無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

田舎暮らし

2016年10月11日 (火)

鉄線入りタワシや山嵐タワシ  せっせとデッキの「のろ」退治へ。

Img_9596
「霧降文庫」の唯一の特色は、40畳大のウッドデッキがあることだが、そのデッキの管理が大変ー。今年は春も秋も「雨期」のようだったことで、のろ、が「堆積」。亀の甲タワシならぬ、工事用の鉄線入りタワシや山嵐タワシなどを動員し、せっせとのろ退治へ。
Img_9592
 
屋根のない30畳のうち、終えたのは10畳分。あと、最低2日の作業が必要だ。それを終えたら、「防腐剤」塗りへ。傷んだデッキの補修もそうだが、お世話になるだけに、ケアもそれなりーということですね
Img_9589
 
 
 
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております 

2016年9月25日 (日)

ベランダ補修は日常茶飯事?   霧降高原「霧降文庫」

Img_9414  25日の霧降高原は、久しぶりの晴れ。青い空を見たのは、何日ぶりだろうか?。もう半月も見ていないかも。晴れた秋空に恋しい。と思えるほど、梅雨空が続いていたのだーー。。青空、仕事、ベランダ、補修、「そうだ!、22日の『霧降ミニマルシェ』で、ベランダを踏み外した人がいた」。



 
Img_9422  めりめりと外してみると、簡単に。それほど、傷んでいた。ベランダの板材はもう7年もそのまま。そろそろ老朽化の時間になってきたかもー。とくに傷んだところは、雨や雪に襲われていたところ。ともあれ、一枚を外すことに。インパクトをバールが力になる。
 
Img_9423 傷んだ一枚のその先に、ねじ回しで、叩いてみると、それもすぐにへこんでしまうー。それならと、その一枚も外すことに。インパクトが大活躍。ほどんどバールは使わずに、外すことに成功。霧降高原暮らしにベランダ補修は、日常茶飯事といった思いが。一服する間もなく、小雨が来ないうちに補修へ。
 
Img_9425 最初に外したところに合う板材がなく、2枚で。半端な板材も活用し、以上のように。曲尺と鉛筆、ハンマーとねじ回し、インパクトとバール・・・・意外と、道具を使っている。そうそう、これにノコギりも。数が多いときは、丸ノコを使うのだが、この日は、数枚だったので、丸ノコの登場はありませんでした。

                                                       Img_9429_2 インパクトが大活躍なのだが、内臓の電池は、20分ほどで、終わってしまう。というか、力がいる板材だと、もう少し下かも。一度、電池を入れてから、再び作業開始。くろうとなら、インパクトは2台が必要かもしれない。それに手入れが行き届いたノコギりも。仕上げは、ごらんのとおり、「完璧」です(笑)。全部で1時間半ぐらいに作業でしたー。
 
 
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年8月16日 (火)

天候を横目にデッキ補修作業   「霧降文庫」のあちこちー。

Img_8868
  雨が降りそうな天候だが、16日(火)は、デッキの補修作業にあたったのであった。15日(月)もやっていたのだが、途中で、降雨となり、試合中止、ではなく、作業中止ー。その続きだが、場所は、デッキの角。ノコギり作業がそれなりにあったのですー。
Img_8869
 作業は、ごらんのとおり、この日は3枚を張るだけ。とはいえ、長さをそろえるための、ノミ。位置を決めるためのバールなども「活躍」の場面です。遠くにノコギりがあるが、当然、長さを決めるために曲尺(この人は線引き)と鉛筆(この日はボールペン)も必要です。
 Img_8871
  デッキ補修作業の主役となるのが、「インパクト」。動力は小さな蓄電池(コンセントから蓄電するが、30分から1時間で電池切れに)。これで板材を回転式に打ち付ける。「ドドドッー」というそれなりの音がするので、遠くからでも、「あっ、インパクトで作業しているな」ということがわかる。ネダンはホーむセンターで、1万円前後か?。
 Img_8867
  仕上がりはこの通り。確か5年前に備えたデッキ(40畳あり、それを7回の工事を重ねて完成へ)。第3期の拡張の際のデッキが対象。その角なので、ノミも使う小さな大工仕事も加わっての補修作業です。「使用前」は、苔もかなり積もっていたが、ほら、この通りー。でも、このデッキ補修作業、まだまだ続くのです。それが終われば、防腐剤を全面に塗る仕事もあります(笑い)-。
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

