無料ブログはココログ

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

民主主義

2017年8月 2日 (水)

いままさに戦後の「確信」の危機   手塚治虫や水木しげるたちの執念  

 

Img_4056 いままさに戦後の「確信」の危機 

手塚治虫や水木しげるたちの執念

 

 手塚治虫「戦争漫画傑作選」、そして手塚治虫「戦争漫画」傑作選Ⅱが続き、手塚治虫「戦争と日本人」のコミックが7月10日に発行され、一気に読み終えました。発行元はいずれも「祥伝社」。読み終えてから気づいたのだが、この解説がなんと、「永続敗戦論」で知られる論客、白井聡(しらい・さとし 政治学者、思想史家)でありました。

彼の「永続敗戦論――戦後日本の核心」は、ウイキペディアによると、第35石橋湛山賞、第12角川財団学芸賞を受賞している。これまでは主にロシア革命の指導者であるレーニンの政治思想をテーマとした研究を手掛け、私も彼の未完のレーニン」の思想を読む』(講談社2007年)、『「物質」の蜂起をめざして――レーニン、「力」の思想』(作品社2010年)を手にしている。最近では『「戦後」の墓碑銘』(金曜日、2015年)も。さらに最近では『日本劣化論』(笠井潔共著、ちくま新書2014年)や『日本戦後史論』(内田樹共著、徳間書店2015年)と、次々と戦後史についての対談集を出している

と、まぁ、最前線で活躍している彼がコミックの、それも手塚作品の解説と書いておいることに最初はびっくり、しかし、その解説を読んで、いやはや「なるほど」と。短い解説だが、さすがの白井聡さん、今の時代をきちんと正面から斬っている、と、思ったのでした。その一部をに抜き出すと、以下のようだが、「静かなクーデター」を起こしている安倍政治に対するきちんとしたスタンスを身につけるには、手塚治虫や水木しげるなどの戦中世代のコミック・漫画をたくさんの人達に読んでもらうことが早道かな、と、思うことしきりです。

(以下は「解説」から)

 ・・・・戦後日本の場合、「内省」は巨匠たちによって支えられ、長きにわたって持続してきた。手塚治虫も水木しげるも、ひたすら暗い。救いのない戦争漫画や実録的軍記物を描き続けた。その執念は、われわれも敗者であるがゆえに、現代戦争の悲惨さを虚心に見つめることができるのであり、それを世界に伝えることに普遍的意義があるとの確信に支えられていたはずだ。そして、いままさに危機にさらされているのは、この確信である・・・・・

ブログランキング
人気ブログランキングへ

 

 

(折々の<状況> 第25号 002)

2016年9月24日 (土)

もう一度、日本の「かたち」を 「たのべさんと未来を語ろう」

 

Img_9395 主催した「日光市民連合」(戦争させない総がかり日光市民連合)の共同代表である、平木ちさこ・栃木県議が、facebookで、当日の模様をきちんとアップしてくれたので、それをそのまま転載させてもらいますー。



9月23日(金)

・たのべさんと未来を語ろう!in日光
戦争させない総がかり日光市民連合が主催。

まずは現状認識から。

日本国憲法とは人類標準=世界標準、すなわち
人類が積み上げてきた智慧を元に国の基本の形を
決めてきたものである。

そこには五つのエッセンスがある。

一つは、立憲主義、法治国家、民主主義、国民主権。
それらが、今、揺らいでいる

二つは、平和主義(9条)
軍事費にお金をかけず、
人々の生活のためにお金をかけてきた。

自分から手を上げることをしないことを選んできた。
が、今は集団的自衛権の行使で海外への派兵も

行なおうとしている。

三つは、25条の国民の文化的生活が失われている。

もう一度、格差のない1億総中流と言われた時代に戻さねば。

格差は経済が作ったものではない。
政治と制度が作り出してきたものだ。

かつて、地主制度が崩され小作が豊かになった。

そして小作が車や冷蔵庫を買えるようになり、
メーカーが
儲かって、日本経済が発展して来た。

つまり、一部の人だけが儲かっても彼らはもう既に
買うもの、欲しいものがない。

だから株式に投資する。
多くの人が豊かにならないと経済は発展しない。

四つは、職人の国、日本のものづくりをする人たちが
非正規雇用として拡大されている。

今は人が基準ではなくて利益が基準になっている。
働く人をもっと大切にせねばダメだ。

五つは、基本的人権、思想信条の自由、報道の自由
これらが侵されている。

これらの基本的なこと次々に崩されはじめている。
政治によって変えられて来ている。

本来の日本の国のかたちは何か!?

