無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

「霧降文庫」

2018年8月18日 (土)

8月19日から臨時休業いたします  都合により「霧降文庫」

「霧降文庫」は、都合により、8月19日(日)から、半月間ほど、「臨時休業」になります。ご連絡いたします。Photo

2018年6月29日 (金)

「マルクスの構造 ~『生誕200年』その先~」   「霧降文庫」夏の企画コーナー

1img_8107
 梅雨明け「霧降文庫」の夏の企画コーナーは「マルクスの構造 ~『生誕200年』その先~」。広いベランダに12箱の企画コーナーに「資本論」上下巻はもちろん、「経済学・哲学草稿」や「資本論入門」、「私のマルクス」なども。6月30日(土)~正午ー17時~から。
 
「古書一品以上お求めの方が希望すれば、霧降文庫カレーを提供いたします。ドリップ珈琲もー」。6月中の梅雨明けは、聴いたことがないが、このうだるような天候では確かに。夏の霧降高原においでください

 「霧降文庫」の問い合わせは、090-5351-3440 日光市所野1541-2546


人気ブログランキングへ

2017年11月24日 (金)

25日(土)、26日(日)とオープンしています 霧降高原「霧降文庫」

 

Photo 珍しく週末の25日(土)、26日(日)、「霧降文庫」はオープンしています。正午~夕方。晩秋の霧降高原へ。私は?、看板で。「下の道路で薪割りをしています」ー。

Img_5814_2

 

週末オープンとしているのですが、現実はー。土日は会議や集会、デモなどが多く、その半分もオープンできていないのが実状です。たまに雑誌を片手に訪れてくれていることは知っているので、心苦しいのではありますー。
 Img_5689
 詩集「まぼろしの夜の祭り」を11月1日に発刊した詩人、磯山オサム君もその一人。当方の状況を承知しているので、だいだい事前に電話で「その日は開いているの?」と、聞いてくる。同人誌の仲間で、茨城県笠間市から。北関東道でぴゅ~とやってくる。そういえば、先週も訪ねてくれた。詩集発刊報告などと併せてー。
 Photo_2
 そうそう、報告をー。この「まぼろしの夜の祭り」の編集は、「序説編集委員会」であり、発行所は、日光市所野1541-2546、つまり「霧降文庫」です。「序説叢書第一号」と名乗っており、これから第二号、第三号へと。「霧降文庫」はミニミニ出版社にもなりましたー
ブログランキング
人気ブログランキングへ
 

2017年9月23日 (土)

防災へ本棚全面「固定化」  「図書室」大改造に合わせ 

 懸案だった本棚の全面「固定化」をきょう9月23日(土)、「霧降文庫」をオープンさせながら、実行ー(散歩帰りの「ともだち」も少し手伝ってくれたがー)。「いつか実行へ」と、思ってばかりだったが、ようやく。

 「図書室」を大改造したついでに、「エイヤ!」とばかりに。制作した木箱は100箱近くにんのぼる。そのうち「固定化」に20数箱をあてたのでしたー「ごくろうさま」、と、声をかけたのでした~

Img_4580

 「霧降文庫」は9月24日(日)もオープンします。正午~夕方。ウッドデッキに古書1000冊、企画「ぼくらの憲法だぜ!」に100冊(9月、10月)、図書室に約4000冊など蔵書約4000冊ー。図書室は無料貸し出しをしていますー。ただし、「貸し出しノート」に書いてもらいますがー。

 

 「霧降文庫」(〒321-1421 日光市所野1541-2546 0288-25-3348)。東武日光駅から約3・5㌔、車で約7分(歩くと、片道約40分かなー)

Photo

 

ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

2017年9月22日 (金)

土、日ともオープンしてます 古書店図書室「霧降文庫」

「霧降文庫」の今週は、珍しく、土、日ともオープンしております。

国会が風雲急を告げる~、嵐の前の静けさ、みたいなー。

23日(土)、24日(日)、いずれも正午~夕方まで。

9月、10月の企画は「ぼくらの憲法だぜ!」ですー。厳選?90冊(非売品)を用意しました。

 

古書販売(有料)は1、000冊、貸し出し図書(無料)は5、000冊ーで。

自動代替テキストはありません。

2017年9月 2日 (土)

