していたので、ちょっぴり残念が気が~。この間、四コマ漫画「ののちゃん」(朝日新聞連載)の小学校の、いつも校舎の屋根の補修をしている校長先生の「気分」だったかも~。本日の休憩中のBGMは、たまに聴くことがある「天才的女流奏者」とされるラスキーヌ(1897ー1988)のハープ集「亜麻色の髪の乙女」。「泉」(アッセルマン)、「予言の鳥」(シューマン)、「亜麻色の髪の乙女」(ドビュッシー)など26曲。全曲で73分もあるのでした~。 26576062_7050672048394915_72451699254099 426576406_7050672051728248_3903064081030 426642848_7050672055061581_8865943855036 426594206_7050717525057034_5338216645307 426593294_7050717521723701_7285522918807

2024年2月 5日 (月)

霧降高原は予報通り今冬初の大雪     あっという間に積雪20センチ以上も

天気予報どおりー。午後5時過ぎ、日光霧降高原は積雪20センチ以上(3枚の写真は積雪10センチの午後2時過ぎ撮影)。今冬初の大雪かも。まぁ、これがいつものこと。20センチ級が数回あるのが例年なので。あっ!今、別荘管理人が除雪車で除雪を始めたところ。ふと、厳冬期の北海道、仕事で釧路市内から摩周湖へ大きなパジェロで向かったことがよくあった(確かアイヌのコタンに用事がありー)、その雪道の光景を思わず思い起こしました~。一度は摩周湖の手前のところでアクシデントも。積もった雪で道路がよく見えずに側溝にはまり、にっちもさっちもいかなくなった。困ってしまったが、そのうちなんとか近くの農家のコンバイン車だったか、トラクターだったかに引っ張り出してもらい、「救出」されたことも。時おり通りかかる車はすべて必ず止まり、「大丈夫ですか?手伝いましょうか?」と、声をかけてくれた。一台の例外もなく。それも思い出した。それぞれが厳しい冬の北海道暮らしなので、自然と「お互い様」が当たり前なのでしたー。 425478740_7006545472807573_4004255231468 425523872_7006605102801610_3501006246563 425515833_7006605106134943_2515540485963

2024年1月11日 (木)

ベランダ補修の「難所」をなんとかクリア     「大引き」が劣化で脱落し基礎から修理

ベランダ補修の難所にぶつかりました。板材を支える床下の「大引」(根太を支える基礎部分)が劣化で脱落していたため、基礎から修理へ。コンクリートベースの「ピンコロ」2個と渡し材をホームセンターで買い求めた。ベランダの高低差は約30センチだったのでピッタリ。この難所をクリアしたので、6枚の板材はインパクトですいすいと。ややへこんでいたので、ここの補修はこのところの懸案課題だった。夕方になってしまったが、修理したところを何度も確認しながら、「満足、満足」~と。

418514791_6911520378976750_1967957632844 416381470_6911474605647994_2643080696744

 

2024年1月 8日 (月)

ベランダ補修を再開し、気分はすっきりー    用意した板材25枚のうちまだ21枚残っている    

416380585_6900346600094128_8717545450474 416284622_6900346593427462_1714684302079 418189404_6900323420096446_5139900264289 初雪の小雪がほとんど消えた明るい午後のひととき、能登半島地震のニュースを追いながら、ベランダ補修を再開ー。居間に上がる周辺の2箇所、剥がしてみると、やはりかなり傷みが進んでいた。ともあれ、気になっていたので、気分はすっきり。年初に用意した板材は25枚。そのうち4枚は使ったが、まだ21枚残っている。ベランダチェックで気になるところはまだまだ数カ所ある。続けてベランダ補修をやりたかったが、ここは我慢。というのも、きょうの薪ストーブのための薪割りもしなければならない。結局、丸太15本を30分ほどで割って休憩へ。夕方になったところで、きょうは久しぶりに、というか、新年になって初めての市営温泉「やしお湯」へ。温度42度の大浴場のほどほどの熱さにつかる気分のいいことと言ったらー。それぐらいやみつきになる市営温泉です(日光市民で65歳以上は200円という格安入浴代も魅力なのだがー)

 

2024年1月 5日 (金)