 

2016年8月11日 (木)

簡単な大工仕事だが、道具などは21種類も  「霧降文庫」の補修作業

Img_8821

 本日も大工仕事ー。ウッドデッキの補修に手をかけ、再び、屋根の落ち葉落としをやり、雨樋の補修を終えー。午後1時半から5時間も(途中、可否タイムやカルピスタイムなど、2時間の休憩があり、実質は3時間~笑い~)。

Img_8823

 
 使った道具や材料は、➀インパクト充電器など一式②曲尺③ボールペン④ノコギり⑤バール⑥ハンマー⑦ビス⑧ビス入れ⑨虫よけアース(作業中の虫よけにー)⑩杉板材3枚⑪ビス(65ミリだったが、57ミリにすべきだった。
Img_8826
 
 さらに⑫丸ノコ(ふだん使っているが、本日は使わず)⑬作業服一式⑭散水器⑮ハシゴ⑯デッキブラシ⑰机ふたつ⑱プライヤー⑲軍手⑳煙草と可否セット(・・・?)㉑タオル・・・。簡単な大工仕事でもこれだけの用意が必要なのですねー。
Img_8827
 
あす12日は帰省ピークだが、やはり、デッキ修理や看板づくりなどの大工仕事へ。さらにデッキの防腐剤塗りも控えているー。。。ひぇ~。
Img_8833
 
 12日(金)も、午後1時過ぎから4時前後まで「大工仕事」をしてますから、「遊戯労働」への参加希望者は「霧降文庫」へ。11日(木)も呼びかけたが、ひとりとして、参加せず。まぁ、みんな忙しいだろうから、当然だとは思っているのですがー。
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年8月10日 (水)

ジャガイモ掘りは1日、干すのは3日~  「霧降文庫」の場合ですー。

Img_8562

(7月29日の金曜日の「霧降文庫」畑のジャガイモ掘りで、はいポーズの場面)
Img_8745(7月に掘ったジャガイモを「霧降文庫」のベランダに干したのは8月6日が初日か)
Img_8743(ジャガイモは泥をつけたまま干したほうが、腐りにくいことが判明しましたー)
   今年の「霧降文庫」畑のジャガイモ掘りは、7月29日の金曜日に行い、そのジャガイモを干す作業は8月6日の土曜日から。掘り出す作業は半日だったが、干す作業は3日間かかりましたー。
 
 今夏のジャガイモ作りは異例のやりかた。腰が悪かったので、春の植え付けはオーナー任せ。途中の間引きもやっていただきました。約1カ月の入院生活(腰椎後方すべり症の手術を受けました)を終えたところで、梅雨明けに。梅雨が明けたら、ジャガイモ堀りへ。そう決めていたので、退院から1週間で、その「遊戯労働」へ。
 
 このBLOGなど、ネットも含めて参加者を募集したところ、日光の「ともだち」の奥方様2人が手を上げました。そこにちびっこ3人が加わり、私と農園オーナーの計7人で、日光市郊外の畑で、せっせと掘り進んだのです。
 
 もうこの場所は数年借りており、今年も二畝・約60㍍に「キタアカリ」を植えていただいた(本来は私がやることになっていたのです。間引きや保守点検の手間なども含め、畑の借り代は昨年の7000円かから1万円へ。これは当然でしょうねー)
 
 休憩時間も含め2時間半ほど、ちびっこたちはすぐにカブトムシやクワガタの林へ。「大収穫」に大喜び。子供の夏休みとしては、労働作業もあり、昆虫採集もあり、で、すごくいい時間になったよう。
 
 そうそう、このBLOG記事を書こうとしたのは、そのあとのジャガイモ干しについて、伝えたかったため。昨年までは、掘りだしたジャガイモは我が家の水道で水洗いし、そのうえで、ベランダに干していた。そこにたまたま茂木の農業通のともだちが我が家へ。「じゃがいもは、掘った泥がついたまま干すのがいいよ。水で洗うと、すぐに腐ってしまうさ」と。
 