「ぼくらの憲法だぜ!」 霧降文庫の9月、10月テーマ。

Photo_2 「霧降文庫」の9月、10月のテーマは、「ぼくらの憲法だぜ!」。今週の土、日ともオープンしますが、2日は13時半~15時が臨時休憩、3日は14時からオープンです。いずれも自治会防災訓練に参加のためー。

2017年8月19日 (土)

1000冊から3000冊へ、 「霧降文庫」の貸出図書

Img_4191
 
Photo
 
Photo_2
 毎日が梅雨のようで、というか、関東地方は冷夏そのもの。太陽が懐かしい「霧降文庫」です。困ったのは、太陽の下で洗濯物を乾かせないことー。ついに農作物にも影響がでているようで、野菜が高騰しそうです。こんな天候のためか、私がいつも使っている「コンビニエンスストア」で「21日から、おでん」を扱うという店頭広告を出しておりました~。「盛夏」の「おでん」?ー。
 
 霧降高原の古書店図書室「霧降文庫」(〒321-1421 栃木県日光市所野1541-2546、0288-25-3348)の8月のオープンは、20日(日)、27日(日)のあと2日間、あります。正午~17時。企画ものは、「宇宙の最前線へ」。80冊ほど集めておきました。「縁側」で本を片手にドリップ珈琲(おもてなし)をお楽しみください。
 
 販売の古書はウッドデッキに約800冊、貸し出し図書は約3000冊。これまで1000冊が貸し出し対象でしたが、このところ、本箱を大量に制作し、収納スペースができました。もともと収納スペースさえあれば、6000冊でも、7000冊でも貸し出しできるのですがー(これは今後の課題です)ー。
 
ブログランキング
人気ブログランキングへ
 
 

2017年8月12日 (土)

10歳の夏まで戦争だった  若松丈太郎さんの新刊詩集

この国では、もはや議会制民主主義は破壊に瀕して、国民主権の存続が危うい状況にある。この詩集の一篇「生まれたころ」に書いた1935年前後の状況を既視体験(デジャ・ビュ)しているかに思えてならない(あとがき)

 福島の詩人、「核災棄民」と呼んでいる若松丈太郎さんから寄贈されてきた敗戦の日に刊行される詩集、『十歳の夏まで戦争だった』(コールサック社、2017年8月15日初版発行)ー。じっくり読ませていただきます。

Img_4120

 

ブログランキング
人気ブログランキングへ

2017年8月 6日 (日)

夏は緑陰で図書を 古書店図書室「霧降文庫」

Photo_2
 ●「霧降文庫」の真夏、8月の日程は以下の通りです。あす6日(日)のほか、5日間はやってます。オープン時間は正午~日没(といっても、だいたい夕方には閉まります)。
 ●同人誌「序説」第24号(8月1日発刊)ができあがりました。「霧降文庫」にも置きます。
 ●7月、8月(9月も?)のテーまは、「宇宙の最前線へ」です。新たな知見に満ちた「宇宙」に関する書籍約100冊をとりそろえております。いずれも企画本なので、企画期間が終えたら、無料貸出をいたします。
 ●ウッドデッキで約800冊の古書の販売向け、居間の図書室の約1000冊は無料貸し出しです。
 ●「縁側の空間」をめざしており、いわば「ともだち広場」みたいなもの。霧降高原にようこそー、と、いずれもドリップ珈琲をサービスしています。緑陰での読書をお楽しみください。
 栃木県日光市所野1541-2546 ☎0288-25-3348
オープン日
☆6日(日)☆11日(祝日)☆12日(土)☆20日(日)☆27日(日)
クロス日
★13日(日 お盆帰省)★19日(土、栃木県民ネット討論集会)★26日(土、さよなら原発!栃木アクション会議など)
 
ブログランキング
人気ブログランキングへ

2017年6月30日 (金)

7,8月企画は「宇宙の最前線」へ  古書店図書室「霧降文庫」

 
Img_3745
Img_3740
 「霧降文庫」の7,8月企画は、「宇宙の最前線」へー。系外惑星と太陽系、磁力と重力の発見などから、「宇宙になぜ我々が存在するのか」-。アインシュタインの相対性理論などもバックに存在論にも肉薄しようと思います。
 7月1日(土)は臨時休業で、オープンは7月2日(日)から。正午~日没。7月29日(土)、30日(日)は、同人誌「序説第24号」総会が「霧降文庫」で開かれるため、臨時休業します。それ以外の週末の土日は、オープンする予定です。
ブログランキング
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いいたします。
 

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31