もう一度、本来の日本のかたちを取り戻そう!

他にも、選挙の総括や、いかに社会を動かして行くのか、
野党が選ばれない事情、などの熱い討論がされた。

自分は何を為すべきか、それぞれがそれぞれの胸に
問い返す、そんな機会となった。

久々にゆかり夫人も見えて、みんなで再会を喜んだ。
とても良い集会だった。

   
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております


2016年9月10日 (土)

「たのべさんと未来を語ろう 9月23日(金)日光総合会館

Img_9147

「たのべさんと未来を語ろう」。9月23日(金)18時から、日光総合会館大会議室。20時まで。

 
冒頭、「ワイマール憲法が生んだ独裁の”教訓”」のドキュメンタリー作品(29分)も上映します。今年のJCJ賞・「日本ジャーナリスト会議」賞を受賞した力作です。
PhotoPhoto_2
 
参院選栃木野党統一候補だったたのべたかおさんが、先の参院選を総括したうえ、戦争法、原発、憲法、社会などについて語り、それについてQ&Aで。
Photo_3
 
終わったら、たのべさんを囲んで「懇親会」を予定しています。こちらへの参加もー。「いまいち九条の会」と「日光市民連合」の共催です。(懇親会会場の候補は、旧日光市内の手軽な居酒屋さんですが、最終的には16日の集まりで、決めます)



Img_9148
  
人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ブログランキングに参加しております

2016年5月 5日 (木)

国家の出番を抑える自由が必要に 樋口陽一の憲法論

「国家は個人にとってはまず解放者だったのです。しかし、この解放者は、今度はひよっとすると全面的な支配者になりかねない。いったんそうなると国家が飛び抜けて強い存在になるわけですから、今度はその国家の出番を抑える国家からの自由が必要になってくる。だから、個人の方から様々なルールをつくりー立憲主義ですねー国家を縛る。これが近代社会の描くモデル的なイメージです」 と、

 「個人と国家 -今なぜ立憲主義か」(樋口陽一 集英社新書 2015年6月6日 第13刷り) から。

 
確かに憲法の第一人者、ものすごい博学の樋口陽一・東北大名誉教授。1934年生まれ。もう85歳を越えた彼が書いたこの新書がなんと魅力的か。最近、対談した小林節・慶応大名誉教授が大変に尊敬している様子なのもうなづける。樋口陽一さんの講演を一度、聴いてみたいと思わせる。それほど中身が詰まった新書です。「個人と国家 -今、なぜ立憲主義かー」(集英社新書)。2015年6月6日13刷から。

ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ

2016年4月 4日 (月)

1カ月でフォロワー520 戦争法反対県民ネットtwitter

 2016年3月1日スタートの県民ネット(戦争法廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク)公式twitterは、1カ月後の4日現在、フォロワー520人。ほぼ想定どおりです。
 
 これから5月1日の目標は1000。6月1日は2000。7月1日・・・・5000と。参院選投票日には10000をめざしたい。が・・そううまくいくかどうか。
 
 いすれにしろ、SMS(ソーシャルメディアサービス)のうち、「動員の革命」に長けているのは、なんといってもtwitter。このtwitterの「拡散」のゆくえが、野党統一候補の伸長に影響を及ぼすだろうー。そう見ているのですがー。
 
県民ネットアドレスは以下の通り。
twitter.com/nowartochigii21 - キャッシュ

The latest Tweets from 戦争法反対栃木県民ネット (@nowartochigii21). 「戦争法の 廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク」の「公式」TWITTERです。2016 年2月6日、戦争法に反対する栃木県内の36の市民団体と個人で結成されました。

https://twitter.com/nowartochigii214cisqveb_400x400

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへ励みの「いいね」をお願いします。ランキングに参加しております。