 そうです。昨年は水で洗い、数日して干そうとしたら、100以上のじゃがいもが腐りかけておりました。今年は土をつけたまま、いくつかの土のう袋に保管。そのうち腐ってきていたのは数個のみでした。これは「大発見」です~。
 

 ということで、体験からも、掘ったジャガイモは、土や泥をつけたまま、干すほうがいいと。こんなことは昔からそうだろうしで、少しでも農業を学んでいれば、わかることでしょう。私のような素人というのは、やはり怖いですねー。という反省しきりです。

 
 ということで、雨の日が続いたこともあり、ジャガイモを干したのは掘ってから数日後。それも1日の太陽では終わらず、結局、全部のジャガイモを干し終えたのは、8月9日の火曜日。終えるまで3日間、かかりました。「その後の後始末のほうに時間がかかるのだねー」と、思いつつ、じゃがいもの本格保管へ。
 
 これからは、このジャガイモで、「カレー」、「コロッケ」、「ポテトフライ」、「肉じゃが」を中心に使っていくことになる。そういえば、昨年までは一円玉のように小さなそれは、捨てていた。「それはもったいない、そのままフライパンで炒めればおいしいよ」、とそう言われたのでしたー。今年はその料理にも挑むことにします(笑、以上、じゃがいも収穫・乾燥作業報告です)
 
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年4月 3日 (日)

早くも今冬対策  薪づくりがスタート

 
Img_6753                                                                                                                   

Img_6749 春が始まったばかりですが、本日から今冬の薪づくりをスタートさせました~。・・・それにしても「夢」は、使い切れないほどの薪を積み上げること・・・・なんというささやかな希望なのだろうか(笑い)。

 
これから秋にかけて、薪づくりへ。今年はガソリンチェンソーも再開へ。故障していたので、電気チェンソーを使っていた。これだと、森林の中などに行けない。今年はしっかりと薪の確保へ。
 
 それにしても、年間の薪の量は、最低でも・・・軽トラック8台分は必要だ。これはこの5年間、薪ストーブを使ってみての体験から。これを集めることが大変なので、薪ストーブに二の足を踏むと聞く。確かにそういうことなのだろう。
 
 でも、薪の人脈ができてくれば、薪の確保もかなり楽に。そのためのガソリンチェンソーや斧は必需品だ。薪割りは仕事ではなく、むしろ遊戯に近い。薪割りに関わりたい知人も多い。

 
 その中には「スポーツとしての薪割り」、あるいは「スキーの基礎体力づくり」という友人も。なので、このところ、薪割りの70%は、複数の「ともだち」がやっています。私の出番はそれほど多くはないのですー。
  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ランキングに参加しております。

2015年7月 8日 (水)

じゃがいも畑に行ってきました 「霧降文庫農園」で、ざくざくと

Img_2034


Img_0919
(上の写真は7月8日のきょう、下の写真は5月16日の間引きの作業)

 そろそろでは?」「そうなんです。お電話しようと思っていたのです」ー。ジャガイモ堀りのこと。私からの問いに私の農園オーナーがこんなふうに。「食べるには今からがいい。貯蔵用は7月中旬からだね」とも。

ということで、本日の8日午後、日光市郊外にある「霧降文庫農園」?に出掛け、5月上旬に「男爵」と「北あかり」の二種類の種芋を植えておいたジャガイモ畑へ。小雨模様なのもあり、上下ともアノラックで。長靴、軍手、タオル、袋の芋ほりルックに。

  ジャガイモはすこし枯れかかっているが、一本抜くと、大中小10個強のジャイモが。「じゃがいも、ごろごろ」。そんな唄を口ずさみながら、掘り進める。数メーター進んだところで、もう30リットルの3つの袋が重く。全体で54メートルあるのだが、きょう終えたのは、10数メートル。これからがあるので、1時間ほどで中止。  