「仕事初め」は35畳のベランダの補修から    安全と美観と成果の遊戯労働ですー

「仕事初め」は本日5日(金)のベランダ補修から。板材25枚をそろえ(ホームセンターの2時間無料の軽トラで運び込みました)、まずは10枚の防腐剤塗り。割れ始めていたり、今にも割れそうなところからスタート。広さ35畳のベランダなので、経年劣化の箇所はまだ何ヵ所もありそう。冬本番の薪割り作業と並行して、楽しみながら、のんびり進めていきたい。ベランダ補修はやっただけ、安全と美観と成果がセットとなってくる遊戯労働。なので、取り掛かかること自体が快い。ただし、今冬の霧降高原はまだ一度も雪がないー。が、そのうち必ずあるだろうから、そう悠長に構えてもいけないかもー。 1633390868904733677481186656701478269982 416178395_6890473374414784_9075932060836 416313633_6890473371081451_9115064720321[[sigoto]

 

2023年12月 6日 (水)

ベランダ補修3日目、直したい箇所ほぼカバー    劣化でまだまだやや弱いところもあり、板材追加か?

ベランダ補修3日目~。昼飯を後回しにして作業へ。用意した板材15枚のうち12枚を使い終える。午後2時半までにもともと直そうと思っていたところは何とかカバーできた。残る板材は3枚、となると、あと一日で補修作業完了か。だだし板材がやや弱いところが数ヶ所ある。思っている以上に板材の劣化が進んでいる。その補修を徹底するとなると、板材を追加しないといけないかも~。ともあれいずれやらねばならないことのひとつが終わりそうで、気分的には楽になりました。
すべてのリアクション:
遠藤 和浩、松﨑 みき子、他5人

2023年12月 5日 (火)

ウッドデッキ補修2日目、用意した15枚の半分を使う    皆さんなかなか乗ってこないー「ベランダ補修に参加できますよ」(笑い)






霧降高原のウッドデッキ補修2日目に~。今日はさらに2箇所4枚を交換しました。はがしてみて、思った以上に傷んでいることがわかりました。霧降高原の雨季と湿気がダメージを与えているのだろうな、と。用意した15枚の板材の半分を使ったところ(15枚では足らないかもー)。インパクトの内回りと外回りで板材を取り外すのはかなり簡単だが、ときにはバールを使って壊しながら外すことも。これにはがした板材を丸ノコで焚き付け材の長さにそろえる作業もある。それに珈琲タイムも(笑い)。そのため、意外と時間がかかってしまいますー。お天気次第で明日もベランダ補修へ。「霧降文庫にやって来れば楽しいベランダ補修に参加できますよ」の呼びかけに皆さんなかなか乗ってきません(笑い)













406768053_6777293195732803_1095264216537



2023年12月 4日 (月)

デッキ「遊戯労働」に参加できます(笑い)   35畳のデッキ補修作業をスタートさせましたー。

懸案のウッドデッキの補修をスタートさせました。日光霧降高原の我が家の35畳のデッキが、老朽化で何ヵ所か、板材を取り替えないといけない状態に。ホームセンターで板材15本を求めました。物価高騰は板材にも。5本一セットで3280円、3セットで9840円の痛い出費です(長い板材を運ぶ軽トラはホームセンターに無償で借りて)。まずは防腐剤をはけでていねいに塗ります。乾いたら、インパクトやバール、金づち、ノミなどで板材はがしへ。次は定規、鉛筆、丸ノコ、インパクトなどを使って補修~。本日は板材4枚を使いました。残るは11枚。明日、あさってと、少なくても3日ぐらいはかかりそうだ。いや、天候次第でもあるので、もう少しかかるかもしれない。この補修作業は、私にとっては、遊んでいるのか、作業しているのか、わからない、いわば私の好きな「トム・ソーヤのペンキ塗り」のような「遊戯労働」というものです。ベランダ菜園やスイミングスクールや市民温泉などいくつかある楽しい時間のひとつです。なにしろデッキが安全になり、新しくピカピカとなり、はがした板材は薪ストーブの焚き付け材になりー。もちろん、ベランダ補修作業の達成感もあります。と、いいことばかりです。いわゆる「一石二鳥」のベランダ補修です。「霧降文庫」にやって来ると、あなたも補修作業に参加できますよ(笑い) Photo_20231204215801 Photo_20231204215901 Photo_20231204215902 405381725_6773615299433926_3273141568004 405426606_6773615302767259_2869575905865

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30