2016年3月30日 (水)

5月3日は戦争法廃止へ 宇都宮で「憲法」講演会

  県内46団体で今年2月6日に結成された「戦争法廃止と立憲主義の回復を求める栃木県民ネットワーク」(戦争法反対栃木県民ネットワーク)が主催する5月3日・憲法記念日の講演会は、「とちぎ健康の森・講堂」で。無料。ぜひ、ご参加ください。
 
 
 ようやくフライヤーができました。1万枚、参院選に向け、ここできちんと「憲法」を改めて学ぶことに。3月25日、全野党と県民ネット、統一候補の8者が県弁護士会館で歴史的な「調印」を果たしました。勝利に向け、その人も会場に駆けつけることでしょう。 

53

2016年2月 8日 (月)

若者政党が第三党に スペイン「ポデモス」が学べる

若者政党が第三党に。69議席獲得(全350議席)スペインの「ポデモス」(我々はできる)に学ぶことがたくさんありそうだ。きょうの東京新聞「こちら特報部」で見開きで展開。しかし、この紙面は有料ネットでないと読めないので、代わりにこの記事を。

Photo

(2016年1月15日)

昨年12月に行われたスペイン総選挙で躍進した政党・ポデモスが注目を集めている。

ポデモスは2014年1月にできたばかりの新しい政党で、同年5月の欧州議会選挙でスペイン第4の政党に、支持率は一時与党を抜いてトップに立ち、昨年末の総選挙では定数350議席のうち69議席を獲得し、第3党にまでなっている。

市民運動の流れで出てきたポデモス

では、なぜこの新政党が支持を集めているのだろうか。

まずリーマン・ショック後のスペインは、徐々に改善してはいるが、若者の失業率が約50%と危機的な状況で(全体では約25%)、2011年5月には「Occupy Wall Street」を模倣した大規模な抗議運動が起こり、緊縮政策や格差に対する不満をぶつけた。しかしデモだけでは選挙結果に影響を与えることはできず、与党は単独過半数に。こうした中で、2014年1月に30人の知識人によってポデモスが結党された。ポデモスとは、スペイン語で「我々にはできる」という意味で、政策決定の段階から市民に参加してもらう従来の政治手法とは異なる形を実現しようとしている。メンバーも大半が30代で、若者政党という側面もある。

こうしてみると、一見日本の学生団体SEALDsと似ている印象を抱くが、実際は異なる。

「極左」から中道左派へ

ポデモスの党首パブロ・イグレシアス氏は、1978年生まれの37歳で、マドリード・コンプルテンセ大学の政治学教授、他の主要メンバーも大学教授や学者などで構成されている。残念ながらSEALDsをはじめとする日本の市民運動には「知性」を感じないが、ポデモスは「知性」を持ったメンバーが中心に存在する。

確かに結党当初こそ、グローバル化や市場主義を強く批判し、政策も自由貿易からの離脱、生活に最低限必要な資金提供(ベーシックインカム)、利益を出している企業が労働者を解雇するのを禁止、公的債務支払いに関する市民の監督権といった典型的な左派ポピュリストの政策が多かったが、徐々に現実的な路線に、中道左派寄りへと変化してきている。

最初の非現実的な政策案は、今から思えば戦略の一部であったように思える。つまり、現政権に最も不満を抱えている若者、低賃金層からの支持を集めるためである(スペイン国民の最大の関心事は失業、汚職、経済だ)。ポデモスは政治資金をクラウドファンディングで集め、誰もが参加できる集会を開き、そこで出た意見をマニフェスト(プログラム)に反映させている。そして結党後すぐに行われた2014年5月の欧州議会選挙ではスペイン第4の政党に選ばれた。まずはマニフェストに一般市民からの意見を取り入れることで期待を集め、また国民が汚職に大きな関心があることから、イグレシアス氏は長髪、白いシャツにジーパンという古い政治家(と彼が批判する)とは一線を画した爽やかな印象をつくっている。学者らしい難しい表現や左翼らしい政治的専門用語を使ったりもしない。デイヴィッド・ハーヴェイやサルバドーレ・アジェンデなどマルクス主義思想家の影響を受けていると過去のインタビューの中で答えてはいるが、大衆に対しイデオロギー色を打ち出すことはない。また、現実的に実施する上では財源の問題は出てくるが、新興勢力としては他党を批判しても注目を集めることはできず、「どういう変化をもたらすのか」を明確に打ち出すことが重要だ。ポデモスは「希望を胸に投票したのはいつでしたか?」という選挙スローガンを掲げている。