 7月20日の「第2回霧降ミニマルシェ」(会場は「霧降文庫」)では、カレー屋「霧降」も出店の予定で、一杯300円。「えっ、そんな値段で。私も昼に来ます」。そう言っていた近所の人がいたが、そのカレーのジャガイモは「霧降文庫農園」の収穫から。それなので、こんな値段で提供できるのです。と、7・20の宣伝も(笑い)。

2015年3月18日 (水)

とても忙しかった一日とは~  治療・報告・修理・買物・読書・・・・ 

Photo

 「整体治療院」(3週間に一度)を終えて、今、話題の「政治資金収支報告書」(政治団体「富岡洋一郎と『懐かしい未来』の会)を県庁8階の県選挙管理委員会に届け(訂正印何か所か)、

 宇都宮から日光への帰りに「平木ちさこ」さんの「応援カード」集めに歩き、「リコール」があったマイカー「パジェロミニ」の部品交換手続きと室内灯修理を済ませ、

 郊外のパン屋さんで食パンを、コンビニで入浴剤と手塚治虫の「シュマリ」(上下巻)を買い求めと・・・(これらは関係ないか~笑い~)、

 ともかく忙しい18日(水曜日)でありましたー(夜にその「シュマリ」994頁を読み終えたこともあり。とてもいい手塚治虫本でした)。

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2015年1月14日 (水)

ぽてとふらいからぽてとふらいへ  とにかく美味いのでつい料理へ

1dscn9319

 ぽてとふらい、そして、ぽてとふらいー。この半月間で、もう3回もつくったろうか?。なにしろ、美味しいのだからー。つくるきっかけは、小麦粉にしろ、パン粉にしろ、それを買い物袋のなかで、ぐるぐるとかき混ぜることを覚えたためー。こうすると、ほんとうに均等に小麦粉にパン粉もじゃがいもにー。

 じゃがいもをふかすこと約35分。じゃがいもは7個ぐらいかー。皮をむいて、包丁でだいたいが4つとか、7つとか。それを小麦粉を入れた買い物袋へ。ぐるぐると。事前に卵3個とマヨネーズ3分の1、コップ一杯の水、それに少しの小麦粉の中へ。

 つづいて、パン粉を入れたまたも買い物袋へ。これもぐるぐると。パン粉が足らないようなら、少し足してみる。ここまでくればもう完成へ。これらの作業のため、新聞紙を4枚ほど板敷に敷いておく。そうすることで、小麦粉などもそこらに飛ばず、きれいに「作業」ができる。

 さて、パン粉でまぶしたじゃがいたちを熱した油の鍋へ。ひとつを試しに。じゅ~。じゃがいもが中ほどまで浮かんでくれば、100度とか。もう少し熱して15個づつを。この作業を何回も揚げながら、ソウスを用意しておいて、いくつかはつまみぐいー。これが美味いのだ。

 揚げる作業は、たぶん7~8回か。結局、百数十個も揚げて終了へー。じゃがいもをふかしはじめてから、かかる時間は1時間20分ぐらい?。実質の作業は40分ぐらいだと思う。

 それでも簡単な「ステーキ」「肉豆腐」とか、「生姜焼き」「野菜炒め」、あるいは「肉じゃが」「カレー」などに比べると、作る時間が少しかかるので、それなりに時間に余裕があったときに。そんなときしかやらないのですー。それがこのところ、3回もあったので、アップへ。

ブログランキング

人気ブログランキングへ 

いいね!ーだったら、ぜひクリックを!。(ブログランキングが上がります

2014年7月 1日 (火)

きちんとした野菜炒め定食 「田舎暮らし」でなくとも、本格派?で~

 たまにはきちんとした夕食も
 
と、いうことで、きょうは、肉野菜炒め定食
 味付けは、行きつけの中華料理店長さん、直伝のもの~
 ラーメンスープ、醤油、りんご酢、日本酒、それに少々のお砂糖
 
 初めに小間肉
 次にキャベツとニンジンと玉ねぎ
 さらにピ-マンとシイタケ
 最後にニラとモヤシ
(きようはもやしがなかったので、もやし抜きの野菜炒めでした~)

Dscn5137Dscn5139


Dscn5132_2 Dscn5133_2

ブログランキング

人気ブログランキングへ
いいね!

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30