そして、以前と変わっていないものもあるが、今は下記のようなマニフェストを掲げている。

  • 貧困レベルにある家庭に対し600ユーロ(約7.6万円)を支給
  • 富裕層への増税
  • 再生エネルギーなどを使って低炭素社会の実現
  • 緊縮政策を止め、医療、教育への支出削減を止める
  • 定年退職年齢を(67歳から)65歳に戻す
  • 非正規雇用を減らし、最低賃金を保障。解雇に関する法律も変える
  • 公共投資を増やす
  • 男女平等の実現、幼稚園の無料化、週35時間労働
  • 一部銀行の国有化、金融規制
  • 抵当権の再設定

欧州議会選挙時に物議を醸した全家庭へのベーシックインカム、公的債務支払いに関する市民の監督権は撤回している。経験不足による実行力への不安から一時ほどの支持率はないが、それでも1980年代はじめ以降勢力を保ってきた国民党と社会労働党の二大政党を脅かしている。今後より幅広い支持層を確保するために、中道寄りにシフトしており、ポデモスの指導部は「極左」という呼び方はやめてほしいとよく言っている。ポデモスが支持した市長もバルセロナとカディスに2人誕生している。昨年末の総選挙時には約39万人の党員が存在し、スペインで2番目に多い。

従来とは異なる政治手法

ポデモスはギリシャの急進左派連合と緊縮政策反対という点では共通している(た)が、新しさという意味では大きく異なる。既に述べた通り、政治資金はクラウドファンディングで集め、シルクロス(スペイン語でサークルの意味)という地域単位での集会を開いている。既にシルクロスはスペイン全体で1000個近く存在する。またどこからでも参加できるようオンライン上でもシルクロス同様に討論を行っている。このシルクロスはベネズエラのウゴ・チャベス大統領が行った「ボリバルサークル」を模倣したものかもしれない。もちろん、facebookやyoutubeも積極的に活用し、支持者にアプローチしている。元々人気のあったTVにも出演し、イグレシアス氏はカリスマとして存在感を発揮している。今後は、議席を確保した政党として運営面が大きく問われることになるが、新しい政治手法を発展させられるのか引き続き注目していきたい。


ブログランキング

  • ブログランキング
    人気ブログランキングへブログランキングアップにご協力くださいませ。

2016年1月 6日 (水)

民主主義に基づく政治を求める抗議行動 1月24日、宇都宮で

若者たちが栃木県でも活動を始めたので、「おじさん」も、おじさんの人脈で参加を呼び掛けています。憲法違反の戦争法反対、廃案へ。原発のない社会へ。脱原発こそ、これからの社会の基本的な仕組みだと。「3・11」を経た私たちの進むべき道は、暮らしの足元からもういちど問い直すこと。そこに「懐かしい未来」が待っています。

Photo

  • 12:30 - 14:00
  • 栃木県宇都宮城址公園
    (以下が基本的な主です)
    私達D3は、正当な民主主義の支持者(Defenders of Due Democracy)と言う名の下、安保法制廃止と投票率を上げて行くことを目的とし、民主的な日本の社会を求めます。

    2015年夏、政府の投げかけた安保法案と言う問題から始まった、民主主義を求める大きな波は、年が明けた今、7月の参院選に向かって更に大きな動きを見せるでしょう

    若者の政治離れが問題視される中で、主権は私達国民の手の中にあると言う事をいかに伝えて行くか常に考え、行動に移して行きます。

    2016年1月1日 D3
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30